彼氏と話が合わない時の対処法とは?彼に関心を持って盛り上がろう

恋愛最終更新日:2019年7月10日

彼氏との会話で話が合わなかったりすると残念ですよね。

お互いが無言になったり、話が続かなかったりしてしまう状況は良くありません。

彼氏とのせっかくのデートや貴重な会話を大事にしたいとことです。

そんな時になったために、話が合うようにする方法をご紹介します。

彼氏の好きなものを自分も好きになる、興味を持つ

まず、その彼氏の好きなことやよく話すこと、彼氏の事にあなたが興味を持ちましょう。

彼氏の事はもちろん興味を持っていると思いますが、彼が興味を持っていることにも関心を持ちましょう。

よく話すなと思ったことや彼氏が好きな歌手であったり、スポーツであったり趣味などに少しでも興味を持ってみましょう。

興味を持ったら少しで良いので調べると、話の内容について行けたり、会話の量や広い範囲で話が合ってきます。

また、彼氏的にも「お、分かってるじゃん」と、自身の好きなものに興味を示すあなたの姿に嬉しさすら感じてくれるでしょう。

自然と彼氏の事に興味を持っていたら、彼氏も彼女の好きなことや興味のあることなどに興味を持ってくれるようになります。

お互いがそれぞれの事に興味を持つことによって、話も合わないことや無言になることが減ってくるでしょう。

話が合わないと感じることが減れば、デートや普段の会話がより楽しくなります。

彼氏の話の内容から、小さなことでも自分との共通点を探す

彼氏の話をしている内容が自分には合わないと初めから思い込まず、そこからほんの小さな自分と話が合う共通点を探してみてください。

例えば、音楽好きの彼の場合「◯◯の番組に出てた◯◯のアーティスト何とかのドームで歌ってて迫力あったよ」と合わなそうな話題でも「そこのドームすごい迫力あるんだよね、違うアーティストだけど歌ってて迫力あったよ、ライブとかをそこのドームで見たいよね」や「その番組知ってる、すごいあのMCが面白いよね」などほんと小さな知ってる共通点を見つけて会話をすることで話が合ってくるようになります。

ジャンルが違くても「◯◯大会サッカー銅メダルだった、残念」の場合「そうだったんだ、バレーは金だったよ、何とかは感動だったよね、日本たくさんメダルとったよね」など見つけられるところがでてきます。

そうすればどんどん話が広がっていきます。

全く同じジャンルの話が無理だとしても、同じ系統の似たような話題で返すことで会話が成り立つこともあります。

聞き流すだけではなく会話のキャッチボールができるように意識してみましょう。

合わない話はとことん聞いてあげて、そのあと話題を変える

次は誰もがそうだと思いますが、好きなこと、興味あることなど、その人のタイミングで猛烈に語りたくなったり、聞いてほしい時がありますよね。

そんな時、合う話であれば意見や自分の考えなど言えることがあります。

しかしそうでなかった場合、とことんその話を聞いてうなずいてあげるようにしましょう。

「そうなんだぁ、それで、うん、良いじゃん、それ良くないね」など相槌することで話聞いてくれてる彼氏もスッキリできますし、嬉しい時もあります。

誰もが自分の話にちゃんと耳を傾け聞いてくれるのはとても嬉しい事です。

話に区切りついたところで「そういえば、何とかはどうなった、これ面白かったよね、お腹空いたね何食べる」など話題を変えてみましょう。

話が合わない改善とはなりませんが、デートや会話などが上手く続きますし、自分が話を聞いてもらうと、相手の話もよく聞いてくれますのでとても良いでしょう。

新しい共通する話題をこれから作り出す

彼と付き合い初めて間もない関係だったり、出会ってからそこまでの時間が経っていない場合、新たに共通する好きなものを作り出すこともオススメです。

お互いの趣味や興味あることが別々だとしても、何かしらでの共通点や好きなことが同じ場合があり、まだ今の段階では探れていないだけかもしれません。

彼の行動や発言から「もしかしたらこういうの好きかも?」と探ってみたり「こういうの興味ない?」と新たに提案してみましょう。

新しい共通する話題をこれから作り出し、一緒にいる時にはその話題で会話できるよう工夫してみましょう。

例えば料理、家族の話、友達関係、仕事の話、ペット、美容など、様々なジャンルから探ってみましょう。

意外と身近に共通する話題があったり「こんなのが好きだったの?」と知らなかった彼の一面を知ることができるかもしれません。

新しく興味が持てる話を作り、お互いに思いをぶつけあえるようにしてみましょう。

同じ話ばかりで合わない場合は、その思いを伝えることも必要

彼氏が楽しそうに話していると、ついつい興味のないことでも聞いてあげるという女性も少なくないでしょう。

ただ頭の中では「またその話か」「話合わないんだよな」「この話終わらないかな」と不満に思いながら聞いているのであれば、いっそのことその思いや不満を伝えることも必要になるかもしれません。

