含み笑いをしてくる人の心理5つ。否定的な感情かも

最終更新日:2015年10月6日

含み笑いは、微笑みとは違い、笑われた人を不快な気持ちにさせてしまうことが多いのです。

今までに含み笑いをされて「なんで自分は含み笑いをされたのかな」と気になった人も多いはずです。

含み笑いをしてくる人の心理をご紹介します。

1.自分に余裕がある

含み笑いをしてくる人は、自分に余裕があります。

人が話している時に、話の内容から「自分はもっとすごいことをしたことがある」「自分はもっと成功した」など心の中で思い、それが含み笑いとして表情に出てしまっているのです。

また赤の他人に含み笑いをされた場合は「自分の方が美人、センスがいい」など見かけに対して思った時に、含み笑いをします。

あなたと自分の見かけを比べているのです。

自分に余裕があると感じ、含み笑いをしてくる人は、実は自分にたくさんの弱みがあり、人と比べることでしか、自分に自信や余裕を持てないとも言えるでしょう。

そんな人の含み笑いは、相手にせず、忘れてしまうのが一番です。

含み笑いをされても気にしないようにしましょう。


2.人を馬鹿にしている

含み笑いをしてくる人は、他人を馬鹿にしていることも多いです。

他人を真剣に見たり、話を聞いたりせず、頭から馬鹿にしているため、含み笑いが出てしまうのです。

話を聞いた上で、笑ってくる人の笑いはたいてい苦笑いやクスクス笑いで、含み笑いとはまた異なります。

そんな含み笑いをされたら、イラッとしてしまいますが、そこは一つ、あなたが大人になりましょう。

人を馬鹿にして含み笑いをしてくる人は、まだまだ子供です。

「そんな風に笑わないで」など声をかけず、無視しておくのが一番でしょう。

含み笑いをしてきた相手が異性であったらきになってしまうかもしれませんが、そんな含み笑いをする人に真っ当な人はいないはずです。

含み笑いをされたからって、あなたが馬鹿で、非があるわけではないのですから、無視しておきましょう。


3.他人を心の中で否定している

含み笑いをしてくる人の中には、相手を否定したくても言葉にできないため、含み笑いをしてしまう人もいます。

他人を心の中で否定することが精いっぱいの行動です。

もしも、親しい相手に含み笑いをされたら、きっと何かあなたに対して言いたいことがあるのかもしれません。

怒らず冷静に、時には時間を置いてから「何かさっき私に痛そうにしていたけど何?」と聞いてみましょう。

とくにカップル同士で含み笑いが出たら、相手に不満があり、その気持ちを抑えている証拠です。

ケンカになる前に聞いてみましょう。

含み笑いをする人は、もしかしたら自分の気持ちを溜めこみやすい部分もあるのかもしれません。

あなたが優しくなって、気持ちを分かってあげるようにすることも大切かもしれませんね。


4.相手に対して興味がない

含み笑いをされると「自分のことが気になっているから笑うのかな?」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、たいていそれは間違いです。

含み笑いをしてくる人は、相手に対して興味があるわけではありません。

相手に興味があったり、恋愛感情があったりする場合は、声に出さないで笑ってきたとしても、温かみのあるほほえみだったり、すぐに「面白いね」と声をかけてきたりするものです。

含み笑いをするときは、相手に興味がなく、相手を不快な気持ちにさせても自分には関係ないと思っていることが多いのです。

もしかしたら、どちらかというと嫌いな人に入っているのかもしれません。

含み笑いをしてくる相手の気持ちを変に誤解してしまわないように気をつけましょう。


5.自分の気持ちを言葉にするほどではない

含み笑いをしてくる人は、あなたの話を聞いて「本当にくだらない話だな」「つまらない」と思っているのです。

そして話に対する自分の感想を言葉にする価値もない、と思っていることがほとんどです。

そんな心理から含み笑いをしてしまうのです。

もしも自分が話をしている時に含み笑いをされてしまったら、話の内容を見直すのも良いかもしれませんね。

その逆、あなたが含み笑いをしたら、普段含み笑いをする人は、怒り出すかもしれません。

含み笑いをされてしまうような、自分の気持ちを言葉にするほどでもないくだらない話をしてしまっても、聞き手を変えれば反応も変わってきます。

含み笑いをしてくる人とあなたは、きっと合わないのです。

あまり無理して関わり合う必要はないかもしれません。

お互いに距離を置くのも一つの手です。

含み笑いをしてくる人の心理はあまり良くない感情かも

含み笑いをしてくる人の心理は、ほとんどの場合、相手に好感を持った温かい気持ちではありません。

そのため、含み笑いをされてしまったら、無視して相手にしないか、しっかり不満を聞いてみる必要があります。

とくに赤の他人に含み笑いをされたら気にしないのが一番です。

また含み笑いは他の人を不快にしてしまうので、自分も無意識にしていないか、しっかり気をつけなければいけません。