ファスナーが途中で止まって動かない時の対処法とは

日々の生活最終更新日:2018年1月19日

新しい洋服なのにファスナーが閉まらなかったり、文房具のファスナーが途中で止まってしまったりすると嫌ですよね。

ファスナーが途中で止まってしまった時の対処法を知り、ファスナーがスムーズに閉まるようにしましょう。

布などが挟まっていないかをチェックする

ファスナーが途中で止まってしまった時の対処法は、布などが挟まっていないかをチェックすることです。

ファスナーを締めるときに、ファスナーの近くの布がファスナーに挟まってしまうことがあるものです。

そうすると途中で閉まらなくなってしまいます。

また布以外も糸などが挟まってしまうと途中で止まってしまいます。

挟まっている物がないかをしっかりチェックし、挟まっていたら丁寧にゆっくり抜き取りましょう。

一気に取ってしまうとファスナーや挟まった布が壊れてしまうこともあります。

その後に閉めてみるとちゃんとスムーズにいくはずです。

一度ファスナーを戻し、締め直してみる

ファスナーが途中で止まってしまった時の対処法は、一度ファスナーを戻し、締め直してみることです。

ファスナーが止まってしまったら、その時点で一応ファスナーを戻してみましょう。

途中まで戻しただけで、もう一度ファスナーを上げるとちゃんと締まる場合もあります。

洋服の場合は、一度ファスナーを外し、もう一度最初から締めると上手く締まる場合もあります。

締め直すときには、一気にではなく、ゆっくり丁寧にファスナーをあげると良いでしょう。

締め方を変えるだけでスムーズにファスナーが閉まることがあるので、まずは試してみましょう。

古い洋服などはなかなかスムーズにいかないかもしれませんが、繰り返しやってみましょう。

高滑剤をつける

ファスナーが途中で止まってしまった時の対処法は、高滑剤をつけることです。

ファスナーが閉まらないと使い物にならないものって結構ありますよね。

カバンなどはファスナーが閉まらないと、中身が出てしまいそうで怖いものです。

どうしても閉まらないファスナーには高滑剤をつけましょう。

金具につけることができる高滑剤を購入し、綿棒やティッシュなどを使ってファスナーにつけましょう。

また高滑剤によってはペンの先のような出口から高滑剤が濡れるようになっているものもあります。

財布のファスナーなど小さく、周りに皮など高滑剤をつけたくないものが使われていても、問題なく使えることができます。

高滑剤を家に1本用意していると、ファスナーが止まってしまったり、ファスナーが固かったりするときにも使えて便利ですね。

リップクリームを塗る

ファスナーが途中で止まってしまった時の対処法は、リップクリームを塗ることです。

ファスナーが止まってしまうと、その場ですぐに締まるようにしたい、そう思うこともあるでしょう。

高滑剤などの専門的なものがない場合は、リップクリームを使いましょう。

リップクリームを指につけ、ファスナーに塗り込むようにしましょう。

ベタベタについてしまった場合には、ティッシュや布で拭き取りましょう。

リップクリームをつけた後にファスナーを締めてみると、びっくりするほど締まるものです。

リップクリームは割と外出先でも持っている人もいるので、上手く活用しましょう。

油をつける

ファスナーが途中で止まってしまった時の対処法は、油をつけることです。

固いファスナーや途中で止まってしまうファスナーには油をつけてみましょう。

食用の油を少量ファスナーに付けるようにします。

油は液体で流れてしまいやすいので、綿棒やティッシュなどに油を含ませてつけると良いでしょう。

油であればいいのですが、オリーブオイルやごま油は臭いがあるので、できれば臭いの少ないサラダ油などを使うと良いでしょう。

油なので、子供の使う物に使っても安心でオススメです。

皮製品などに油がついてしまうと、色が変わってしまうこともあるので、ファスナーにつける時には注意しましょう。

ファスナーを付け替える

ファスナーが途中で止まってしまった時の対処法は、ファスナーを付け替えることです。

ファスナーが止まってしまうのに、無理に締めようとしてしまうと壊れてしまうことがあります。

大事にしているものだとこれからも使い続けたいですよね。

その場合はファスナーを思い切って付け替えましょう。

ブランド物の財布やブーツなどは買ったお店に持っていって修理をお願いしましょう。

他の物はそれぞれの修理屋さんに出し、ファスナーの付け替えを相談すると良いでしょう。

プロに付け替えてもらうことで、問題なくファスナーが使えるようになるはずです。

自分で付け替える場合にはなかなか難しいですが、使いやすいファスナーを選んで付けられるようになります。

ファスナーが途中で止まったら布の挟みを見てみよう

ファスナーが途中で止まってしまった時の対処法は、まずは布が挟まっていないかをチェックし、一度ファスナーを締め直してみましょう。

また高滑剤、リップクリーム、油をつけると、ファスナーが止まることもなくなります。

ファスナーがスムーズに締まるようになると、洋服や文房具も快適に使えるようになるはずです。

 

    「ファスナーが途中で止まって動かない時の対処法とは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く