初めのうちは良かったとしても、彼の中で「彼女も興味を持ってくれてる」と思っていることで、毎回その話をされてしまっては、彼といる時間すらも退屈に感じてしまうようになりますよね。

そうなることで、会うこと自体が億劫になってくることもあります。

同じ話ばかりで合わない、相手の話に興味がない場合は「ごめん、その話についていけないんだよね」「実は理解できていないんだよね」と、彼に伝えてみると良いでしょう。

あなたが自分の話に興味を持てていないんだと分かれば、違う話をしてくれることもあります。

無理に聞いてあげるだけでなく、彼に思いを伝えるという方法も試してみると良いでしょう。

無言でも過ごせる関係を作る

一緒に居て話が合わないというのはカップルにとって致命的にも感じますが、会話をしないからといってお互いが「つまらない」と感じる訳でもありません。

確かに話が合うことで楽しめたり笑顔が増えたりということはありますが、無言でも過ごせる関係であれば、それが苦ではなくなることもあります。

一緒にいる時間でも、お互いに好きなことしましょう。

例えば彼氏がゲームをしている中、あなたは読書をしたりと、それぞれの時間を大事にすることで、話が合わない彼とでも上手くやっていけます。

コミュニケーションの一つとして会話をすることは大事ですし、お互いを知る為にも必要なことです。

ですが、無理に相手の好きなことに合わせたり、興味を持つことに限界を感じたら、次のステージに進んでみるのも良いでしょう。

無言でも過ごせる楽な関係を作っていくことで、話が合わないことがさほど気にならなくなるでしょう。

こうした関係に至れるのは、お互いに信頼があったり、相手のことをよく知ってからのものです。

初めのうちは話を合わせて関係性を築き、長い時間が経ってきたら、それぞれの時間を尊重し合う関係性を作っていきましょう。

7.彼氏の趣味や好きなものに対して興味を持つ努力をする

彼氏と話が合わない原因の一つに「彼氏との共通の趣味が一つもない」ということが考えられます。

付き合うようになったきっかけが、共通の趣味であったというようなカップルは、交際当初から話が弾むのですよね。

しかしそうではなくて趣味も知らないような会社の同僚と付き合うことになったな場合には、プライベートでは共通の話題がないために仕事以外のことは何を話していいのか分からないということも少なくないのです。

そのようなケースでオススメなのが、彼氏の趣味や好きなものに対して興味を持つ努力をするという対処法です。

彼氏の趣味や好きなものについて彼氏から直接色々と教えてもらい、意識的に興味や関心を持ってみましょう。

彼氏に自分とは全く異なる趣味がある場合でも、積極的に興味や関心を持ってみることが大切です。

まずはその趣味や好きなことにあなたが関心を持つことからスタートしてみるのです。

自分が知らない分野やジャンルの趣味について調べたり、思い切ってその趣味を体験してみたりすると、意外とあなた自身も熱中してしまうかもしれませんよ。

お互いに熱中できる趣味が見つかれば、カップルの会話も自然と会話も弾みます。

8.お互いによく聞く音楽を共有して、一緒にコンサートやライブに行く

音楽は大抵の人が何かしら好きなジャンルやアーティストがいるものですが、付き合うようになった相手と全く同じ系統の音楽が好きであるという可能性は高くありません。

しかし音楽の趣味を共有するということは、カップルにとってとても大切です。

なぜなら音楽の趣味が一緒だと自然と相手との価値観や考え方が合ってくるようになるということが少なくないからです。

彼氏と自分自身との価値観を近いものにするためにも、まずは彼氏がどのような音楽が好きなのかを聞き出してみましょう。

そして、その音楽を聞いてみましょう。

まずはなるべく先入観を持たずに聞いてみることです。

あなたが最初はその音楽に興味がなかったとしても、日常的に聴くようにしたり、彼氏と一緒にコンサートやライブ行ったりすることで耳が慣れてくることもあります。

そうしているうちに、その音楽の魅力をあなたも発見できるかもしれません。

そうなれば、きっと彼氏との会話が盛り上がるはずですよ。

映画やドラマを一緒に見る

彼氏と共通の話題を作るのに最も近道となるのが、映画やドラマを一緒に見るということです。

映画の場合ですと、2時間後には少なくとも一定量の共通の話題ができることになります。

映画を観終わったあとは、どのような感想を持ったのかをお互いに話し合ってみましょう。

気軽な気持ちで、楽しく話してみるのがポイントです。

お互いに同調できるような感想を持っているという場合には、きっとふたりの会話は盛り上がりますし、普段よりもさらに楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

