インターンで「特に指定はございません」という時の服装は何が良い?

仕事/ビジネス最終更新日:2018年4月29日

夢や能力に見合った仕事を探すのに有効的なインターンですが、まだ社会人の意識が芽生えにくい学生にとって、職場先での自身の見せ方は就職に大きく響きます。

インターンで「特に指定はございません」という時の服装のポイントを学んで、社会人としての意識を少しずつ身につけていきましょう。

1.指定はないとはいってもインターン暗黙の服装のマナー

就職説明会や企業での面接はスーツを着ていくのがマナーですが、インターンで職場に通うという時には逆にスーツは不適切なケースがあります。

インターンで「特に指定はございません」ということを事前に知らされている時、実際どういった服装をすればいいか困ってしまうでしょう。

スーツというテンプレートがないため、基本的には自由なのが魅力の私服ですが、特に指定はないといわれていてもそれを鵜呑みにするのはいけません。

というのも少なからずそこは体験といえど職場であり、将来お世話になるかもしれない企業や会社の人たちです。

悪い印象や不快感を与えないようにするのがインターンでの私服の指定がない場合の暗黙のマナーでしょう。

2.インターンでは年齢より少し背伸びしたスタイルがちょうどいい

自由な服装といっても指針がないと選びにくいでしょう。

そこで目安となるのは、年齢より少し背伸びしたスタイルがちょうどいいということで、自分の年齢より少し上をターゲットにしたファッション雑誌が参考となります。

例えば大学生であれば20代後半やアラサー世代をイメージした服装がベストで、若者ファッションより落ち着いて見えるところがポイントです。

流行や時代によっていわゆる流行りのファッションは、相手によっては好印象を与えません。

つまり上の世代から見て理解が示されないファッションはだめだということです。

私服の指定はなくても、インターン先でお世話になる相手のことを鑑みて服装をチョイスするのが適切です。

3.インターンのアウター選びでどんな服装も落ち着いて見える

インターンは職種や職場先によってどのくらい通えばいいのかは異なります。

その場合、短期間ではなく比較的長期にわたる場合、服装をせっかく買っても一着や二着では到底着回しすることはできません。

つまりある程度レパートリーがないと、私服選びで困ってしまうことがあるでしょう。

しかしながら洋服にあまりコストをかけたくないというのであれば、アウター選びでワンランクアップしたインターン向けの私服をコーディネートしましょう。

インナーに比べてアウターは服装の印象として占める割合は高めです。

つまりアウターの数を揃えることでインナーやボトムの種類が少なかったとしても、またこの服かと思われない賢い着回しができます。

4.ダサい印象にならないインターン時の服装の色の選び方

落ち着いた私服を選んでもダサく見えてしまうのも、職種によっては不向きです。

なのでそういった印象にならないように服装の色合いについて知っておくことが大事です。

まずインターンに見合う服装の色合いは無彩色、彩度の落ち着いたものがベターです。

明度については高くても品のある色合いであれば差し色として組み合わせることは可能です。

全部ではなく、たまにはアウターに目立つ色合いを使ってみるのもいいでしょう。

インターン先の人たちにとっても相手が若い世代なので、落ち着いている服装を選ぶのは好印象でも、中年っぽい服を選ぶのはイメージアップにつながりません。

つまり落ち着いた雰囲気とそれプラス、若々しさがあるファッションだとさらに私服の魅力が倍増します。

5.派手すぎないインターンのオシャレは靴にある

派手な服装が好みの場合、インターンでの私服は本来の趣味とかけ離れてしまうこともあるでしょう。

しかし派手なものでも、けして身につけていけないわけではありません。

その時に条件はありますが、工夫次第でコラボレーションすることは不可能ではないのです。

まずそれには、ピアスやイヤリング、ネックレスといったアクセサリーは派手なものを選ぶのは避けましょう。

せっかくの大人びた雰囲気がこれではアンバランスになってしまいます。

しかし視線か集しにくい足下であれば少々派手目なデザインや色合いのものでも着ることは可能です。

どうしてもこだわりが捨てられないのならオシャレは足下に残しておきましょう。

6.常にお手本となるファッションを見つける

インターンでは、職種やインターン先の雰囲気に合わせて服装を選ぶのが最も失敗のないやり方です。

そしてインターン先にファッションの見本となる人を見つけると、これは大丈夫なのかそうじゃないのかの線引きが簡単にできるようになるでしょう。

また、同じ学生などであっても参考となるのならそれを意識して、お手本代わりにするのがファッションセンスに自信がない人でも簡単です。

どういったお店で買うかなど傾向を把握できると更に便利です。

「特に指定はございません」という時の服装のポイントは、自分本位ではなくまわりにあわせることが一番大事です。

インターンで「特に指定はございません」という時も服装のポイントはある

インターンで「特に指定はございません」という時の服装のポイントは、指定がないという意味をはき違えないことでしょう。

実際に働いている立場になってどんな服装が相応しいか、どんな人物が求められているか、働いている人の傾向からどういったものが好まれるかを逆計算で考えていきます。

そうすると少しずつ服装の選択肢が絞れてきますので、その中から使い回しでき飽きの来なそうなものを用意しておきます。

 

    「インターンで「特に指定はございません」という時の服装は何が良い?」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く