彼氏ができたことを友達に伝える時のポイント5つ

最終更新日:2017年2月4日

自分に彼氏ができた時、話題を共有したり相談したりするために、仲の良い友達に報告する女性が多いでしょう。

ただ、友達に報告する際にはいくつか気を付けたいポイントがあります。

自分に彼氏ができた報告をする際には、これらのポイントを抑えて報告するようにしましょう。

1.最小限で手短に報告する

自分に彼氏ができた際に、ついのろけてしまって話がダラダラと長くなってしまう人がいます。

友達に「分かってもらいたい」「幸せを見せたい」という気持ちは分かりますが、できれば報告の際は手短に最小限の報告に留めておくべきでしょう。

仮にその友達に彼氏がいない場合は、自分に彼氏ができた報告をすることで、嫉妬されたり僻まれてしまう可能性がゼロではありません。

後々遊ぶ約束をしたり、話を出す際に彼氏がいること事実を伝えておくことは大切ですが、自分の思いまで共有してもらおうとすると、反感を買ってしまうことも。

これから先、彼氏との時間が増えて友達との都合が合わなくなってしまう可能性を考えての報告だと思い、手短に用件だけを伝えるようにすると、相手の反感を買うことなく報告できるでしょう。

2.聞かれたことに答えるようにする

友達へ自分に彼氏ができた報告をする際に、彼がどんな人で、どんな出会いをしてと、状況をこと細かく話してしまう人がいます。

相手から聞かれたのではなく、自ら話してしまうことは、のろけ話だと捉えられて、中には呆れてしまう人も少なくありません。

友達が「どんな彼氏なの?」「いつから付き合ってるの?」と聞いて来ない限りは、自分から積極的には話さないようにすると良い印象を与えることができます。

あえて簡潔に報告することで、友達に興味を持ってもらえることもあります。

友達があなたのことを知りたい、もっと共有したいと思ってくれれば、彼氏とのことを細かく聞いてきてくれるはず。

伝えたい、教えたいという気持ちは一度抑えて、友達から興味を持ってもらえて聞かれたら、それに答える形で報告すると悪く思われないでしょう。

3.初めから愚痴らない

報告する際に、友達から嫉妬されることを恐れて「あんまりかっこいい彼氏ではないんだけどね」とか「まだ本当に好きになれていないかもしれないんだけどね」と、少し愚痴っぽく報告する人もいます。

あえて友達に悪く思われないようにという配慮からでしょうが、その愚痴によって心配してしまう友達もいます。

「そんな彼氏で大丈夫なの?」「好きじゃないのに付き合っていいの?」と、友達だからこそその愚痴っぽい報告を心配してしまいます。

初めからそんな心配をされてしまっては、祝福どころか「やめておいた方がいいんじゃない?」と交際を反対されてしまうこともあります。

友達に対しての遠慮からこのような愚痴っぽい報告になってしまっては、本心を友達に分かってもらえません。

愚痴っぽい報告は控えて、今の素直な気持ちのまま伝えると、友達も自分のことのように喜んでくれるかもしれません。

4.過剰な報告はしない

例えば「結婚するつもりでいるんだ」とか「この人以上の彼氏は出会えない」といった過剰な報告は、後々自分を追いつめてしまうことがあります。

付き合い初めの頃は、誰でも感情が豊かになり、相手に対する気持ちも過剰に捉えていることが多く、そのノリで大きなことを言ってしまうと、後々後悔します。

まだ付き合い初めのうちは、自分自身も興奮状態にあるため、つい大きなことを言ってしまいがちですが、ケンカやすれ違いが始まったころに、この時の発言から友達に相談づらくなることも。

「結婚するって言ってたのに」と、友達から呆れられてしまい、仮に次の恋をした時に同じ発言をすると「また始まった」と相手にしてもらえないこともあります。

彼氏とこれからどうなりたい、今彼氏に対してどのくらいの気持ちがあるという報告は、過剰にならないように意識しましょう。

5.報告の為だけに時間を取らない

彼氏ができて喜んでいるからといって「話したいことがある」と、わざわざ報告の為だけの時間を設けないようにしたいところ。

お互いに社会人となれば、時間には限りがあり「何か重要なことなのかな」と心配した友達は、彼氏ができたことを報告受けて「それだけ?」と驚いてしまうことも。

報告する際には、何かの会う時のついでだったり、電話で話しているついでに報告すると良いです。

わざわざ時間を割いてもらったり、いかにも重大事件が発生したかのように報告してしまうと、大袈裟だと引かれてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

彼氏ができたことをスマートに伝えよう

自分に新たな彼氏ができるたびに、親しい友達には報告しようとする女性が多いでしょう。

ただその報告の仕方によっては、嫉妬されてしまったり反感を買ったりと、良かれと思ってした報告が嫌味な言動に繋がってしまうこともあります。

友達に不快な思いをさせない程度に、自分に彼氏ができた事実を伝えて、今後友達とも彼氏とも良い関係が続くように気を付けたいものですね。