彼氏の行動や言動にイライラする時の対処法とは?彼の発言にいちいちイライラくる理由を知ろう

恋愛最終更新日:2019年6月1日
彼氏にイライラする女性

付き合い始めてから一定期間が過ぎると相手を冷静かつ客観的に見るようになってしまいますよね。

そうなると当然、彼氏の言動や行動に対してイライラする事も出てくるでしょう。

だらしない部分やカッコ悪いところも見えてくるはずです。

今回はそんな時に、彼氏に対してのイライラの感情をポジティブなものに変えるための対処法をご紹介します。

彼が子供っぽくてイライラするなら、意識的に自分が大人になる

彼氏の言動が子供っぽい時や非合理的だと感じた時、イライラする事があるでしょう。

そんな時は、まずは意識的に自分が大人になりましょう。

大人が子どもを許すような気持ちで、彼の言動や行動に対しておおらかになります。

彼氏が子どもっぽい行動や言動をしていると、ついそこにばかり意識が集中してしまいがちです。

けれど、そういったときはあなたが大人になってあまり考えすぎないようにしましょう。

そして「たまにはしょうがないか」とか「彼氏が自分で気づくまで待とう」と思って自分の中でイライラを消化をしてしまいましょう。

彼氏が子供っぽい言動や行動をとったりするのは、彼女をイライラさせようと思ってしているわけではないのです。

むしろ彼女であるあなたの事を信頼しているからこそ、ありのままの幼い自分をさらけ出しています。

つまり、あなたを心から信頼しているという証拠でもあります。

男性というものは女性と比べるとどうしても精神的に幼いものです。

「男性とはいつまでたっても子どもなのだ」と割り切って、広い心を持つことが大切です。

そして、子どもっぽい彼氏をあたたかい目で見守る気持ちでいましょう。

そうすれば、あなた自身も精神的に成長することができるでしょう。

彼氏の行動を新しい価値観を学ぶ機会だと思い、ポジティブに捉える

自分が思ったような行動を彼氏がせずに、異なる行動に出た場合にイライラしてしまうということもよくあります。

もしもそのような状況におちいったら一旦、自分の気持ちを鎮めましょう。

自分の気持ちがクールダウンしたら、そこで自分の考え方だけが本当に正しいのかということを冷静に顧みてみましょう。

人が違えば考え方は違うというのは当たり前のことです。

それはたとえラブラブなカップルであっても同じことです。

自分が絶対に正しいということはまずありません。

あなたが正しいと考えたことも、あなたの彼氏にとっては違う意見があります。

ですから、イライラせずに「そういう考え方もあるのか」とポジティブに捉えることが大切です。

彼氏が自分とは考え方が違っているということでイライラしてしまったら「自分とは違った価値観を知ることができた」といいように考えましょう。

少し彼氏と距離を置く

自分のポリシーの観点からどうしても許せない彼氏の行動を目の前にしてイライラする事もあります。

そんな時には彼氏と一緒に過ごす時間を少し減らしたり、会う頻度を減らしてみましょう。

一度彼氏に対してイライラする感情を覚えてしまうと、その後彼氏がやることなす事全てに対してイライラしてしまうケースが多くあります。

他の人であればなんとも思わないことが彼氏がするとイライラしてしまうという困った現象です。

そのような状況に陥ってしまった場合は、彼氏との距離をおいて自分の感情や彼氏に対する印象をリセットする事が必要となります。

一度大好きになった彼氏をこのようなことで手放してしまうのは、本当にもったいないことです。

ふたりの関係が終わってしまうような最悪な事態を避けるためにも「あ、このまま彼氏といたらまたイライラするな」というときには思い切って少し距離を置くほうがお互いのためです。

また、そういった場合にはいきなりストレートに「イライラするから距離を置こう」とはけっして言わないようにしてください。

大抵の場合、彼氏はあなたからイライラされているとは思っていませんし、大好きなあなたからそんなことを言われてとても大きなショックを受けてしまうことでしょう。

ですからこういった場合には「ちょっと急に仕事が忙しくなったから、今週は1週間会えないかも…ごめんね」と言ったり「今月は資格の勉強に集中したいからあまり会えないと思うけど、ごめんね」と明るくいうのが鉄則です。

そうすれば「そういった理由なら仕方ないな。俺も応援しよう」と彼氏は思ってくれることでしょう。

また、こういう場合には「来月はいっぱい会おうね」「本当は○○くんに会えなくてさみしいんだけどね…」などとフォローをいれておくのも必ず忘れないようにしてください。

彼氏の行動があきらかに悪い場合はいさめる

考え方の違い以前に彼氏の行動がモラルや人道的に反していると感じ、イライラするというようなこともあるでしょう。

こういったように彼氏の行動や言動があきらかに悪いという場合には、あなたは我慢をする必要はありません。

いくら大切な彼氏だとは言え、人道的におかしい言動を理解しようとする必要はまったくないのです。

それよりもあなたは、自信を持って彼氏を正してあげることが先決です。

その場合にはケンカごしにものを言ってしまうと、大きなトラブルに発展してしまいがちですしもしもそうならなくても彼氏は聞く耳を持たない場合が多いでしょう。

それよりも冷静にアドバイスをするように指摘をしてあげましょう。

例えば「そういったことをすると、悲しむ人がいるよ」や「警察沙汰になってからでは遅いよ」などをあくまで冷静に真剣に彼氏に伝えるのです。

彼氏が理解してくれれば、その後イライラすることはなくなるでしょう。

しかし彼氏が理解してくれない場合ももちろんあるでしょう。

その場合には、その彼氏との関係をこれからも続けるのか否かをよくよく考えなおしたほうが良いでしょう。

彼氏がイライラする言動をとりそうになったら、話題を変えてみる

あなたの彼氏が他人に対して厳しい人だった場合には、彼氏が他人の文句や批判を言っているのにうんざりしてしまいイライラするというパターンもあります。

とくに自分には甘いくせに他人には厳しいというタイプの男性の場合は「あんなこと言ってるけど、じゃあ自分はどうなんだ?」ととてもイライラしてしまいそうですよね。

そんなときに有効になってくる対処法は、彼氏がそういった話題をスタートさせようとしたら速攻で話題を変えてみるという方法です。

例えば彼氏が運転中に前を走っている車の運転の仕方について文句を言いだしたとします。

彼はいつも他人の車の運転の仕方に対してだらだらと文句を言うくせに、自分も運転があまり上手ではなかったりわき見運転をしょっちゅうしていたりします。

そういうときは「またか…」とイライラしてしまいますよね。

けれど、そういったときにはあなたが意図的に話題を変えてあげれば良いでしょう。

彼が「あの車はなんなんだ?」というような感じで文句を言い始めたら、あなたはそれを軽く受け流して「そうだね。ところで昨日の飲み会は楽しかった?」などと彼氏が喜ぶようなポジティブな話題に話をすりかえてあげてください。

そうすれば彼氏もほかの車にイライラして文句を言うようなことはなくなり、きっと昨夜の楽しかった飲み会について上機嫌に話を始めるはずです。

そうなれば、あなたのイライラもおさまりますよね。

彼氏のダメさにイライラせず大目に見られるようになろう

長く付き合っているとどうしても彼の悪い面にばかり目が行ってしまうものです。

けれど、それは彼氏だって同じことなのかもしれません。

人間にはかんぺきな人など存在しません。

彼氏の悪いところは大目にみて、ダメな部分も含めて愛せるようになれば最高ですね。

 

    「彼氏の行動や言動にイライラする時の対処法とは?彼の発言にいちいちイライラくる理由を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。