フラッシュモブが嫌いな人の理由とは

最終更新日:2016年10月9日

フラッシュモブとはSNSなどを使い、事前に時間や場所を指定し、ゲリラ的に街中やイベント会場などでパフォーマンスを行うことです。

人気のフラッシュモブはあまり好きではない人もいるのが現実です。

フラッシュモブが嫌いという人の理由を見ていきましょう。


1.大人数で何かすることに抵抗がある

フラッシュモブは、大人数でパフォーマンスをするものなので、参加者同士で上手くコミュニケーションを取ったり、一致団結したりしてひとつの物を達成しなければいけません。

周りに合わせたり、大人数の場に馴染んだりするひつようがあります。

そのため大人数で何かすることに抵抗があり、フラッシュモブが嫌いという人は結構います。

偶然居合わせた場所で、急にフラッシュモブが始まり、参加せざる得ない雰囲気があったり、通行の邪魔になっていたりすると「やっぱり大人数でのサプライズは迷惑だな」と感じてしまいます。

フラッシュモブは周りの人に迷惑をかけないようにやらないと、トラブルの元になってしまうこともありますね。


2.騒がしい集まりが苦手

騒がしい集まりがとにかく苦手、という人もフラッシュモブが嫌いなことが多いです。

公園でのんびりしていたのに、急にフラッシュモブのため、大音量の音楽が流れ始め、リラックスした雰囲気が壊れてしまった場合もあるでしょう。

また結婚式でフラッシュモブが行われる場合、それまで会場に流れていたロマンティックで神聖な雰囲気が、急に壊されてしまうこともあります。

フラッシュモブは、事前に時間やタイミングを決めておかなければならないため、ときには場に合わない騒がしさに周りの人を巻き込んでしまうこともあります。

またどうしても大人数が集まると、騒がしくなりやすくなってしまいます。


3.無意味なことをしたくない

フラッシュモブはとくに意味や主張がなく行われることも結構あります。

デモなどとは違い、サプライズをすることや、みんなで一つのことを成し遂げ感動することが目的なため、やっていること自体には意味がないことが多いのです。

そのため、無意味なことは最初からしたくない、という人もフラッシュモブが嫌いなことが多いのです。

感動するためだけに、街に集まりたくない、面倒くさい、と思っている人もいるのです。

友達にフラッシュモブに参加しよう、と誘う時には、友達に「なんでフラッシュモブなんてする必要があるの?」と聞かれてしまうこともあるでしょう。

人によって感動の種類は違うものなので、自分の価値観は押し付けすぎないように気を付けたいですね。


4.サプライズされることが恥ずかしい

フラッシュモブに参加する人、フラッシュモブを計画する人にとっては、誰かを驚かせたり、その場で感動を作り上げたりすることは素晴らしいことでしょう。

けれどフラッシュモブでサプライズされる側が、フラッシュモブが嫌いなこともあります。

そういう人は大抵、知らない人がフラッシュモブを自分のためにしたり、知らない人が見ていたりする中でサプライズされるのが、恥ずかしいのです。

とくにフラッシュモブを使って、告白されたり、プロポーズされたりすると、恥ずかしくて逃げたくなってしまいます。

サプライズされる人の性格が、あまりシャイではなく、フラッシュモブなど派手なことが大好き、という場合はフラッシュモブでサプライズすると喜ばれるかもしれませんが、それ以外の人にはやらない方がいいかもしれませんね。


5.その場の勢いに乗って判断を間違えたくない

フラッシュモブを使って、最後に「結婚してください」とプロポーズしたり、大事な決断を相手に迫ったりする人は結構います。

フラッシュモブが嫌いな人は、そんな風にサプライズされた時に、その場の勢いで、答えを出し、間違った判断をしてしまうのが嫌です。

フラッシュモブをされたことは嬉しくて、プロポーズに「はい、お願いします」と言ってしまったけれど、よく考えたら「この人と結婚したいかよくわからない」なんてこともあるでしょう。

フラッシュモブをした際に、相手に答えまで無理に要求してしまうと、相手を焦らせたり、困らせたりする結果に陥りかねません。

相手が迷うような決断は迫らない方がいいかもしれませんね。


6.失敗した時の空気に耐えられない

フラッシュモブは入念に計画をしていても、実際にやってみるとまったく上手くいかないこともあります。

例えば、パフォーマンスが複雑すぎて、参加者がついていけなかったり、フラッシュモブを使って好きな人に告白したけれど、結果的にフラれてしまったりした場合です。

フラッシュモブが嫌いな人は、フラッシュモブが失敗した時の空気に耐えられないため、好きになれない、ということもあります。

確かに、せっかく計画をしたのに失敗してしまったら、悲しいし、気まずい空気が流れてしまいますよね。

そんなことなら、最初から何もやらない方が良かった、と後悔するかもしれません。

フラッシュモブをやる際には注意が必要

フラッシュモブが嫌いという人の理由は、大人数で集まることや騒がしくすることに抵抗があります。

またフラッシュモブでサプライズされる側になったときに、恥ずかしく感じたり、その場の雰囲気に流されたりするのも嫌です。

フラッシュモブが嫌いな人は巻き込まないように、フラッシュモブを楽しめたらいいですね。