下痢時のデートを楽しく乗り切る方法。彼氏に下痢だと話そう

最終更新日:2016年2月23日

お腹の調子が悪くて不安だけど、やっぱり大好きな彼に会いたい。

そんな時ってありますよね。

せっかく楽しみにしていたデートなのに下痢を理由に断ってしまうのは彼氏に悪いし自分も残念というもの。

下痢は心配だけど、どうしてもデートしたい時の対処法をご紹介します。

1.彼氏には迷わずカミングアウト

体調が悪いことは隠したくないけど、お腹を壊しているって言いにくいですよね。

言いにくいどころか女性にとっては正直相当恥ずかしいものです。

それでも勇気を出して彼に伝えましょう。

デートするためには絶対に伝えなくてはいけません。

そうしなければ、あなたが妙に元気がないことに気付いた彼はあらぬ心配をしてしまうかもしれません。

鈍感な男性ならあなたの状態に気付かぬまま体力的にきついデートコースをチョイスしてくる可能性もあります。

遠まわしでもかまいません、せめてトイレに困らないようなデート場所にしてくれるように頼んでおいてください。

最善の選択は「お腹を壊しているからトイレに何度も通うことになるかもしれない」とストレートに伝えることですが「それでもあなたとデートしたい」とフォローを入れることを忘れないようにしましょう。


2.万一に備えて自宅から遠くない場所へ

あなたの体調にもよりますが、お腹を壊している時はあまり遠出しない方が無難です。

自宅から遠い場所に出かけてしまうと、万一帰って休みたくなった時に大変です。

長距離を移動することは案外体の負担になりますから、近場デートをオススメします。

自宅から近いだけで心理的に安心できますし、万一の際にあなたを連れ帰る彼にとっても負担が軽くなるでしょう。


3.屋外デートは禁物。トイレがかならず見つかる屋内デートが安心

お腹を壊している時は無理してアウトドアのデートを選択しないようにしましょう。

緊急事態の時にトイレを探しまわらないといけないことになってしまいます。

ぜひとも水族館や美術館、映画館などインドアデートをチョイスしてください。

彼氏さんもトイレ探しに奔走するより確実にトイレがある場所を選ぶはずです。

2人でのんびりできるインドアスポットを見つけて楽しんでください。


4.時間に余裕を持った行動をする

目的地までの移動手段に公共の乗り物を使う場合は、時間に余裕を持って行動できるように計画を立てましょう。

電車に間に合わないからと全力疾走でもしようものなら、腹圧がかかってトイレに直行という可能性もなきにしもあらず。

時間に余裕があればゆっくり歩いて移動できますからお腹を必要以上に気にすることはありません。

もしこの電車を逃しても次に乗ればいい、くらいの気持ちでデートしてください。

車で移動の時は混雑が予想される高速や道路は極力避けるようにしましょう。

トイレに行きたくても脱出不可能になってしまいます。


5.間食するなら暖かい飲み物、食事はあっさりした物をチョイス

デート中に美味しそうな物を見つけたり、ちょっと歩き疲れたから休憩しようとカフェに入ったりすることがあります。

あなたはお腹の調子が悪いので食欲がないかもしれませんが、彼には我慢させずしっかり付き合ってあげましょう。

むしろ「私はあまり食べられないけど、好きなものを注文してね」くらいの心遣いが必要だと思ってください。

それに、小まめに休憩して体力を回復させた方がデートを長く楽しむことができます。

おやつを食べるなら、暖かい飲み物程度にしておきましょう。

下痢をしている時は脱水症状が起きやすいので、少しずつ水分補給をすることが大切です。

一気にゴクゴク飲むと胃腸を刺激してトイレに行きたくなってしまうので、暖かいものをゆっくりチビチビ飲みましょう。

コーヒーや紅茶は利尿作用があるので、緑茶や麦茶がオススメです。

食事をするなら、あっさりした和食がベストです。

完食できそうになければ、彼に頼んで先に少し取ってもらってください。

あなたの食べ残しを渡すようなことは絶対にしてはいけません。


6.いっそのこと家デート

お腹の具合が心配だし、遠出はしたくないし、でも彼とデートはしたい。

そんな時はいっそのこと出かけるのをやめて、あなたの部屋で家デートはいかがでしょう?一緒にスーパーで食材を買って簡単なものを一緒に料理したり、DVDを借りてきてお家シアターを開催したりしても良いでしょう。

何よりトイレの心配をする必要がありません。

元気いっぱいの彼には少し物足りないかもしれませんが、あなたを愛してくれているなら、場所がどこであろうと一緒にいたいと思ってくれるはずです。

彼の優しさに感謝の気持ちを忘れず言葉に出して伝えてください。


7.デートの後のフォローは最重要。感謝の気持ちは言葉で伝えて

下痢気味にもかかわらずデートを楽しむことができたとしたら、それは彼の気遣いのおかげです。

いつトイレに駆け込むかわからないあなたをエスコートしつつ自分もデートを楽しめたとしたら、それは彼氏力の高さを物語っています。

「今日は本当にありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

「お腹が心配だったけど、おかげですごく楽しかった、デートできて良かった」と、素直に喜びを言葉にしてあげてください。

直接気持ちを伝えることはとても大切です。

お腹の調子が悪くても楽しくデートすることは不可能ではありません。

まずは恥ずかしがらずにちゃんと相手に伝えておくことが肝心です。

あなたの状態でも楽しめるデートを2人で考えてみて下さい。

下痢でもデートをしよう

もちろん薬を服用してお腹の調子に備えることも必要ですが、それ以上に相手があなたの状態をわかっていることの方が重要です。

誰でも下痢くらいなります。

楽しいデートをするためには、彼氏には隠し事はいけませんよね。