不良やヤンキーが高級車に乗りたがる理由とは

最終更新日:2017年5月19日

不良と呼ばれる人の多くはなぜか高級車に乗っていることが多く、近づきにくい雰囲気を醸し出していますよね。

車を見ただけで怖そうな人が乗っていそうなのが分かるので、あまり近づきたくないでしょう。

不良な人が高級車に乗りたがる心理についてご紹介します。

1.人から舐められたくないと思っている

不良な人が高級車に乗りたがる心理としては、お金を持っている人が力があるということを知っているからです。

不良な人は縦社会なので、上の人に逆らうことはできません。

上の人の多くはケンカが強い人がのし上がりますが、上までのし上がっても結局は金持ちの言いなりになって言うことを聞かなければならないこともあります。

世の中お金を持っている人の方が強いことを知っているので、自分は力だけではなくお金も持っていることをアピールしたいのです。

力とお金を持っていれば、他人から舐められることもありません。

後輩からは慕われますし上からも信頼される人物になることができるので、無理をしてでも高級車に乗って自分をアピールしています。

2.他の人とは違ったことをしたい

不良な人が高級車に乗りたがる心理としては、他の人とは違うということをアピールしたいという心理が働いています。

一般の人たちと比べると不良と呼ばれる人たちは、普通とは違った生活や生き方を望んでいることが多いです。

人から見下されることを嫌ったり、筋の通らないことには決して妥協しないなど、自分なりの生き方を持っている人が多いです。

一般の人たちが普通の車に乗っていれば、自分たちはさらに上のランクの高級車に乗って、他の人たちとは違うんだということをアピールしています。

そうすれば人から舐められることもなく、自分の進みたい道を進むことができるので、他人と同じではなく違うアピールをするために高級車に乗ることが多いのです。

3.富と権力をアピールしたい

高級車に乗っている人は富と権力を手にした人が多いので、不良な人も憧れを抱いて乗りたがります。

不良な人たちは自分の力でのし上がりたいという思いが強いので、上下関係の厳しい世界で育っています。

いつか上までのし上がれば自分も富と権力を手にすることができると思っているので、他人に頼らず自分の力でのし上がりたいと思っています。

自分がのし上がる時に高級車に乗ることによって、他人からの目線や評価が違って見えるようになります。

高級車に乗ることは自分がのし上がるための道具に過ぎず、高級車に乗ることによって自分の価値が上がります。

高級車に乗って富と権力があることをアピールして、自分の価値を上げようという心理から、お金がなくても高級車に乗ろうと頑張ります。

4.高級車には近づきにくいのでトラブルを避けられる

不良な人が高級車に乗りたがる心理としては、自分の力をアピールすると共に、無用なトラブルを避けようとする心理が働いています。

もしも不良達がケンカを売りたいと思った時に普通車と高級車が並んでいれば、どちらにケンカを売りやすいかと言えば多くの人が普通車と答えるでしょう。

高級車に乗っている人は富や権力を持っている人が多いので、ケンカを売ったことによって自分が返り返り討ちに遭う可能性が高くなります。

高級車に乗っているだけで中途半端にケンカを売ろうとする人たちを避けることができるので、かなりのトラブルを避けることができるでしょう。

不良な人はケンカを売られたら逃げる訳にはいかないので、毎回相手をしなければなりません。

高級車に乗っていれば無用なトラブルを避けられるので、多少無理をしてでも高級車に乗りたいでしょう。

5.見栄を大切にしている

不良な人は自分の見栄を大事にしているので、車に乗るなら普通の車よりも高級車に乗りたいでしょう。

性格的に負けず嫌いな人が多いので、自分が負けたくないと思う人にはすべてに勝ちたいと思っています。

一般的な人の交通手段は電車やバスが多いかもしれませんが、お金持ちになると車で移動することが多くなります。

不良な人の移動手段は車がメインなので、車で移動すれば自分がどんな車に乗っているかもすぐに仲間に知れ渡ります。

自分が負けたくないと思っている人に例えケンカで勝ったとしても、普段乗り回している車のランクで負ければ、車に乗っていること自体が恥ずかしいと思ってしまいます。

高級車に乗っていれば車で負けることもないので、後は実力勝負をすることができます。

不良な人は見栄を張るので、舐められたくないと思う人ほど高級車に乗りたいと思うようになります。

高級車に乗ることで手っ取り早く自分のことをアピールできる

高級車に乗ることによって威勢がいいだけではなく、富と力があることをアピールすることができます。

不良にとっては口だけではないということをアピールすることが大切で、誰にも負けたくないという気持ちから、無理をしてでも高級車に乗りたいと思うようになります。

不良の人の多くは他人の目を気にするので、高級車に乗っていれば自分のことを手っ取り早くアピールすることができます。