感情の起伏が激しいのを改善する方法

最終更新日:2016年7月31日

感情の起伏が激しい人と、周りの人も気を使いますし、本人も疲れてしまいます。

ちょっとしたことでカッとなったり泣いたりしていては、心がくたびれてしまうでしょう。

もっと日々を楽しくすごすために、感情の起伏の激しさを改善する方法を4つお伝えします。

1.感情的になりそうな時は深呼吸して10秒数える

感情の起伏の激しさを改善する方法で、すぐにできる、そして効果的な方法があります。

それは「深呼吸して10秒数える」ようにすることです。

いつでも簡単にできる方法なので、感情的になりそうな時は、ぜひやってみましょう。

ついカッとなったり、むっとして何か言いたくなってしまったら、何か言う前に、まず深呼吸をしてみましょう。

深呼吸するということは、心も体もリラックスさせる効果があります。

感情的になっている自分を、落ち着かせることができます。

そして、深呼吸をした後は、さらに10秒心の中で数えてみましょう。

そうやって数を数えて多少なりとも時間をおくことで、攻撃的になっていた気分をクールダウンさせるのです。

感情の起伏の激しさに悩んている人は、思わず感情をぶちまけそうになった時、ぜひこの方法にトライしてみて下さい。

突発的に怒り出したりすることを止めることができるでしょう。

やり方は簡単ですが、意外と効果的で、感情の起伏の激しさを抑えることができます。

感情的になったらまず深呼吸、そして10秒数える。

これをしばらく習慣にしてみるのです。

きっと自分自身を変えることができるでしょう。


2.感情をぶつけられた人の気持ちを考えてみる

感情の起伏の激しさを改善する方法には、色々な方法があるはずです。

その中には「その激しい感情をぶつけられた人の気持ちを考えてみる」というのがあります。

いくら相手が悪い場合でも、むき出しの感情をぶつけられたら、相手は不愉快に感じてしまうでしょう。

感情の起伏の激しさは、時には相手の信頼や好意を打ち砕いてしまうことがあります。

仮に相手が悪くても、ひどい言葉で責められたりしたら、ひどく心が乱れてしまうはずです。

その場では「ごめんね」と大人の対応をしていても、きっと心の中では感情の起伏の激しい人に嫌悪感を持つはずです。

せっかく今まで良い関係を築いてきたのに、感情手に気になりすぎることで、それをぶち壊してしまうことになるでしょう。

感情の起伏の激しさは、自分で思っている以上に他人にダメージを与えます。

大切な恋人や友人を失いたくないなら、相手の気持ちを考えてみるようにします。

それが感情の起伏の激しさを改善する方法となるでしょう。


3.周りの人の目を気にしてみる

感情の起伏の激しさを改善するには、周りの人の目を気にしてみるというのも良い方法です。

感情をあらわにすることで、周りの人にどう思われるか、それを想像してみましょう。

職場などで、感情の起伏の激しさを表してしまうと、周りの人は正直ドン引きしてしまうはずです。

誰もなにも言わなくても「あの人ってああいう人だったんだ」と、冷たい目で見られてしまうことでしょう。

いくら正しいことを主張していても、その感情の激しさが邪魔をしてしまって、周りの人の心には響きません。

「あの人にはついていけない」と、そう思われてしまいます。

普段礼儀正しく丁寧な対応を心がけている人なら、なおさらギャップが大きくなってしまいます。

下手をすると「もしかして、二重人格?」なんて、あらぬ誤解を受けかねません。

今まで職場や周りの人とうまくやろうと思って努力してきたことが、すべて無駄となってしまいます。

感情の起伏の激しさを改善するには、感情的になった時、周りの人の目を気にしてみるようにすることです。

きっとそれがちょうどよいストッパーとなってくれるでしょう。


4.物事をあえてアバウトに考えてみる

感情の起伏の激しさを改善するために、オススメな方法があります。

それは物事をあえてアバウトに考えてみるということです。

感情の起伏が激しい人は、思い込みが強かったりする人です。

「私はこう思っているのに」というこだわりが強く、それと違ってしまうと「違う」と怒りを爆発させてしまったりします。

また、嬉しいことがあると、それがとても素晴らしいことのように感じてしまいます。

その気持ちを伝えたくて、喜び過ぎてしまったりします。

そういう人は、あえて物事をアバウトにとらえることで、感情的になりすぎることを抑えられます。

イライラすることがあっても「まあ、いいいか」とか「別に大したことじゃない」という風に考えてみるのです。

そうすれば、上手に自分の激しい感情をコントロールすることができて、起伏の激しさを改善することができるでしょう。

感情の起伏の激しさを改善していこう

感情の起伏の激しさを改善するには、あまり物事にとらわれすぎないようにすることがポイントです。

その方が、自分自身も楽になることができて、ずっと毎日が楽しくなるでしょう。

感情の起伏の激しさを改善する方法を知ることは、自分自身を知ってコントロールするのをを学ぶことでもあります。

最初はしんどいかもしれませんが、意識して感情的にならないようにすれば、段々と自分を抑えることができるようになるでしょう。

それは社会人として欠かせないマナーでもあり、自分と周囲の人を幸せにするテクニックでもあります。