その映画に対しての意見や感想が全く相反するものであったとしても、彼氏のものの捉え方や考え方を知ることができます。

価値観が全く違うような場合でも、怒ったり否定したりせずに「へ~。そういった考え方もあるのか」と新しいことを発見するような気持ちで聞いてみましょう。

特に大きな注意点としては、意見を対立させるような状況にはしないということです。

先ほども述べましたが、意見が違うからと言ってケンカ腰になったりせずに「そういう考え方もあるんだ」と相手の意見を理解するような姿勢を心がけることが大切です。

感情的にならず、相手の意見はなんでも受け入れるような寛容さで話してみましょう。

10.彼氏の友人とも知り合いになる

あなたの彼氏が、学生時代から知っている男性ではないという場合には、彼氏の素の姿や性格などが十分に掴みきれずに付き合うことになるという場合も多々あります。

そのような場合には、彼氏とふたりきりになった時に何を話していいのかがよく分からないことも少なくありませんよね。

どうしてもそういったカップルはお互いに沈黙してしまいがちです。

このような場合には、まずは彼氏が一体どのような人間なのかを改めて知ることが大切になってきます。

そのためにオススメなのが、彼氏の男友達や付き合いの長い友人とあなたも知り合いになってみる方法です。

彼氏の友達を知ることで、彼氏の交友関係を知ることができるようになります。

そうすれば、必然的に彼氏がどのようなコミュニティーに所属していているのかも分かってくるでしょう。

彼氏が所属しているコミュニティーを見れば、あなたの彼氏が一体どのような人間なのかをざっくりと知ることができます。

そうなれば、おのずとどのような会話をすれば彼氏と盛り上がることができるのかが分かってくることでしょう。

また、彼氏の友達からも、彼氏の素の姿を知るきっかけになるようなエピソードを教えてもらえるかもしれません。

タイミングを見て、彼氏に「もしよかったら今度〇〇くんのお友達を紹介してね」とお願いしてみましょう。

11.ふたりでカフェやバーのカウンター席に行ってみる

彼氏とふたりでカフェやバーのカウンター席に行ってみるのもオススメの方法です。

最近のカフェやバーは、知らない人同士でも気軽に話ができるような雰囲気である場合が多いですよね。

テーブル席ではなかなか長く話をすることは難しいですが、カウンター席であれば隣同士になったほかのお客さんと長く話をすることも自然とできてしまうでしょう。

また、カウンター席に座っているとカフェのオーナーやバーテンダーさんが話しかけてきてくれることもよくあります。

もしも、バーやカフェのカウンター席に座って、スタッフさんや隣の席のお客さんなどが話しかけてきてくれたら、彼氏も一緒にみんなで話してみましょう。

大人数のグループで会話をすることで、彼氏もあなたと気軽に話をすることができるようになるかもしれません。

また、あなたが今まで見たことのないような彼氏の意外な一面を発見することもできるでしょう。

初対面同士だからこそ、盛り上がる話題というものもあります。

仕事や友だち関係とはまた違ったコミュニティーの中に飛び込んで、彼氏とあなた、そしてほかのお客さんやスタッフさんと話をすることできっと話も弾んでくるでしょう。

ただし、この解決策にも気をつけなければならないことがあります。

それは、異性のお客さんやスタッフさんと仲良くなりすぎないことです。

あなたが男性のお客さんやスタッフさんと仲良くなってしまうと、彼氏がやきもちを焼いてしまうかもしれないからです。

また、彼氏が必ず会話の輪の中に入れるように配慮してあげることもとても大切です。

彼氏があまりしゃべっていないなと感じたら、彼氏に話を振るなどしてあくまでも彼氏を一番に立ててあげるようにしてください。

 

    「彼氏と話が合わない時の対処法とは?彼に関心を持って盛り上がろう」への感想コメント一覧

  1. 1. まりこ2018/05/24(木) 20:50

    聞き上手な女の子はたしかにモテますよね。私はついつい、沈黙にならないよう自分が話し続けてしまうほうなので、これからは彼や相手の人の話を引き出すように気をつけて努力をしてみたいと思いました。

この記事への感想を書く