ハンサムウーマンの特徴。群れず自分の信念を持っている女性

最終更新日:2016年1月18日

女性なのにカッコイイひとを、人は「ハンサムウーマン」と呼びます。

でも、なんとなくカッコイイ女性だということはわかるけど、具体的にはどんな人?と聞かれると、うまく答えられない人も多いのではないでしょうか。

今日はそんな「ハンサムウーマン」の特徴をご紹介します。

1.自分の信念を持っている

ハンサムウーマンは、自分の確固たる信念を持っています。

彼女たちはその信念のもと、ものごとの善し悪しをしっかりと判断できるので、まわりに流されることはありません。

昨日と今日で意見が変わる、なんてこともないので、周囲の人からの信頼も厚いのです。

とはいえ、自分の軸は持っているけれど「頑固」とは違い、ほかの意見を聞く耳も持っているのも特徴です。

最初は意見がぶつかっても、こちらが理論的に説明をすれば納得してくれる、そんな柔軟さも持ち合わせています。


2.自分の意見をはっきり言える

自分の持つ信念のもと、間違っていると思ったらはっきりと「NO」が言えるのもハンサムウーマンの特徴です。

しかも、上司や仲のよい友だちなど、普通「NO」と言いにくい相手であってもはっきりと伝えることができます。

また、自分の意見を伝える際、彼女たちは感情論ではなく理論性をもって主張します。

よって、言われた相手は最初は反論されてムッとしても、彼女たちの話を聞くうちに納得することができます。

まわりに流されない、おかしいと思ったことは理論的にきちんと主張する。

それが彼女たちのスタイルです。


3.思いやりがある

たとえ自分の意見をはっきり言えても、その言葉に思いやりがなければただの自己主張ばかりの煙たい存在でしかありません。

ハンサムウーマンは、みんなに慕われる頼りがいのある女性。

それは、彼女たちがまわりの人に対して思いやりをもって接しているからこそです。

だから彼女たちは、時として厳しいことを言っても、相手にはその裏にある思いやりが伝わり、嫌われることがありません。

むしろ、自分のためを思って厳しいことも言ってくれると感謝され、より信頼されていくのです。


4.群れをなさない

ハンサムウーマンは、女性にありがちな集団行動をあまりしません。

自分が共感できるものはともに行動し、違うと思ったら別行動します。

必要以上に群れをなすということをしないのです。

そして、やってみたいと思ったことに関しては、たとえひとりでもどんどんチャレンジします。

まわりの目を気にせず、自分の興味や関心に素直に行動するので、彼女たち自身の充実感は増し、そのいきいきとした表情が周囲にはより魅力的にうつるといった好循環をもたらしています。


5.ファッションテイストはクール、でもどこか女らしい

ハンサムウーマンは、間違ってもフリフリのぶりっこスカートは履きません。

スカートだったらタイトスカート、パンツは足のラインがキレイに出るものなど、彼女たちの好みのテイストは基本的にクールです。

また、それでいてどこか女らしさを感じさせるポイントを忘れません。

肌の露出の少ない服装の日は髪をアップにしてうなじを見せたり、モノトーンなコーデだけど上品なネイルが施されているなど、こちらがドキッとするポイントがどこかしらにあります。

彼女たちはハンサムだけど、決して女を捨てているのではありません。

カッコイイ、だけどあくまで「女性」であることを楽しんでいるのです。


6.姿勢や所作が美しい

「ハンサム」と聞くと男っぽいイメージを思い浮かべますが、だからといってハンサムウーマンは決してがに股で歩いたりしません。

常に背筋が伸び、颯爽と歩く美しい姿勢。

ものを渡すときに相手の方にきちんと体を向け、両手で手渡すような優雅な所作。

簡単そうでなかなか身につかない、そういった姿勢や所作のひとつひとつが彼女たちの魅力。

きらびやかな服装やアクセサリーでごまかすのではなく、そういった内面からにじみ出る美しさで勝負するのが彼女たちです。

7.言葉づかいが正しい時として男っぽくみられる彼女たちですが、ハンサムウーマンは決してがさつな言葉づかいはしません。

「~だろ」「~じゃねーよ」なんて男言葉はもちろん、ら抜き言葉や二重敬語など、間違った日本語も使いません。

自分たちの主張を聞き入れてもらうには、相手が不快に感じない正しい言葉づかいが基本中の基本と、彼女たちは心得ています。

だれが聞いても耳ざわりのよい、正しい日本語で発言する。

それが彼女たちです。


8.仕事をバリバリこなす

ハンサムウーマンの代名詞、女優の天海祐希さんがキャリアウーマンの役柄を多く演じているように、ハンサムウーマンはバリバリ仕事をこなしています。

男性と肩を並べ、時には力仕事だってなんのその。

女であることを不必要に武器にせず、あくまで実力勝負を貫くのが彼女たち。

仕事にやりがいや生きがいを感じて打ち込む姿は、見ているこちらにとっても気持ちが良いものですよね。

すぐにだれかに頼るのではなく、自分でできる範囲は自分でやるといった、強い責任感を持って仕事に取り組む姿勢がハンサムウーマンの特徴のひとつです。

ハンサムウーマンのことを知ろう

ハンサムウーマンの特徴をまとめてみると、自分をしっかり持ち、サバサバしているけど女らしさも持ち合わせている、そんな強い女性になるのではないでしょうか。

だれからも好かれるカッコイイ「ハンサムウーマン」。

是非目指してみてはいかがでしょうか。