彼氏と話が合わない時の対処法3つ。彼に関心を持って盛り上がろう

恋愛最終更新日:2014年10月27日

彼氏との会話で話が合わなかったりすると残念ですよね。
お互いが無言になったり、話が続かなかったりしてしまう状況は良くありません。

彼氏とのせっかくのデートや貴重な会話を大事にしたいとことです。

そんな時になったために、話が合うようにする方法をご紹介します。

1.彼氏の好きなものを自分も好きになる、興味を持つ

まず、その彼氏の好きなこと、よく話すこと、彼氏の事に興味を持つことです。

彼氏の事はもちろん興味を持っていると思いますが、彼が興味を持っていることにも関心を持ちましょう。

よく話すなと思ったことや彼氏が好きな歌手であったりスポーツであったり趣味などがあると思いますが、それを少しでも興味を持ってみると良いでしょう。

興味を持ったら少しで良いので調べると話の内容に着いて行けたり、会話の量や広い範囲で話が合ってきます。

自然と彼氏の事に興味を持っていたら、彼氏も彼女の好きなことや興味のあることなどに興味をもっていきます。

お互いがそれぞれの事に興味を持つことによって、話も合わないこと無言になることが減ってくるでしょう。

話が合わないと感じることが減ればデートや普段の会話がより楽しくなります。

2.彼氏の話の内容から小さなことでも自分との共通点を探す

彼氏の話している内容が自分には合わないと思わず、ほんの小さな自分と話が合う共通点を探してみてください。

例えば、音楽好きの彼の場合「◯◯の番組に出てた◯◯のアーティスト何とかのドームで歌ってて迫力あったよ」と合わなそうな話題でも「そこのドームすごい迫力あるんだよね、違うアーティストだけど歌ってて迫力あったよ、ライブとかをそこのドームで見たいよね」や「その番組知ってる、すごいあのMCが面白いよね」などほんと小さな知ってる共通点を見つけて話すことで話が合ってくると思います。

ジャンルが違くても「◯◯大会 サッカー 銅メダルだった、残念」の場合、「そうだったんだ、バレーは金だったよ、何とかは感動だったよね、日本たくさんメダルとったよね」など見つけられるところがでてきます。

そうすればどんどん話が広がっていきます。

3.合わない話はとことん聞いてあげて、そのあと話題を変える

次は誰もがそうだと思いますが好きなこと、興味あること、話したいことなど話せることはたくさん話したい時や聞いてほしい事などずっと話せることがあります。

そんな時、合う話であれば意見や自分の考えなど言えることがあると思いますが、そうでなかった場合とことんその話を聞いてうなずいてあげると良いでしょう。

「そうなんだぁ、それで、うん、良いじゃん、それ良くないね」など相槌することで話聞いてくれてる彼氏もすっきりできますし嬉しい時もあります。

誰もが自分の話にちゃんと聞いてくれるのはとても嬉しい事です。

恋人出ない友達でも同じだと思います。話が区切りついたところで「そういえば、何とかはどうなった、これ面白かったよね、お腹空いたね何食べる」など話題を変えてみましょう。

話が合わない改善とはなりませんが、デートや会話などが上手く続きますし、自分が話を聞いてもらうと、相手の話もよく聞いてくれますのでとても良いでしょう。

 

    「彼氏と話が合わない時の対処法3つ。彼に関心を持って盛り上がろう」への感想コメント一覧

  1. 1. まりこ2018/05/24(木) 20:50

    聞き上手な女の子はたしかにモテますよね。私はついつい、沈黙にならないよう自分が話し続けてしまうほうなので、これからは彼や相手の人の話を引き出すように気をつけて努力をしてみたいと思いました。

この記事への感想を書く