今の自分を変えたい時にすべきこと

最終更新日:2015年6月29日

今の自分を変えたいと思っても、頭の中で思っているだけでは何も変わりません。

今の自分を実際に変えるためには、自ら動いて行動することが必要です。

しかし、具体的にどのような行動を起こしたら良いのかわからない、という人も多いようです。

そこで、今の自分を変えるためには、実際にどう行動すべきなのかをご紹介します。

1.たくさんの人と接してみる

自分を本気で変えたいと思った時、自分1人の世界の中で凝り固まっていては何も変わりません。

なぜならば、独断だけで物事を考えてしまうようになるからです。

そのため、自分を変えるには、少し世界を広げてみる必要があります。

そこでオススメしたい方法は、「新しい出会いを増やし、積極的にたくさんの人と接してみる」ということです。

人と話すことは、自分以外の様々な価値観に触れるため、非常に勉強になります。

自分1人では考えもしなかった世界に触れることも可能です。

人と接して自分が徐々に変わっていくと、内面が豊かになり、より魅力ある人間になることができます。

自分を変えたいと本気で思ったら、たくさんの人と接し、今まで「正しい」と思い込んできた自分の考えを、柔軟に変えていきましょう。


2.1人旅に出てみる

度は人生を変えてくれます。

訪れたことのない土地に行き、様々な経験をすることで、人間は一回りも二回りも成長するのです。

自分を変えたい時、旅に出ることは非常に良い方法です。

友達と度に行くのも良いですが、できれば1人旅をしてみることをオススメします。

1人旅は、旅の準備や宿・交通の手配など、全て1人で行わなければなりません。

旅先では、全て自分の責任と判断で行動しなければなりません。

これらの経験は人間を大きく成長させてくれるため、人生観そのものががらりと変わっていきます。

余裕があれば、旅先でも色々な人に話しかけ、様々な価値観に触れるように意識してみてください。

一生忘れられない人生の転機になるはずです。


3.今までダラダラ続けてきたことをやめてみる

自分を変えようとする時、「新しいことを片っ端から始めてみる」だけでは不十分です。

新しいことだけでなく、「今までの自分」にも目を向けることが必要です。

そしてここで行うべきことは、「今まで惰性でダラダラ続けてきたことを、思い切ってやめてみる」ということです。

これは、新しいことを始めるよりも難しいチャレンジです。

なぜなら人間は、良いことであれ悪いことであれ、「慣れ親しんだ行為と離れたがらない」という習性を持っているからです。

しかし、ここで勇気を持って断捨離しなければ、いくら新しいことに挑戦しても、すぐに元に戻ってしまいます。

まずは自分の今までの習慣を見直します。

そしてその中から、「何となく続けてきたけれど、自分にとって良い影響があるかどうかわからない習慣」を1つずつ手離していきます。

これを行っていくと、自分の中に新しい風が吹いてきます。

そして、自然と自分が変わっていくのです。


4.外見的にイメージチェンジをしてみる

自分を変えたいと思った時、「形から入ってみる」という方法もオススメです。

外見的なイメージチェンジをして変身してみると、内面までもが変わっていき、新しい自分に生まれ変わり始めます。

特に、髪形やメイクをがらりと変え、全く違った自分に大変身してみると、周りの視線が変わってきます。

そうすると、自分の新たな魅力を他の人に知ってもらうチャンスができるため、自然と周りの人も接し方を変えてくれるようになります。

そのプロセスで訪れた変化が自分を変え、今後の人生を左右するきっかけになるのです。

但しこの方法は、「外見を変えても、私に似合うかな」という不安な気持ちで行ってはいけません。

堂々と自信を持って行いましょう。

そうでないと、おどおどしたオーラをまとうようになってしまうので、マイナスの方向に自分を変えてしまう結果になります。


5.いつもと違うことを、毎日少しずつ試してみる

自分を変えるためには、毎日の自分の行動を少しずつ変えてみることが大切です。

しかしいきなり変えるのはプレッシャーになってしまい、逆効果です。

ですので、地道に少しずつ変えていくという方法を取ってみましょう。

「毎日1つずつでいいから、いつもと違うことをする」と意識しながら生活してみてください。

例えば、いつもと違う道を通って通勤するという方法でも良いでしょう。

「朝食はパン派だったけれど、今日は御飯を食べる」といったことでも良いでしょう。

些細なことで良いので、いつもと違うことをしてみることで、目に入るものや風景が確実に変わってきます。

これこそが、変化のきっかけになります。

この時、些細な変化であっても、見逃さないようにすることが、確実に自分を変えるコツです。

自分を変えるために新しい風を吹きこませよう

自分を変えるためには、「今までの自分」の中に、新しい風を吹き込ませることが必要です。

いつもと同じ毎日が続く限り、「今までの自分」からは脱皮できません。

本当に些細なことで構わないので、「いつもと違うことをしてみよう」と意識しながら生活してみてください。

そしてエネルギーがある時は、大胆な変化にもチャレンジしてみましょう。

これが、大きな変化への追い風になります。