自宅でできる開運法5つ。手軽に運を向上させよう

最終更新日:2015年10月3日

人間は誰でも幸せになりたいと願っており、自分の元に良い運を引き寄せたいと願っています。

そのための開運方法は色々ありますが、自分が生活の拠点としている「自宅」をパワースポットにすると、有名なパワースポットに足を運ぶよりも、良い運が向いてくるようになると言われています。

そこで、自宅でできる開運方法についてご紹介します。

1.毎朝換気をする

良い運を引き寄せるためにはまず、部屋の中に溜まった「悪い気」「よどんだ気」を外に追い出してしまう必要があります。

そのために大切なことは、毎朝起きたら、必ずズべ手の部屋の換気をするということです。

部屋の中には、人間が吐く息と共に、悪い気や疲れた気・よどんだ気などが充満しています。

人間には「念」があり、吐く息と共にそれを部屋の中に放出しています。

その年の中には、ネガティブな念ももちろんあるので、それを溜め込んだままにしていては、良い運が入ってくるのに邪魔になります。

そのため、朝は必ず全ての部屋の窓を開け、それらのネガティブなものを風と共に外へ出してしまいましょう。

そして家全体の風通しがよくなると、良い運が入ってきやすくなります。

特に寝室は、一晩中部屋が密室状態になったまま、寝ている人間が吐く息や念が充満している空間です。

そのため寝室の換気は特に念入りに行ってください。


2.玄関に物を置き過ぎない

人間が出入りする玄関は、外の世界と家の中の間の出入り口です。

そのため、人間だけでなく、「運」の出入り口でもあります。

運の出入り口である玄関は、風通しを良くし、悪い運が出て行きやすく、良い運が入ってきやすい状態を作っておく必要があります。

ここで行うべき作業は、「玄関に物を置き過ぎないようにする」ということです。

玄関に物がたくさんあり過ぎると、風通しが悪くなり、「運」行き来できなくなってしまうのです。

その状態では、悪い運は出て行かないし、良い運も入ってくることができません。

これでは悪循環です。

そのため玄関にはできるだけ物を置かず、すっきりと清潔にしておくことが大切です。


3.水回りを汚れたままにしない

台所や洗面所・お手洗いなどの水回りをキレイにしておかないと、運が悪くなるというのは非常に有名な話です。

水回りは、下水に直結している場所で、特にお手洗いなどは「不浄の場所」とも言われています。

水回りは、言ってみれば、「汚れ物と直結している場所」なので、そこを意識的にキレイにしておかないと、直結している下水から、汚れたものの「気」が、どんどん家の中に逆流して来てしまうと言われています。

「気」は、同類のものを引き寄せる性質があります。

汚い気は汚い気を引き寄せ、清潔な気は清潔な気を引き寄せます。

そのため汚れた気が集まりやすい水回りは、意識的に清潔にしておき、汚れた気を引き寄せないようにすることが必要です。


4.毎日家の掃除をする

家の掃除は、できるだけ毎日行うようにしましょう。

掃除をするかしないかで、そこの家全体の運の分かれ道になる、と言われているほど、掃除はとても大切なことです。

掃除という行為は、言ってみれば「家全体のお浄め」です。

浄められていない空間には、良い運気が入ってくることはありません。

良い運気は、浄められた「良い空間」に引き寄せられる性質があるのです。

特に、床掃除に関しては念入りに行いましょう。

汚れた気・悪い気は、下の方に溜まっていく性質があるため、それらを一掃しておかないと、家の中にネガティブなものが溜まったままになってしまいます。

時間がない時は、モップで軽く床を拭くだけでも良いので、ぜひキレイにしておきたいものです。


5.鏡の置き場所に気をつける

鏡、特に大きな鏡を部屋に置く時は、置き場所に関して注意が必要です。

鏡は昔から、「魔」の要素も持っていると言われています。

良い運を跳ね返してしまったり、逆に、悪い運を吸い込んで取り入れてしまったりという性質も持っているので、置き場所を間違えると、あまり良いことがなくなってしまいます。

鏡を絶対に置いてはいけない場所はまず、玄関口の真正面です。

そこに鏡を置くと、玄関からせっかく入ってきてくれた良い運を、外に向かって弾き返してしまうと言われています。

寝室に鏡を置くこともオススメできません。

寝ている時、鏡に映った「もう1人の自分」から常に見張られた状態で寝ているため、悪い夢を見やすくなったり、熟睡できなくなったりする原因になります。

これが潜在的に積み重なった結果、体調を崩す人もよくいます。

自宅で運を向上させよう

家でできる開運方法は、開運グッズを買い込んだりして、無理をしながら行うものではありません。

家の中を常にキレイにしておき、風水的にタブーであると言われているいくつかのことに気をつければ良いだけです。

どの方法も、今すぐに始められる手軽なものばかりなので、せひ生活の中に取り入れてみてください。