女子力が高い東京のお土産まとめ。渡すと周囲からの株が上がるかも

最終更新日:2015年5月4日

地方に住んでいると、やっぱり大都会東京には憧れます。

ハイブランドのショップからセンスの良いセレクトショップ、東京限定のショップなど流行の最先端でもある東京のお土産となると期待も膨れ上がります。
そんな期待を裏切らない女子力の高い東京のお土産ラインナップをご紹介します。

1.空也のもなか

銀座6丁目の並木通りにひっそりと佇む創業130年の和菓子店、空也。
こちらで有名なのが「もなか」です。
予約分で売り切れてしまうことも多く、事前に電話で予約をしてから買いに行くのが確実ですが、その電話も繋がりにくい時があるようです。

空也のもなかが人気なのは、銀座という立地に店舗を構えながらも値段がお手頃な上、保存料や添加物などを一切使用せずに当日作ったものを当日中に売り切るという手作り中の手作りスタイルを守っているからだと思います。

勿論、お味もとっても美味しいからこそ長年不動の人気の座をキープしているのだと思います。

幻のと言っては大袈裟ですが、なかなか手に入りにくい銀座の老舗の和菓子をお土産に手渡されると、色々と準備をして購入してくれたのだなと、女性らしいおもてなし感溢れる手土産に感激すること間違いないでしょう。


2.東京ジャンドゥーヤチョコパイ

チョコレートスイーツのジャンドゥーヤで有名なイタリアの老舗チョコレートブランド「カファレル」から、生誕150周年を記念して東京駅グランスタ店のみ限定販売の「東京ジャンドゥーヤチョコパイ」が2015年3月に発売されました。

東京駅限定販売なので、東京に行かない限りなかなか手に入るものではありません。

しかも、イタリアの老舗チョコレートブランドの商品なので女性をはじめお洒落な男性にも喜ばれそうです。

こちらは、口の中ではらりとほどけるパイ生地と濃厚なジャンドゥーヤのチョコレートクリーム、ヘーゼルナッツの風味豊かな味わいが口の中に広がる、軽い食感の病みつきになるスイーツです。
価格も4個入り600円(税別)~なので、ちょっと配るのにもピッタリなサイズとお値段です。


3.ミルフィユ メゾン フランセのミルフィユスペシャリテ

松屋銀座店と、ミルフィユのモンドセレクションを25年連続で受賞しているフランセがコラボレーションしたミルフィユ メゾン フランセのミルフィユスペシャリテ。
取り扱い販売店舗は、東京銀座にある松屋銀座のデパ地下のみ。

フランス産の小麦粉を100%使用した3層からなるフィタージュにショコラクリームをサンドし、表面を香ばしくキャラメリゼしたサクサクの食感が特徴の「ミルフィユ フランス」と、国産小麦粉を100%使用したコクのあるしっとりした2枚のフィタージュに抹茶クリームが特徴的なミルフィユ ジャポンの2種が2個ずつ楽しめます。

2種のミルフィユは、淡いブルーのブック型ボックスに栞に見立てたショップカードと共に入っているので、お洒落な女性の心をくすぐるお土産になる事間違いないと思います。


4.浅草満願堂の芋きん

浅草に本店を構える満願堂は、厳選したさつまいもを使った江戸和菓子「芋きん」を販売する有名なお店です。
東京都内に数軒店舗を構えていますが、東京以外に直営店はなく、時々デパートの催事で実演販売をされています。
しかし催事の開催場所は非常に少なく、なかなかお目に掛かれないお店だそうです。

焼きたての芳ばしさと、さつまいもの濃厚さがぎゅっと詰まった芋きんの消費期限は24時間以内なので、東京から帰ってすぐに会える人たちへのお土産として、出来立てホヤホヤのお土産はとても喜ばれると思います。

6個入り、10個入り、15個入りの箱に入れて貰うことが可能なので、お土産として持ち帰れます。
老若男女問わず渡せるお土産なので、彼氏のご家族へお渡しするのも良いかもしれません。


5.虎ノ門岡埜栄泉の豆大福

大正元年に創業の老舗和菓子店、虎ノ門岡埜栄泉。
岡埜栄泉自体は、東京都内に暖簾分けなどでかなりの数の店舗があるようですが、その中でも虎ノ門岡埜栄泉の豆大福は北海道産の小豆をふんだんに使った餡がたっぷり入っており、赤えんどう豆の塩気と食感が餡や餅の美味しさを更に引き立ています。

保存料・添加物一切不使用の体に優しい上品な豆大福は大変人気が高く、午前中で売れ切れてしまう事が殆どのようです。
事前に予約をする事も可能みたいなので、確実に手に入れる為には予約必須です。

餡がたくさん詰まった重量感たっぷりの豆大福は、お土産として満足感のある一品になると思います。