自分勝手な彼氏と別れたい時の対処法3つ

最終更新日:2016年4月12日

付き合う前は優しくて紳士的な男性だったのに付き合ったとたん自分勝手な一面が見えたり、同棲を始めたら家事を手伝ってくれない…などといった自分勝手な彼氏に困ってはいませんか?

亭主関白を勘違いして「女がやって当たり前」なんて時代が古いですよね。

度が過ぎた男の自分勝手は時に別れを予感させます。

そこで自分勝手な彼氏と別れたいと思った時の対処法をご紹介します。

1.都合のいい女にならない

彼が思わず自分勝手をしてしまうのはあなたが「なんでもいうことを聞いてくれるから」という可能性があるようです。

つまりは、我が儘を言ったらあなたが聞いてくれるし、自分が何か悪いことをしてもあなたは彼のことを責めないから「自分には甘く、相手には厳しく」といったような方式が彼の頭の中で成立してどんどんと自分勝手になってしまうのです。

つまりは、彼の自分勝手はあなたに対する「甘え」であると言えます。

そのため対処法としては「都合よくならないこと」です。

小さなことからでもいいのであなたがすべて彼の思い通りにならないということを伝えましょう。

例えば「ティッシュとって」「今手が離せない」などと言った様に本当に小さなことから彼に自分でやらせます。

こうして、彼にとって我が儘を聞いてくれない女になることで彼はあきらめて自分勝手を直すようになっていくでしょう。

それでも彼が怒鳴っていうことを聞かせようとしたり、彼の方から別れを告げて来たりしたならば、彼が我が儘を聞いてくれる都合のいい女じゃないと一緒にいない…つまりは大切にしていないことが明らかですので彼とはお別れをしましょう。


2.彼と同じことをする

目には目を歯には歯をというように、彼の自分勝手が気になったら彼と同じことを自分がして彼に自分の気持ちをわかってもらうという方法があるようです。

自分勝手な人というのは、自覚なく自分勝手をしている場合がほとんどです。

自分のために人が動いてくれることが当たり前になっていたり、自分を中心に世界を回していることに気が付いておらず自分のせいで他人が嫌な思いをしていることに鈍感だったりするのです。

そして、そういう自分勝手な人というのは自分勝手を指摘されると逆上したり意見に反発したりして認めたがりません。

そこで一番有効な方法は自分が被害者になることで相手の気持ちがわかるという方法だそうです。

ただし、注意してほしいのはこの方法は彼の自分勝手の初期段階で使用をしてほしいということです。

彼が浮気をしたから浮気をする・彼が暴力をふるったから殴る…などのように人を巻き込んだり犯罪行為につながるようなことはやめておきましょう。

あくまでも彼が自分勝手だな…このままじゃ別れたくなるかもしれないと思った時に、他人を巻き込まない小さなことを彼と同じようにしてみましょう。

例えば、彼は既読無視をするのに、あなたが既読無視をすると拗ねる→彼が既読無視をしたら拗ねて見せる…のように、彼が無意識てやってしまっていることがいかに自分勝手であるかわかってもらいましょう。

一度そういうことがあれば、彼も恋人を悲しませようとは思っていないので努力してくれるはずです。


3.別れる

自分勝手な彼と別れたいと思った時は、いっそ別れてしまうのがいいかもしれません。

恋人といて不愉快になることはありません、なによりも彼の自分勝手はほおっておけばモラハラや家庭内暴力にうつる可能性があるからです。

例えば、彼の自分勝手がかなり重症になってきていると、あなたを強く束縛したりして自分の所有物のようにしようとしていたり、思い通りにならないと暴力や大きな声で思い通りにしようとしたりするのは危険信号です。

また、ストックホルム症候群のようになって「彼はどうしようもない人だから私がいないと…」と感じてしまい、彼の自分勝手に付き合ったり、彼の自分勝手を自分の力で治そうと一緒にいたりしてしまいがちですが、そういう男性といても幸せになるのは難しいでしょう。

自分が少しでも嫌だと思った時は早めに別れて次の恋に進んで幸せを探したほうがいいでしょう。

世の中には自分勝手な男性もいれば、女性をすごく大切にしてくれる優しい男性もいます。

誰しもが欠点はありますが、女性が別れたいと感じるほどの男性の自分勝手は早々に治るものでもありません。

何よりもそんな自分勝手な男性を育ててしまった母親とも付き合っていかなければいけないのは多くの女性に取って困難な課題でしょう。

そのため別れたいと感じたら無理に頑張ることをしないで「別れる」といった選択をして、自分を幸せにしてあげましょう。

自分買ってな彼氏にはきちんと対応していこう

以上、自分勝手な彼氏と別れたい時の対処法を3つご紹介しました。

彼氏の自分勝手の度合いによっては「別れたい」と感じても矯正して彼に自分勝手を気づかせることもできます。

ただし自分勝手もずっと長い間我慢してしまっていると彼にとって自分勝手が当たり前になってしまうので別れる以外に方法がなくなってしまうのかもしれません。