服装を注意された時の対処法とは。服装をダメ出しされた理由を知ろう

スカート 仕事/ビジネス 日々の生活最終更新日:2018年4月27日

皆さんは職場の上司に服装を注意されたことはありますか?

今回はそんな時の対処法をご紹介します。

注意されてしまったという方はもちろん、自分は大丈夫かな?と思っている方にもご覧ください。

1.なぜ服装を注意されたのかを考える

そもそも、自分の服装の何が問題で注意されたのかを考えてみましょう。

例えば色やスカート丈に服装規定のある職場であればもう一度規定を見直す、注意された際に何か具体的なことを言われていればそこを見直すなどです。

もしざっくりと服装を改めるようにとだけ言われた場合は、周りの人がどのような服を着ているか観察してみましょう。

観察するポイントは、色、柄、丈、素材、アイテムの種類です。

例えば同じような丈と色のトップスでも、総レースなのかニットなのかではずいぶん印象が違いますよね。

このように、自分と他の人でどんなところが違うのかを一つずつ見つけ、変えていくことが大切です。

必ずしもすべてを周りの人に合わせる必要はありませんから、もし納得がいかなければ直接質問してみるのもよいでしょう。

また、自分ではどこを直したらいいのかわからないときは周囲の人に相談するのも一つの手です。

周囲のアドバイスも取り入れながら、自分らしくアレンジを加えてみてください。

2.雑誌を参考にする

どんな服が良いかは分かっても、実際にそれらを着ていなければ意味がありません。

そんなときは自分の年齢に合ったファッション誌を参考にしてみましょう。

大抵の雑誌にはモデルさんが身につけているアイテムのブランド、店舗、価格などの情報が載っていますから、最寄りの店舗で実際に試着してみましょう。

雑誌に載っているもの以外に似合うものが見つかるかもしれませんし、セールなどでもっとお手頃に買うことができるかもしれません。

もし今までに着たことのないテイストであれば、仲の良い友人や同僚についてきてもらい一緒に選んでもらうのもいいかもしれませんね。

雑誌やネットショップだけで探してしまうと、いざ着たときに全く似合わないということもありますからできるかぎり実店舗での試着をオススメします。

3.自分の服装を注意した人に見せてみる

自分が気に入って着ていた服に文句を言われたのですから、それを言ってきた人に会うのは気が進まないかもしれません。

ですが、いくら自分では改善したつもりでもその人にとっての変化がなければまた同じことの繰り返しになってしまいます。

会いづらさをぐっと我慢して、新しい服装の感想を聞いてみましょう。

もしかしたら褒めてくれるかもしれませんし、逆にもっとこうするようにと指導されるかもしれません。

いずれにせよ素直に言葉を受け止め、行動に移すことが大切です。

何度やってみても合格がもらえないのであれば最後の手段です。

その人に直接服を選んでもらいましょう。

また、どうしても不合格の理由がわからなければ理解できるまで尋ねることも有効です。

その際はただ質問するだけではなく、自分ではこう考えてこう変えたということも一緒に説明すると努力が伝わります。

4.アドバイスを受け入れる心を保つ

最後の対処法は服ではなくあなた自身の中での対応です。

そもそも服装について他人にとやかく言われたくないという人も多いでしょう。

なぜそんなことを言われなくてはならないのかと不快になるかもしれません。

ですが指摘した人は悪気からではなく、あなたが職場で嫌な目に合わないようにという気持ちから言っていることがほとんどです。

例えば場に適さない服装のまま仕事を続けていたら他の人からのイメージが悪くなってしまい仕事にも影響が出るという可能性もあります。

あくまでも職場はプライベートではなく仕事をする場だということを考え、一旦自分の個人的な感情はおいて対処することも大切です。

万が一どう考えても意地悪で言われている場合は然るべき人への相談が必要ですが、そうでなければとりあえず一度やってみようという気持ちを持ってみてください。

もしかすると新しいあなたらしいスタイルを見つけられるかもしれませんし、社内や取引先での印象が上がるかもしれません。

自分に似合わないと思って避けていた服が実は使い方を変えればよく似合う、なんてことも考えられます。

耳に痛い言葉も注意ではなくアドバイスだと受け止め、素直に変化を受け入れる気持ちを忘れないでください。

服装を注意されたら謙虚に受け止める

まだ注意をされていない人も、一度周りの人たちを見渡して自分の服装を見直してみてください。

自分以外に服装が気になる人がいれば、さり気なく声をかけてあげるのも良いでしょう。

様々な人と関わる職場でお互いに良い気持ちで仕事ができるよう、職場づくりの一環として服装を整えてみるのも良いかもしれませんよ。

 

    「服装を注意された時の対処法とは。服装をダメ出しされた理由を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く