早い時間に寝る習慣をつける方法。夜更かしグセを直そう

最終更新日:2016年4月12日

次の日のためにしてはいけないと思いつつ、ついつい夜更かしをしてしまい不健康な生活になってしまうことありますよね。

そこで、いつも夜更かしの人が、早い時間に寝る習慣をつける方法をご紹介します。

1.早起きをして規則正しい生活をする

早い時間に寝たい方は、まずは早起きをして規則正しい生活をすることを心がけるようにしましょう。

早寝早起きで程よく動き、三食バランスよくきちんと食べる生活をすると夜身体が自然と「早く寝たい」とサインを送りますので、早い時間に寝ることができるようになります。

早起きをするコツは、朝ごはんに大好物を用意しておくと起きてすぐにワクワクできるので二度寝せずにすぐに起きることができるのでオススメです。

また、眠りは90分サイクルと言われており寝てから90分の倍数の時間に起きるとスッキリと起きることができると言われています。

なので、起きる時間から逆算して6時間前か7時間半前に寝るようにするときちんと睡眠時間も取れて、かつスッキリ起きることができます。

規則正しい生活には多くのメリットがあります。

早起きをして朝日を浴びる事で身体が目覚めるので、一日中しっかり動くことができます。

また、ストレスを緩和するホルモンであるセロトニンが多く分泌されるので、ストレスの少ない生活をすることができるようになります。

ストレスが溜まると精神的にも肉体的にもよくありません。

ストレスが溜まっているなと感じている方は早く寝るようにしましょう。


2.早い時間に布団に入るようにする

早く寝たい方は、いつもよりも早い時間に時間に布団に入るようにしましょう。

眠くなくても横になると眠くなるので早い時間に寝ることができるようになります。

この時、早く寝るためのコツは布団を湯たんぽ等で温かくしておくことです。

布団が温かいと身体が程よく温まり、より早く眠くなります。

これは温かくなることで身体がリラックス状態になるので、脳から睡眠に必要なホルモンが出るからです。

特に冬は布団が寒いと逆に目が冴えて逆に起きてしまうことがあるので、できるだけ布団を温かくしておきましょう。

寝る前についスマホを触ってしまうという方は多いですが、スマホの光は睡眠を妨げてしまいます。

できるだけスマホは触らないようにしましょう。

暗い空間で寝ることで身体が早く寝る体制に入り、早く寝ることができます。

リラックス効果のある音楽を聞きながら眠るのもオススメです。

今睡眠用の音楽をダウンロードできるアプリがたくさんありますので、毎日違う音楽を楽しみながらゆったり眠る事ができます。


3.寝る6時間前から食べ物に気をつける

食べ物を気にすることも早く寝るためには欠かせません。

まずは一番気をつけたいのはカフェインです。

カフェインには脳を興奮させる作用がありますので、眠る前に飲むと眠気を妨げてしまいます。

なのでできるだけ寝る6~8時間前には控えるようにしましょう。

カフェインは緑茶やコーヒー、紅茶等に入っています。

また、寝る前にたくさん食べてしまうと胃が活発に動きます。

胃が動くことで身体が寝る体制に入りにくくなってしまうので、なかなか眠くならなくなってしまいます。

寝る前にたくさん食べるのは控えましょう。

最低でも夕食は寝る3時間以上前にするようにすると胃の食べ物が消化されるので、きちんと身体が眠くなります。

寝る前にお腹が空いてしまった時やあまり眠気がない時は、ホットミルクやホットココア、カモミールティがオススメです。

どれも眠くなるために大事な成分が含まれています。

また、温かいものを飲むことで身体がリラックスするので自然と眠くなります。


4.昼寝をしすぎない

休みの日は昼寝が楽しみという方が多いですが、長時間昼寝をしてしまうと夜眠くなくなってしまいます。

そうなると夜寝る時間が短くなってしまい、不規則な生活になってしまいます。

なので、休みの日の昼寝は15~30分と短時間にするようにしましょう。

短時間の昼寝は昼からの活動を活発にさせ、夜も早くきちんと眠くなるようにしてくれるのでオススメです。

休みの日でも普段通りいつもの時間に起きていつもの時間に寝ることを心がけるようにすることで毎日早く寝る事ができます。


5.寝る前に毎日同じことをするようにする

早く寝たいなら、寝る前に同じことをするようにしましょう。

例えば日記をつけてから歯磨きをしてストレッチをするようにする、翌日のお弁当や朝ごはんの下ごしらえをする等「寝る前に私はこれをする」と決めてみましょう。

そうすると寝る前に同じことをしているうちに身体が「そろそろ寝ないといけないんだな」と眠る体制に入るので布団に入るとすぐに眠くなります。

毎日寝る前にしていることが違う方は「寝る前には必ずこれをする」と決めて早く寝るために同じことをするようにしましょう。

早い内に眠る様にしよう

早い時間に寝る習慣をつける方法をご紹介しました。

今、ストレス等でなかなか早く寝ることができないという方が増えています。

ですが、遅く寝る事で身体によりストレスがかかってしまいますし、健康にもよくありません。

なので、できるだけ早く寝ることをオススメします。