いたずら好きな人の心理5つ。なぜいたずらばかりするのか

最終更新日:2017年2月12日

人にちょっかいをかける、いたずらをする人はどこに行ってもいます。

多少のいたずらなら気にならないかもしれませんが、度が過ぎると嫌われてしまいますよね。

では、いたずら好きな人は、どうしていたずらをするのでしょうか。

今回は、いたずら好きな人の特徴をご紹介します。

1.相手の反応を楽しんでいる

いたずら好きな人は、相手の反応楽しんでいることがよくあります。

いたずらをすると相手が反応してくれることがほとんどであり、その反応をみるのが非常に楽しみです。

このようなタイプは反応すればするほど面白がるので、リアクションが大きい人はターゲットにならないように気をつけましょう。

いたずら好きな人は相手が嫌がっているなどの感情は一切気にしていないので、だんだんいたずらがエスカレートしていきます。

このようなタイプに対処するのでれば、無視をするのが一番です。

反応するとエスカレートするので、一切反応しないようにしましょう。

無視をしていると自然に向こうから離れていくので、次第にいたずらされることはなくなっていくでしょう。

また、はっきりと相手に不快であることを伝えるのも1つの方法です。

中途半端に受け入れていたり、いたずらを受けていると、当然ながらターゲットにされてしまいます。

このように、人の気持を気にしないタイプのいたずら好きには、無視をする、はっきりと注意するのどちらかが必要でしょう。

2.コンプレックスが強い

いたずら好きの中には、コンプレックスが強い人もいます。

コンプレックスが強く、自分より優れた人にいたずらをしてしまいます。

劣等感が強いともいえるので、相手の足を引っ張ることで、自尊感情を満たしています。

このようなタイプは陰湿なイタズラが多く、邪魔をされることも多くあるでしょう。

特に仕事などの場合は顕著で、イタズラや嫌がらせが多くなります。

自分の劣等感をどうすることもできないので、いたずらをすることで発散しています。

このようなタイプは、ほっとくと周囲の評判が悪くなるので、次第にいたずらが減っていきます。

陰湿ないたずらをしていると周囲の評判が下がり、僻みでいたずらをしていると周りも認識することでしょう。

そうしているうちに立場がなくなっていくので、次第といたずらがなくなってくのです。

3.人の気持ちを考えない

人の気持ちを考えない人は、いたずら好きな人だといえます。

人の気持ちを考えないので、何がいけないことなのかがわかっていないのです。

そのため、自分では問題ないような行動が、相手にとってはイタズラになっていることが多いでしょう。

また、反応してもらえることを喜んでおり、相手が自分に対して興味があると勘違いしています。

本当は嫌がっていたとしても、相手の気持ちを考えないので、全く気になりません。

このようなタイプは自分の気持ちをわかってくれないので、非常に対処が大変なタイプだといえます。

いたずらがすぎて大変になったのであれば、しっかりと注意することが必要でしょう。

4.注意をひきたい

いたずら好きな人は、いたずらをした人の注意を引きたいと思い、いたずらをしていることがあります。

小学生の男子のように、好きな人に意地悪してしまう、などの心理とほとんど変わりません。

人の注意をひく方法は様々ですが、いたずらであれば、普通に話すよりも緊張せずに済みます。

また、周囲に好きだという気持ちもバレないので、いたずらをして気を引きたいと考えているのです。

また、好きだからこそ恥ずかしくて、いたずらしてしまうことも多くあるでしょう。

自分の気持ちに素直になれないので、いたずらをすることで、その気持を表現しています。

このようなタイプはいたずらといっても軽いものが多く、笑って済ませることができるものがほとんどでしょう。

人を不快にさせるようないたずらはあまりしないので、笑って受け流す程度がちょうどよい接し方だといえます。

5.人を見下している

人を見下している人は、いたずら好きな場合が多くあります。

人を見下しているので、いたずらをしたり、人を馬鹿にした行動を多く取ります。

このような人は自分が優位な立場にいる、優秀な人物だと思っているので、人を馬鹿にした行動が多くなります。

いたずらが好きなのは、その心理の表れだといえるでしょう。

いたずら好きのことを知ろう

いたずらを受けて喜ぶ人は非常に少なく、大多数の人はいたずらが嫌いでしょう。

しかし、いたずらをしている側は非常に楽しんでおり、相手のことを考えていないことがほとんどです。

そのため、いたずらが嫌なのであれば、はっきり言うことが必要でしょう。

また、いたずら好きな人にも様々なタイプがいますが、その多くは人に迷惑をかけることで喜んでいる人たちです。

リアクションをしてしまうと相手の思うつぼなので、無視をするように心がけると、自然にいたずらは減っていくことでしょう。