彼氏がいても自分の時間を確保する方法

最終更新日:2016年11月17日

彼氏が出来ると、彼氏を第一に考えて自分の時間を犠牲にする人は少なくありません。

ただこうした状況が続いていると、後に依存に繋がることもあり、出来れば自分の時間も確保したいものです。

彼氏がいる女性が、自分の時間を確保するために、どのような方法を用いることが出来るでしょうか。


1.彼氏と会う日を固定化する

彼氏と毎日会っていたり、デートすることが日課になってしまえば、自分の時間は減ってしまい、交際に疲れを感じてしまう原因になりかねません。

「なかなか自分のことが出来ないな」「最近自分の時間が持てないな」と感じるようになっていれば、それは彼氏への不満に繋がる危険性があります。

不満を持って関係が悪くならないようにするために、まずは自分の時間を確保するということが必要になります。

彼氏と会うことが習慣化している場合は、自分で「会うのは毎週日曜日だけ」と決めてみると良いかもしれません。

会うことが義務化しているのであれば、そのままいくとダラダラした関係になり、彼氏と会うことにも特別感が持てません。

週に一度や二度程度に決めて自分の時間を確保する為にも、彼氏と会う日を特定し、限定的にすることで時間を持つことが出来ます。

仕事が休みの日、彼氏の休みの日など、決まった曜日を特定しておくと、他の曜日を自分の時間にあてることが出来るでしょう。


2.「自分の日」という特別枠を作る

例えば彼氏の方が気持ちが強く、毎日会いたがる場合、それに応えようとしてしまう女性もいるでしょう。

応えてあげようとする気持ちを持っていると、自分の予定を入れることも出来なければ、逆にあえてあけておくという人も多いのではないでしょうか。

このように彼氏に流されてしまい、つい自分の時間の確保を忘れてしまうという人は「自分の日」となる日を予め設けておくと時間を確保しやすいです。

スケジュール帳などに予め「自分の日」と記入しておき、その日は自分の為に時間を使う日にしてみるのです。

彼氏から誘われたりしても「その日は用事があるんだ」と言うことが出来る為、流されずに済む方法でもあります。

週に1度、月に1度程度でも良いので、まずは「自分の日」を設け、徐々に増やしていくと、自分のことだけに専念できる日を確保できるでしょう。


3.彼氏との信頼関係を築く

自分の時間を確保するとなれば、彼氏との絶対的な信頼関係が必要になります。

例えば彼氏の中で彼女に不信感を持っていたり、疑いの目で見られている場合、そこで自分の時間を確保しても「何してるの?」「もしかして浮気?」と頻繁に連絡が来てしまうことが想像できますよね。

自分の時間を強制的に確保したとしても、このように束縛されたり干渉されてしまっては、思う存分自分の時間を満喫することは出来ないでしょう。

自分の時間を確保する為には、彼氏との信頼関係を築く必要があります。

「あの彼女なら大丈夫」「信用しているから不安はない」と思われて、初めて自分の時間を満喫できます。

彼氏に安心する言葉を言ったり、日頃から嘘をつかないなど、日々の言動にも目を向ける必要があるでしょう。


4.普段から彼氏を束縛しないこと

彼氏のことが好きだからという理由から、つい彼氏を束縛している女性は多いものです。

彼氏が何をしているか分からない、連絡をとっていないと不安と感じる女性は、嫉妬や独占欲から彼氏を束縛してしまいます。

ただ、日頃から彼氏を束縛することが当たり前になっていると、いざ自分の時間が欲しいと思っても、同様に束縛されるケースになることも。

付き合いが長くなり、いずれ個々の時間を大切にしたいと思える日がくることを想定し、お互いの時間に口を出さないことを意識しておくべきです。

彼氏が友達と遊ぶと言ったらそっとしておく、彼氏が仕事で忙しいと言ったらあえて連絡しないように配慮する。

こうした行動も、後に自分の時間を作る為に必要な基盤となります。


5.嘘の用事や予定を入れておく

彼氏に「自分の時間が欲しいから会えない」と伝えることは勇気がいること。

素直に伝えることで嫌われるかもしれないし、自分が見下されていると勘違いを与えることもあります。

そのような誤解を与えずに、自分の時間を確保したいのであれば、嘘の用事や予定を入れて予め伝えておくという方法も良いでしょう。

「その日は結婚式があるの」「その日は会社の飲み会なの」と、彼氏とは直接関係のない用事を入れておくことで、彼氏に「仕方ない」と思わせることが出来ます。

ただ嘘の用事を入れる時は、彼氏に心配をかけたり巻き込む内容ではないものにすることが大切。

仮に「母親が入院したから」という理由を言ってしまうと「俺もお見舞いにいきたい」「しばらくはついてあげてた方がいいんじゃない?」と思ってもみない展開になるかもしれないので注意が必要です。

付き合っていても自分の時間を確保しよう

自分の時間を持つことは両者にとってメリットになることもあります。

お互いに知らない時間を作るということはカップルには大切なことであり、長続きさせる秘訣でもあります。

好きだから毎日一緒にいるというだけでは、飽きが来たり問題が起きたりとメリットだけではありません。

また、交際していながらも自分の時間を持つことで、不自由さや窮屈さを感じることが少なくなり、気持ち的にも余裕が持てるようになります。

これらの方法を用いて、彼氏を傷つけないように、自分の時間を確保できるように行動してみましょう。