復縁が難しい彼氏の特徴5つ

最終更新日:2017年3月6日

復縁を迫っても、なかなか「YES」と言ってくれない彼氏もいます。

彼なりの考えやこだわりがあって、もう一度やり直そうと伝えても、納得してくれなかったりします。

そういう彼氏は、いったいどういう特徴を持っているのでしょうか。

それを知ることで、もっと深い恋愛関係を築くことができるのかもしれないのです。

1.「自分は正しくてこれでいい」と思い込んでいる男性

復縁を迫っても難しい彼氏というのは「自分は正しい」と思いこんでいるという特徴があります。

その為、いくらこちらが「もう一度やり直したい」と言っても、この状態が一番であると考えて、自分の考えを変えようとはしないのです。

別れを決めたのは自分であり、その判断は間違っていないそういう風に思っていると、誰かが別の意見を言っても、なかなか受け入れることはできません。

別れた彼女が復縁を申し出ても、自分で決めたことを撤回することができません。

そういう彼氏は、感情よりも理屈が先走っているような状態になっています。

彼女を「好き」という気持ちよりも「こうなったからこうあるべき」という理論が優先されてしまい、本当はまだ彼女に対して未練が残っていても、決して別れを撤回しようとはしないのです。

自分は正しいと思い込んでいる男性は、復縁をしようと思っても難しいタイプの彼氏です。

「これでいいのだ」と本人も考えていますが、実は心の奥底で、彼女と別れを後悔する気持ちを抱えていたりするのでしょう。

2.心のキャパシティーが狭い男性

復縁を迫っても難しい彼氏の特徴、それは心のキャパシティーが狭いということです。

そういうタイプの彼氏は、精神的に余裕がなく、別の考えをすることができません。

付き合っていた彼女と別れるということは、男性にとってもショックなことです。

その彼女との付き合いが長ければ長いほど、二人の仲が破局したダメージも大きかったはずです。

心のキャパシティーが狭いと、精神的な余裕がなくなってしまいます。

彼女と別れたショックにいつまでも心が囚われていて、復縁を申し出られても、とても受け入れる余裕はないのでしょう。

復縁したいと伝えても、うんともすんとも彼氏が言ってこないなら、もしかしたら彼はメンタルが弱く、心のキャパシティーが狭いタイプの男性なのかもしれません。

彼女との別れに復縁話それに心が追い付いてこず、もう一度やり直そうとは思えなくなっているのでしょう。

3.心のどこかで女性のことを軽んじている男性

復縁を迫っても難しい彼氏の特徴に、心のどこかで女性のことを軽んじているということが挙げられます。

その為、女性の意見を聞くことができず、彼女からの復縁話も受け入れることができない状態です。

いつも自分の意見を通してばかりの男性は、心の中で女性のことを軽く見ていることがあります。

もしかしたら付き合っている時から、いつも彼氏の希望ばかり優先されてきてはいませんか。

そういう男性なら、彼女の方から復縁したいと切り出しても、スルーしてしまうことがあります。

今までもそれで自分の意見が通ってきたのだから、仮に今の彼女と別れてしまっても、復縁したいと思ったら、自分の方から切り出すべきという風に考えていたりします。

彼女の言っていることを重要視していない彼氏は、主導権を握りたがります。

別れ話も復縁話も、自分主導でしたいのです。

だから、せっかく彼女が復縁したいと言っても、おいそれと同意できないのでしょう。

4.人よりもプライドが高くて負けず嫌いな男性

復縁を迫っても難しい彼氏の特徴とは何か、相いう男性は負けず嫌いな一面を持っています。

一度別れ話を切り出された相手に、もう一度付き合おうと言われても、プライドが邪魔をしてしまい、復縁話を断ってしまったりします。

負けず嫌いな男性は、彼女から別れ話を切り出されたりするのは、実は屈辱だったりします。

「この俺をふるなんて」と、心の中で憤りを感じていたりします。

悔しいので、彼女からの別れ話は素直に了承しますが、内心は憎々しく思っていたりすることもあります。

そういう時、彼女の方から「やっぱりやり直したい」なんて切り出されたら、一度別れ話を言われたことの恨みを晴らそうとして、わざと彼女からの申し出をスルーしてしまったりします。

プライドが高く負けず嫌いな男性ほど、彼女の方から別れ話を切り出されるのを非常に気にしています。

もう一度復縁の話をされても、一度傷つけられたプライドが邪魔をして、再び付き合おうとは思えないのでしょう。

5.繊細で傷つきやすい男性

復縁を迫っても難しい彼氏の特徴で分かりやすいのは、繊細で傷つきやすいというものです。

デリケートな男性なので、彼女との別れ話にダメージを受けてしまい、もうこれ以上傷付きたくないと思ってしまいます。

付き合っていた彼女と別れるのは、人によっては相当辛いことでもあります。

まだ彼女のことが好きであっても、復縁したらまたあの苦しさに向き合う日がくるかもしれないと、そういう風に考えてしまったりします。

だから「彼女のことは好きだけど、もう付き合うのはいいや」と、思ったりします。

恋愛自体にこりごりしてしまって、復縁したいという彼女からの言葉も、受け入れることができないのでしょう。

繊細で傷つきやすい男性ほど、別れ話のショックは大きくなります。

そういうタイプの彼氏は、いくら彼女がもう一度やり直そうと話しても「NO」と言ってしまうのでしょう。

復縁が難しい彼氏もいる

別れた彼女から復縁を迫られたら、男性によってはすぐにもう一度やり直そうという気持ちになる人もいます。

しかし中には、どうしてもその言葉を受け入れられずに、スルーしてしまう場合もあります。

本当は彼女とやり直したいという気持ちがないわけではありません。

しかし、自分なりのこだわりが強く、心を切り替えることができません。

どの部分に彼氏が引っかかっているのか、それを確認することが、もう一度やり直すための最初のステップとなるでしょう。