「はいはい」が口癖な人の心理や性格とは

最終更新日:2017年4月1日

相手から話をされた時に「はいはい」と答えた時「返事は1回」と怒られた経験がある人は多いでしょう。

返事の基本は「はい」ですが、つい「はいはい」と言ってしまう人もいますよね。

そこで「はいはい」が口癖な人の心理についてご紹介します。

1.早く話を終わらせたい

話をした時に相手の返事が「はいはい」と言われれば、その話題を早く終わらせたいと思っているのかもしれません。

急いでいる時に短く「はいはい」と言えば、相手に急いでいることをニュアンスで伝えることができます。

これがゆっくり「はいはい」と言えば、相手を怒らせることにも成りかねないので注意が必要です。

短く「はいはい」と言うことによって、時間がないことやこの話題を早く終わらせたいということを相手に伝えることができます。

相手も短く「はいはい」と言えば、何だか急いでいることを感じ取ることができるでしょう。

「はいはい」が口癖の人で短く早く「はいはい」を言う時は、話を早く終わらせたいという心理が働いています。

もしも相手が短く早く「はいはい」と言っていれば、早々に話題を切り上げるようにしましょう。

2.相手にするのがめんどくさい

誰にでも話をしたくない時や話したくない人がいますが、相手にするのがめんどくさい時にはつい「はいはい」と言ってしまいます。

「はいはい」が口癖の人で早くこの場から離れたいという心理が働いた時には「はいはい」と言って立ち去ろうとします。

相手にするのがめんどくさいと思っていますが、多くの場合は怒られたり自分にとって不利な状況の時には、早くこの場を離れたいでしょう。

親に怒られた時に早く立ち去りたいので「わかった?」と聞かれてつい「はいはい」と言ってしまい、さらに怒られたことがある人もいるでしょう。

「はいはい」と言うのは早く切り上げて立ち去りたいという思いが強く、相手にするのがめんどくさいと思っているので、つい「はいはい」と言ってしまいます。

口癖になっている人はダメだと思いつつも、つい「はいはい」と言ってしまうことが多いでしょう。

3.うわの空で話を聞いていない

自分が相手に対して話をしている時に、相手が適当に「はいはい」と言っていれば、ほとんど話を聞いていないでしょう。

話は聞いているのですが内容はまったく理解していないことが多く、うわの空で聞いている可能性が高いです。

「はいはい」と言ってしまうのは話がうわの空で聞いているので、相手の問いかけについ反応してしまいます。

相手が自分に問いかけているのに無言でいたりまったく聞いていない素振りは見せられないので、ほとんど義務的に「はいはい」と言っています。

実際には本人は「はいはい」と言っていることもあまり覚えていないことが多く、うわの空で聞いているので話をするのもムダに終わってしまうでしょう。

悩み事や他に興味があることによって、相手の話に集中できない状況です。

「はいはい」が口癖となって出てしまう心理としては、一応相手に礼儀を尽くそうと思って、返事だけはしようと思っているのです。

4.話に興味がない

相手の話にまったく興味がない時には、自分がどうやってリアクションをすればいいか分かりませんよね。

内容が難しくて理解できなかったり、話自体が好きではないことなのかもしれません。

また今は話をしたくない気分なのかもしれませんが、そんな時に無下に相手の話を断るわけにはいきませんよね。

また普通に話をしていたのに、急にまったく興味のない話になることもあるでしょう。

「はいはい」が口癖の人は興味のない話になると、つい「はいはい」と言ってしまうことがあります。

話に興味がないので聞いてはいるが、頭の中では別のことを考えているのでしょう。

そのため無意識の反射的に相手に話に返事をするため、つい「はいはい」と言ってしまいます。

5.相手を見下している

「はいはい」が口癖に人に対して嫌悪感を抱く人は、相手からバカにされたり見下されていると思うので、怒ってしまうのでしょう。

多くの人は相手にバカにされていると思うので「はいはい」と言われた時に怒ってしまいます。

実際に相手と話をした時に訳の分からないことを話されれば、相手のことを見下してバカにするでしょう。

相手が話をしたことに対してゆっくり「はいはい」と言えば、相手に対して不快感を示すことができます。

そのため言われた方はバカにされたと怒るので、多くの人は「はいはい」と言われた時に怒ってしまいます。

昔から一般的に返事は「はい」の一回だけだと教わっているので「はいはい」は相手に対して不快感を示すことになります。

自分は納得してないけど、とりあえず返事をするため「はいはい」と言うこともあります。

心理としても相手を見下したりバカにする時に「はいはい」と言うので、自分の気持を相手にそのまま伝えたいと思っています。

「はいはい」は悪いイメージしかない

「はいはい」が口癖の人は、多くの人からいいイメージを持つことはないでしょう。

返事は「はい」の一回だけなので、誰でも「はいはい」はバカにされていると受けたられてしまいます。

「はいはい」と口癖で言ってしまう倫理としては、自分の気持からつい言葉に出てしまうことが多いので、できるだけ注意しなければなりません。

口癖で「はいはい」と言ってしまう人は、早急に直すことをオススメします。