女性が自己投資すべきこと

最終更新日:2015年8月25日

女性は歳を重ねてもキレイでいたい、いつまでも若々しくいたい、輝き続けたいと思いながら日々努力しています。

努力の仕方などは人それぞれ違うとは思いますが、少なからず自分への投資はしています。

今回は女性がすべき自己投資についてご紹介します。

1.基礎化粧品に気遣う

女性は毎日メイクをします。

メイクをすればクレンジングなどでメイクを落とし、ローション・乳液・美容液などで洗い落とした肌が乾燥してしまわないように保湿します。

これはメイクをしていなくても女性なら毎朝毎晩やっている事です。

しかしその基礎化粧品が例えば1、000円程度のものだとしたら、あまりオススメはできません。

毎日使うから高いものは勿体ないではなく、毎日使うものだからこそ、肌に合わせて良いものを使う事が大事です。


2.美容院

髪を伸ばしっぱなしだから美容院は半年に1度行けばいいという人もいるとは思いますが、美容院もこまめに通う事が大切です。

できれば毎月行った方が良いですが、結構費用もかかるので2ヶ月に1度は行ってほしいところです。

髪は紫外線などを浴びて傷んできます。

どれだけシャンプーにこだわったとしても、切れ毛や枝毛などは治る事はありません。

しかし防ぐ事は可能です。

ですので、定期的に毛先だけでもカットする必要があります。

また年齢を重ねると髪に艶やハリ・コシもなくなっていき、白髪も目立ってきます。

そののままでいればだらしなくも見え、年齢も老けて見えます。髪にも気遣いをしましょう。


3.ネイルなどの爪の手入れ

炊事などをする際にネイルをしているとあまりよくないので主婦の人にはオススメではないのですが、爪のケアはとても大事です。

例えば職場でお茶出しをする際、手や爪が人目に触れます。

意外と男性やそういう訪問客などはお茶出しを受けた際、手元を見ています。

ネイルをしていなくても甘皮や爪の表面などの手入れができていればキレイに見えます。

逆にガサガサとしてササクレなどができたりしていたら、女性として少し恥ずかしい事でもあります。

寝る前に専用の手袋をする、洗い物をする時も炊事手袋をするなど日々ケアする事が大事です。


4.ファッション

長年着続けている服。確かに愛着もありまだ着れると思って着てしまったりしますよね。

ですが、やはりその年の流行りなどもありますので、できれば毎年1着でも良いので、新しいその年の流行りものを取り入れると良いでしょう。

靴1つでも薄汚れたものを履き続けていれば、お洒落は足元からと言われるくらいなので良い事ではありません。

また風水でも汚ない靴は良くないと言われています。

古くなったものは見切りを付ける事も大事なので、愛着があったとしても思いきって処分し、新しいものを購入しましょう。


5.サプリ

今は医療が進歩してきて、サプリで色々補える・サポートできる時代になりました。

昔からしたら、こんな錠剤や顆粒で補えるのか?と驚きですが、サプリをなにか1つ、定期購入し飲み続けるのも美容や健康に良いでしょう。

野菜系やプラセンタやダイエットサポート系でもいいですし、自分が足りないものを購入して身体と肌を気遣いましょう。


6.脱毛サロン

女性としての身だしなみで大事なのはムダ毛の処理。

冬場であっても手抜きは駄目です。

また自己処理だと毛穴もキズつけたりして、毛が埋没してしまい黒いブツブツが目立ってきます。

脱毛サロンで処理を行えば、そんな毛穴もキレイになり、スベスベの肌になります。

通い続けるのも面倒ではありますが、通い続けていれば自己処理回数も減り、楽になります。

ムダ毛のお手入れがいきわたっている女性は素敵です。

こういった細かいところを気にかける自己投資が大切です。


7.勉強

資格など、自分の興味がある事や、趣味について勉強するもの良いでしょう。

今は女性でも男性とかわらない雇用形態になってきているので、なにか得意な事などを勉強することにより、自分の中から引き出せば、転職・就職に役立ち、投資した分も収入にかえる事ができます。

女性でも安定した職場で働きたい、なにか趣味をいかしたい、それを追及すれば叶えることができます。

自己投資をしよう

自己投資をすれば、それだけ自分に何等かのかたちで返ってきます。

それはすぐではないかもそれないけど、何事もすぐ結果や効果が得られるというものは少ないですが、自分のためにする投資です。

自分の中でいつまでも素敵に輝いていたいという気持ちが少しでもあるならば、投資はするべきです。

そして周囲の同じような年代の人と比べてみましょう。

投資している分、違いが見えてくると同時に優越感も得られます。

費用はかかる事ですが、無理のない範囲内でできる投資はいくらでもあります。

投資は女性として自分を気遣う事から始まります。