屁理屈ばかり言う人の心理5つ

最終更新日:2016年5月8日

屁理屈とは、道理に合わず、筋が通らない理屈のことですが、屁理屈ばかり言って周囲の人を困らせる人が時折いるものです。

屁理屈ばかり言う人の心理や性格には、どのようなものがあるでしょうか。

1.自分は人と違った視点を持っていると思っている

理屈を言うにしても、筋道を立てて話せばよいのですが、普通に筋道を立てて話したら一般論になってしまう場合、わざと奇をてらった言い方をすることで「自分は少し違った視点、ものの見方ができる」という能力をアピールしようとする人がいます。

そういう場合、少しひねくれたものの見方や言い方をするので、本人は「変わった視点」でそれなりに筋を通しているつもりでも、周りから見ると屁理屈ばかり言っているように思われがちです。

「人とは違う」言い方をすることで、没個性にならないようにしているのですが、時にいき過ぎて、心にもない言い方をしてしまったり、屁理屈を指摘されても引けなくなってしまい、周囲と衝突してしまうこともあります。


2.ストレスがあり、周囲に八つ当たりをしている

仕事や家庭など、日常の中で、クレームを受けたり、上司の圧力などに抑圧されている人などが、その鬱積を晴らすために、イライラして八つ当たり的に屁理屈を言うことがあります。

基本的にイライラしているので、些細なことが気になったり、完璧主義があったりすると他人のミスなどに寛容になれず、気になったことについて何かと理由をつけて道理に合わない文句を言いがちです。

パワハラを受けている人がさらに下の立場の荒廃や部下に屁理屈を言ったりするのも、こういったストレスからくる連鎖的な八つ当たりと言えます。

ストレスを抱えやすい人は、自分を正当化するために屁理屈を言いがちです。


3.プライドが高い

プライドが高い人は、基本的に他人との比較の中で、優位に立ちたいということを常に考えています。

はっきりとした成績や数値に表れるようなもので他人に勝てないときに、わざと物事を小難しく言ったり、ひねくれた言い方をして「難しいことを言って優位に立つ」理論家を気取りがちです。

しかし、周囲からすると、無理な理論攻めが屁理屈に聞こえ、道理に合わないことを言う独善的な人と思われていることがあります。

プライドがあることは決して悪いことではないですが、過剰に人生に勝ち負けの意識を持ったり、他人と自分を比較してしまう癖がある人は、なんとかして自分を正当化して優位な立場に立とうとするために、言うことに筋が通らないことが多くなります。

結果的に屁理屈を言ってしまうことになりがちです。


4.物事を理論立てて考えるのが苦手

自分の気持ちや意見などを述べる際に、物事の筋道を考え、論理的に話すことが苦手な人は、自分が話しているうちに矛盾したことを言ってしまったり、考えが整理できていないまま話してしまいます。

結果的には悪気はなくても話の筋が通らないため、屁理屈を言っていると周りは評価してしまいます。

特に難しいことを言おうとしているわけではなくても、あまり弁が立つ方ではないのに人前で難しいことを説明しなければならなくなったり、何か自分が他人に迷惑をかけてしまった際に、激しく弁解を求められてしまうと、言っていることが屁理屈になってしまうことがあります。

もともと悪気がないので、屁理屈を言ってしまった後に激しく後悔することもあります。

屁理屈を言う人には、時に自分がわけのわからないことばかり言ってしまうと、欠点として自覚している人もいます。


5.幼稚である

子供が大人にあまのじゃくのような態度をとったり、わざと自分の心にもないことを言って大人や友達を困らせる心理に似ていますが、性格が幼稚な人は人を困らせて相手の気をひいたりしようとします。

恋愛などにおいても、わざとわけのわからない理屈を通して相手の気持ちを確かめたり、わがままを言って困らせたりする行為などは、屁理屈ばかり言う人にありがちな心理です。

また、会社などでは性格的に幼稚な一面がある人が上司であったりすると、部下にストレスからわけのわからない理屈をつけては怒って八つ当たりをしたり、さらに上の上司に対しては自己保身からおかしな抗弁をしてしまいがちです。

屁理屈ばかり言う人の心理を知ろう

共通する心理としては「相手の気をひいたり、相手の気持ちを推し量りたい」という願望があります。

八つ当たりやわがままの内容が突飛だったり、理不尽な理屈をつけたわがままだったりすると、屁理屈ばかり言っていると思われてしまいます。

屁理屈ばかり言う人の心理や正確には、自己保身や自己正当化、自分を良く見せたい、相手の気を引きたいなど、自己顕示欲が底辺にあることがわかります。

また、話すのが苦手だということを自覚している場合を除くと、言われた相手の立場に立った話し方ができないので、自分が屁理屈ばかり言っていることに対して、無自覚な人が多いのも特徴です。