彼とギクシャクする時の対処法。なんだか気まずい状況を解消しよう

最終更新日:2016年4月12日

恋愛は良いときばかりではなく、時に気まずい空気やギクシャクしたりして、何が原因かはわからないけど少し寂しく感じたり不安になったりしますよね。

長年付き合っていてもそんなこんなは起こり得るものです。

今回はそんな彼となんだかギクシャクしている時の対処法をご紹介します。

1.詮索するのは基本的に避けるべき

彼となんだかギクシャクしている時、彼の方の様子がおかしいからこっちまでギクシャクしてしまうという事もよくありますよね。

そういった時は基本的に色々詮索するのは避けましょう。

ギクシャクし始めの段階であればとりあえずは普段通りに振る舞い、様子を見る事が大事です。

自分はなんかギクシャクすると思っていても彼の方はもしかしたら、そう思っていない場合もあり、そういう時に色々詮索されると誰でもうっとおしく感じたり、余計に変な方向に傾いてしまいます。

不安になったり気になりますが、人は良いときばかりではなく、日々色々な事がある中で生きているので、様子を伺う事で冷静にそういうサインを汲み取れるようにしてみましょう。


2.長い期間であれば然り気無く聞く

ギクシャクしている期間が長く続いている場合、例えば1週間以上続いているなどそういった時はさすがに何等か彼が抱え込んでいると思って良いでしょう。

抱え込んでいるものが自分に対しての事かどうかはわからないので、はなっからケンカ腰などにはならないように、然り気無く「なにかあったの?」など、まずは軽く声をかけてみましょう。

それで話してくるようであれば良いですが、別になにもないといった回答の場合は、最近様子を伺っててなんかあったように感じる旨を伝える事です。

それでも何もないという場合は「じゃぁ、今からは普段通り楽しくしよ」と優しく提案してみましょう。

ここであまりしつこく「だっておかしい」などと言うと揉める原因になりかねませんので、自分が一歩引く姿勢を取りましょう。


3.彼の性格にもよる対処法

人間は1人として同じ性格がいないと言われています。

だからこそ難しい人間関係。

それは恋愛においては職場同様に困難を極めます。

付き合いがまだ浅ければなおのこと、彼の性格など把握できていないでしょう。

であれば、強引に聞き出すといった方法は良くありません。

また長く付き合っていれば多少、彼の性格がわかってきているでしょう。

無口で男気のある人であれば、あまり回りくどい言い方などは良くありませんし、楽天的な性格であればハッキリ聞くというのも1つの方法です。

楽天的な人は、核心に触れるような事を聞かれたりすると逃げる傾向にあります。

そのような性格である場合のみはハッキリと聞き、穏やかで優しい性格であるならば、それに合わせて優しく思いやるように聞くといった、性格に合わせて行動するのも大切です。


4.男性と女性の違いを理解する

そもそも男性と女性は考え方に違いがあり、恋愛における優先順位など色々異なる点が多く、それがぶつかったりする事でケンカなどが起きやすいでしょう。

男性はしつこくされたり束縛されるような事、詮索される事、強要される事などを基本的に嫌います。

逆に女性は自分が彼の中で一番でいたい、自分だけでいてほしい、愛情表現も常に感じていたいなど、求める傾向にあります。

それがギクシャクしている原因の可能性もあります。

ですので、自分は彼に対してなにか思い当たる事はしていないかを考えてみるのも、対処法の1つかもしれません。

長く向き合っていくうちに、強要がエスカレートしていないか?これはよくある事です。

「慣れ」というものが、そうさせてるはずですので、付き合い始めた頃を思い出し、その頃の自分と今との違いを探してみましょう。

見つかったら、即直す事です。


5.包み込むようなおおらかな気持ちで

ギクシャクしていても、お互い一緒にいたいからその場にいる、会うなどしている訳ですので、包み込むようなおおらかな気持ちを持つのも大事です。

男性は意外と子供のような部分を持ち合わせているので、こういう時こそ黙って見守る、どーんと構えている女性にひかれやすいとか。

知りたい気持ちは山々ですが、誰でも言えない悩みなど抱えている場合もありますし、ギクシャクしていても一緒にいれる時間を大切に思う事です。

好きでも1年に1回しか会えないカップルもたくさんいる中で、今一緒にいれるという事を幸せだ貴重だ大事だと思う事で、自分の中で発想の転換をしましょう。

そうすると、自分からのギクシャクというのは薄れていくはずです。

彼とギクシャクする関係を解消しよう

彼とギクシャクするというのは、よくある事ですが気持ち的に不安定になりますよね。

しかし、対処法を間違えればケンカにもなったりしますので、気持ちを落ち着かせて慎重に対処する事が大事です。

また、ギクシャクしていると思えば思うほど、自分の態度がぎこちなくなるので、彼もそれを感じとり、余計にギクシャクする場合もあるので、普段通りにするのがベスト。

そうするには自分が受け入れる側に立つ事であり、余計な詮索をせず意見せず見守る姿勢を取る事も大事な対処法です。