人をイライラさせてしまう癖まとめ

最終更新日:2017年4月13日

自分では無意識でやっている癖。

無意識でやっているだけに、直すことも難しいかもしれませんが、もし人にイライラさせる癖だとしたら、自分の癖を意識的に改善する必要もあるでしょう。

どんな癖だと人をイライラさせてしまうのか、イライラさせることの多い癖をいくつか挙げてみましょう。

1.舌打ち

舌打ちを癖でしてしまうという人は、周りの人をイライラさせているかもしれません。

失敗した時、思った通りにいかなかった時、思ったことを言えなかった時など、様々なシチュエーションで舌打ちをしていたら、それを聞く機会も周りの人は多いはずです。

中には歯に挟まったものをとるためにする行動が、舌打ちに聞こえる場合もあります。

食事の後、飲み会の最中で「チッ」と音を立てて舌打ちのように聞こえる癖があったのなら、意識的に直した方が良いでしょう。

気分的に、苛立っている時や怒っている時にする舌打ちを聞いて、良く思う人はいません。

逆に何度も舌打ちすることで、周りにイライラさせてしまうことのため、ガムを噛む、飴をなめるなど、対策をとってみると良いでしょう。

2.ため息

意外と多くため息が癖という人が見受けられます。

何かをやり終えた後や考え事をしている時、ガッカリした時など、これもまた様々な場所で出てしまう癖の一つです。

ため息は「安心を感じた」という意味でする人もいますが、多くは「疲労を感じた」「面倒くさい」「辛い」といったネガティブなイメージを連想させます。

その感情は周りにまで伝わってしまい、イライラさせたり、疲れさせてしまう癖でもあります。

何度もため息をつかれることで「何か不満があるのなら言って欲しい」「不満のアピール?」と思われてしまい、ストレートに思いを言ってこないことに対してイライラされることもあります。

大きく息を吸った後には、ゆっくりと鼻から息を出すというイメージを繰り返すことで、改善できるかもしれません。

3.貧乏ゆすり

女性よりも男性に見られることが多いかもしれませんが、貧乏ゆすりも人をイライラさせる癖の一つ。

小刻みに足を揺らすため、それによって一緒に使っているテーブルが揺れたり振動が伝わってきて、集中できないという人も多いでしょう。

見た目的にもあまり良いものではありませんよね。

イライラしているように見えたり、急いでいるように見えたり、焦らせているかのように見えたりと、その人の見えない心情が伝わってきて、自分が追い詰められているように感じる人も少なくありません。

ただ癖となっている場合は、そこに意味がなく「無」でやっていることも多いため、ただ周りを不快にさせているだけの行動です。

自分を落ち着かせるための行動である、あるいはじっとしてられないという理由の場合は、他の方法で対処できないかを考えてみましょう。

4.電話中にうろうろする

電話がかかってくると、スマホを片手に話しながら、その場を行ったり来たりとうろうろする人を見かけることがあるでしょう。

向こうに行って人がいない所で話すのかと思えば、また話しながら戻って来るものです。

何かに集中している時や、狭い空間での出来事であれば、その癖にイライラしてしまう人も多いです。

「じっとして話せばいいのに」と思う人もいれば「どうせ移動するなら他の場所で話せばいいのに」と感じる人は多数いるため、周りに迷惑になるような電話の仕方は変えた方が良いでしょう。

またその時に大きな声で話してしまうこともイライラさせてしまう原因の一つです。

周りが見えてない状況になっているため、もっと視野を広くとるようにしましょう。

5.無駄に音を大きく出す

音もまた、周りにイライラさせてしまう癖です。

例えば、PCでの作業中にEnterキーだけ強く叩く。

ドアを閉める時に勢いをつけて思いっきり閉めるといった日々の動作の中の癖です。

初めのうちは気にならなくても「そこまで音出す必要ある?」と感じる動作に対しては、徐々にイライラする人が多くなっていきます。

これが家庭内のことであったり、職場のことであれば、尚更耳にすることが多くなり、その動作をしているたびに気になってしまうものです。

大きな音を立てることで、その動作の確認作業をしているつもりかもしれませんが、その音にビックリしてしまう人だっています。

もう少し自分が出す動作の音を小さくし、周りに迷惑にならないように注意が必要です。

日常的にしてしまう癖は、それだけ周りの人に見られている、聞かれている可能性が高く、イライラさせていることも多いのです。

人をイライラさせる癖は避けよう

人には様々な癖がありますよね。

その癖を行うことで自分が安心したり、納得できたり。

ただ自分はそれで良くても、周りにイライラさせる癖であったら、他の良い方法を見つけるという改善策も必要です。

一緒にいる機会が多い人、狭い空間で共にすることが多い人が周りにいる人は、こうした癖を見抜かれていて「直してほしい」と思われているかもしれないのです。