『話しかけるなオーラ』を解消する方法とは。女性が無意識に発しているオーラを消そう

自分磨き最終更新日:2014年11月16日

よく「話しかけるなオーラ出てるよね」と言われてしまう女性いらっしゃるのではないでしょうか。

自分としてはそんなつもりはないけれど、周囲にはなぜかそう思われてしまう。

そのような場合にはもしかすると運命の出会いも逃してしまっているかもしれません。

そこで今回は『話しかけるなオーラ』が出ている女性の改善方法についてご紹介します。

1.自分と周囲の認識の差分を埋める

「自分では怒っている顔を普段からしているつもりもないし、いたって普通の表情をしてみんなと同じようにしているわ」と勘違いしている女性がこのタイプには多いのですが、まずその考えを捨てることから始めないといけません。

例えば自分の顔を鏡で覗いてもそれは作った表情になってしまい「本当の素の自分」の表情を自分で見ることって実はとっても難しいんです。

よくなにかの写真を撮っていてそこにひょっこり撮られていることに気づいていないでボーっとしている自分が写り込んでいて「なんて間抜けな顔をしているんだ!」とか「自分てこんな顔してたんだ!」と驚くことってありませんか?

ずばりその顔こそが、周囲の人がいつも見ているあなたの表情なのです。

そしてそれに対する周囲の反応こそがあなたの素顔に対する答えであり、自分が「話しかけるなオーラ」を出していることを理解するきっかけになるはずです。

「無自覚な自分」を「自覚」することがまず初めの大きな一歩となるのです。

2.スマホを手放す

無意識に『話しかけるなオーラ』を出してしまっている女性が間が空いてしまったり自分から話しかけるのが恥ずかしくてできずにいるときに頼ってしまいがちなものが「スマホ」です。

しかしながらこれは絶対にやってはいけません。

とりあえずスマホの世界に入れば現実逃避することもできますし、気まずい空間から脱出することもできます。しかしこの動作こそが「話しかけるなオーラ」をさらに助長させてしまっているのです。

スマホというのはその人の最もプライベートな空間と言っても過言ではなく、そこに入ってしまっては周りの人も入っていくことが困難であり、また話の途中なら「私の話、面白くなかったかな…」などと思わせてしまう可能性もあります。

またスマホをいじるときは大抵下を向く形になってしまい余計に印象が暗くなり話しかけづらさも倍増してしまいます。そのため間が空いたり、どうしていいかわからない時もスマホをいじるのは我慢してください。

3.自分から話しかけてみる

そして最後はやはり「自分から話しかける」ことが大切になってきます。

しかし無意識に『話しかけるなオーラ』を出してしまっている女性は恥ずかしがりやさんだったり、自分から話しかける事を苦手としている人が多いのです。

話しかける話題がなかったり、何か話しかけてもすぐ間が空いてしまったりと話かけるのは案外難しいものです。そんな時は相手のファッションや容姿などからどうにか褒めるポイントを見つけて、不自然にならないようになにか褒めてみてください。人は何か褒められると嬉しくなり、自然と笑顔になり相手にも好印象を抱きやすくなるものです。

さらに相手の中にちょうどいい距離感で踏み込んでいけるのでそこからの会話も弾みやすくなります。とにかく「話しかけるなオーラ」を消すには何よりもあなた自身が話しかけることが一番効果的なのですから、勇気をもって相手の懐に飛び込んでみてください。

以上、3つの方法をご紹介しました。是非「無意識に『話しかけるなオーラ』を出してしまっている残念な女性」から脱出して「愛嬌のあるみんなから可愛がられる世渡り上手な女性」になりましょう。

 

    「『話しかけるなオーラ』を解消する方法とは。女性が無意識に発しているオーラを消そう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/23(水) 23:05

    仕事が忙しくて時間に追われていると、ついこのオーラを出してしまいます。何とか直さなければ、とは思っているのですが、なかなか難しいんですよね。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/27(日) 09:57

    自分では『話かけるなオーラ』を発しているつもりはありませんが、この記事を読んでそう思われている可能性あるな!と思いました。自分から話しかけてみようと思います。

  3. 3. 名無しのイケジョさん2018/06/09(土) 15:51

    「話しかけるなオーラ」放出って、私にすごくあてはまるので、記事にある通り、まずは自分から話しかけてみる事にします。

この記事への感想を書く