働きたくない女性の心理。収入や職業、育児環境が希望通りじゃない

最終更新日:2016年1月4日

女性の社会進出が話題になっていますが、まだまだ日本では「専業主婦」を選択する女性も多いようです。

働くことが楽しい人と言うのは一握りですし、つらい思いをするのであれば働きたくないと誰しもが思うでしょう。

そこで今回は働きたくないという女性の心理をご紹介します。

1.希望の職種につけないから

女性アナウンサーやCA、デザイナーなど花形と呼ばれるような職業に就くことができたり、自分の好きなものをやっていける職業に就ける人というのは本当に一握りでしょう。

そのため、なりたい・やりたいと思っていた職業につけないと中々働きたいとは思えなくなってしまいますよね。

日本では専業主婦をしていても海外のように嫌がられることは少ないので、旦那さんに余裕があれば専業主婦で家事を自分のペースですることの方が仕事をするよりもいいと考える女性もいます。

確かに、働かなくてもいい環境であれば好きな仕事以外したくないと感じるのは当然でしょう。

また、事務職で働きたいと思ってもなかなかつけずに、販売や介護などの体力が必要な職種にしかつけなくなってしまった場合、体力的に無理があるので就職するのに億劫になってしまうのかもしれません。


2.経済的に余裕があるから

既婚女性の場合、旦那さんの職業や収入によっては女性が働かなくても十分に食べていける場合があります。

高収入な男性であれば女性が働きに出てしまうよりも、家で待っていてくれることを好む場合がありますし、旦那さんが忙しいと女性に家事をまかせっきりになってしまうので働くことを旦那さん自身が女性に勧めないでしょう。

経済的に余裕があれば、女性が自分につかうお金も十分にありますし、働いて嫌な思いをするよりも自由に暮らしていく方が楽なので仕事が好きではない女性は働きたくないと感じるのかもしれません。


3.待遇が悪いから

最近になってやっと産休や育休の問題が上がってきていますが、ほとんどの中小企業ではそういった待遇を受けるのは難しいと言われています。

確かに、女性や妊婦さんを大事にしなければならないのは当たり前ですが、一人欠けてしまうと周りにしわ寄せが行ったり、休暇を取る人の態度によっては人間関係にひずみが生まれてしまうこともあります。

さらに、小さな子供を抱えながら働いている場合は学校の行事や子供の体調などで会社に迷惑をかけてしまうことも多く、お母さんとしては正社員という立場で周りにペコペコしながら働くのは苦痛だと考える人もいます。

金銭的に余裕があって働かなくても食っていける状況であるのならば気を使ってまで働くよりも、自分の確保できる時間にパートや内職でもいいと考えてしまっているのかもしれません。

そのかわりに、一部の大企業や外資企業、公務員などは女性に対して待遇がいいので産休や育休を繰り返してもよほどの性格の悪い人でない限り嫌な顔をされることはありません。


4.体力的にきついから

女性は男性に比べて体力が少ないですよね。

そのため、年齢を重ねてくると体育会系の仕事はきつくなってきます。

結婚や出産を経て仕事に復帰しようとしても、毎日八時間労働するのはなかなか難しくなります。

確かに、育児や家事をしながら毎日体育会系の仕事をするのは女性にとっては厳しい部分もあります。

そのため、体力が少なくなってくると家事と両立して働くのは難しいと考え働きたくないと考えてしまうのかもしれません。


5.いじめが多いから

女性だけが集まると、必ずと言っていいほど人間関係でもめ事が起ってしまいます。

いじめや悪口など、成績がかかっているような仕事や男性を取り合うような職場などそういった女性の嫌な部分が露呈してしまうのかもしれません。

そのため、職場でそういったいじめなどに経験に合った女性は社会に対してトラウマを覚えてしまい「働きたくない」と思ってしまいます。

確かに職場は仕事をしに行く場所なので自分の成績と会社の成績がすべてです。

仲良しこよしでやっていくわけではありませんが、会社でたまったストレスを仕事の出来ない人などをターゲットにしていじめが起きてしまうのです。

そういった集団生活で起きがちなトラブルは一度被害者になってしまうと強いトラウマになって働くことができなくなってしまうのかもしれません。

特に女性はそういったトラブルが起こりやすいようなので、被害にあった女性は「働きたくない」と思ってしまうことがあります。

働きたくない心理を知ろう

働くというのは食べていくのに必要なことですが、意欲はまた別の問題です。

女性が働きたくないと思う心理は多くあるようですが、働きたいと思えるような職場環境に出会うことが大事ようです。