仕事ができない人の特徴とは。仕事ができない原因や理由を知ろう

仕事/ビジネス最終更新日:2018年2月14日

会社などで働いていると、自分は仕事ができているかと悩むことはないでしょうか。

今回は、仕事ができないと言われる人の特徴をご紹介します。

もし、これらの特徴に当てはまってるかもしれないと思ったら、該当する点を改善していくことをオススメします。

1.自信がない

仕事ができない人は、自分のやることや考えることに対して自信を持てないことが多いです。

失敗することをとても恐れているので、なかなか自信を持つことができません。

そのため、会議ではなかなか発言できなかったり、書類の作るように頼まれてもこれでいいのか悩んでしまい、締め切りが間近になってやっと提出したりします。

業務だけでなく、日々のコミュニケーションにおいても、ネガティブな発言をすることが多いです。

そのため、周りからはもっと前向きに考えることができないのかと苦言を言われることもあります。

本人としても、前に進みたいと思っていますが、失敗することが頭をよぎってしまうため、踏み出すまでにかなりの時間を使ってしまいます。

2.集中力がない

集中力がないという点についても、仕事ができない人の特徴の一つです。

何かに取り組んだとしても、ちょっと時間が経過すると周囲の人と話し始めたり、休憩やトイレと言って席を立ってしまいます。

また、仕事中にメールなどが届いたりすると、そちらの方が気になってしまい、手が止まってしまいます。

しかも、メールの返信に力を入れすぎてしまったり、時間をかけすぎてしまうため、もともとの作業があまり進まずに残業になることもあります。

また、ケアレスミスも多いです。

書類や文書の誤字脱字や、誤変換、数字の間違いなどの小さなミスをよくしてしまいます。

しかし、後でまた同じようなミスをすることも多く、もっと集中してチェックをするように叱られることもあります。

3.段取りが悪い

仕事ができない人は、段取りが悪いという特徴も持っています。

業務が忙しくなり、いろいろな種類の仕事を任されると、仕事ができない人は優先順位を考えずに取り掛かってしまいます。

そのため、今日やるべきことをやらず、明日やるべきことを今日やってしまうなどしてしまいます。

また、仕事に取り掛かる順番も、納期などは意識することなく、自分のやりたいと思った仕事から手を付けようとします。

そのため、本来やるべきはずの仕事が後回しになり、後になって慌てることになるのです打ち合わせなどを行う際にも段どりの悪さが出てしまいます。

打ち合わせの目的や、資料の共有などができておらず、順調に進められなかったりするので、周囲の人からは段取りが悪いと思われてしまいます。

4.コミュニケーションが苦手

コミュニケーションがうまくできないという点も、仕事ができない人の特徴です。

自分の言いたいことがうまく伝えられなかったり、反対に、人の話を理解していなかったりと意思の疎通が得意ではありません。

直接話すことも苦手ですが、電話対応やメールの対応についてはもっと苦手です。

特に電話口で話をした時は、より相手の話を理解できなくなってしまいます。

また、上司に叱られたときなどは、注意されている内容よりも、叱られたことを気にしてしまいます。

そのため、自分の改めるべきところや伸ばしていくべきところが分からず、同じミスを繰り返してしまうため、周りからは成長していないと思われることが多いのです。

5.整理整頓ができない

仕事ができない人は、整理整頓ができていないことが多いです。

職場の机の上は書類や文房具で散らかっていることが多く、本人もどこに何があるのか把握していなかったりします。

また、書類や資料の整理もされていないため、古いバージョンの書類などを提出したり、修正前の資料で作業を進めようとします。

そのため、成果物の質が上がらなかったり、無駄な時間とエネルギーを使ってしまうことが多いのです。

また、机の上だけでなく、自分のスケジュールも整理できていないこともあります。

取引先との打ち合わせや会議の予定などがかぶってしまったり、納期に遅れてしまったりすることもあるため、仕事に支障が出てきてしまいます。

6.健康管理ができない

仕事ができない人の特徴の一つとして、健康管理ができないということがあります。

翌日仕事を控えていても、夜更かしやお酒を飲んでしまったりして、寝坊や二日酔いなどになってしまいます。

また、風邪をひくなど体調を崩すことも多く、大切な日にパフォーマンスを発揮できないということもあります。

普段の健康管理もですが、ストレスに対する対処もうまくありません。

強い責任感を感じていたり、仕事を終わらせるために長時間残業をするなどして、ストレスをため込んでしまいます。

しかも、適度に発散することも苦手なので、ストレスをためすぎて体調を崩してしまいます。

仕事ができない人の特徴を知ろう

仕事ができない人の6つの特徴を紹介しました。

重要なのは仕事に対する基本的な姿勢であったり、進め方に対する考え方だったりします。

特別なスキルが必要になるというわけではありません。

もし、仕事ができないと感じているのであれば、日ごろの習慣や考え方を見直してみると良いのではないでしょうか。

 

    「仕事ができない人の特徴とは。仕事ができない原因や理由を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。