彼氏に大事にされない女性が大事にされる方法6つ。冷たくされている状況を改善しよう

恋愛最終更新日:2019年6月18日

彼氏に大事にされていないと不満を持っていませんか。

一体どうすればいつまでも彼氏に大切にしてもらえる彼女になれるのでしょうか。

今回はそんなお悩みをお持ちの方に、彼氏に大事にされるための対処法を6つご紹介します。

自分に合った方法を試してみて彼氏に大切にされる彼女になってください。

1.いつもとは違った一面を演出して彼氏に見せる

彼氏はいつもあなたと一緒にいることであなたがいることが当たり前となってしまいマンネリを感じてしまっているのかもしれません。

それならば、いつもと違うあなたを見せてみましょう。

私にはこんな面もあるのよと、普段とはギャップのある彼氏の知らないあなたの一面を見せれば、彼氏も興味を持ちます。

ただ、やり過ぎたギャップを見せてしまうと驚きすぎた彼氏が引いてしまう可能性もあります。

あくまでやり過ぎず、好印象を持てるギャップを見せるということが重要となります。

特に生活に密着するようなギャップを心がけましょう。

例えば、今までお料理が苦手だったのなら頑張って練習してできるようになってみましょう。

もしかすると多少の時間や努力も必要になるかもしれません。

しかし「あれ?いつの間に?」「え?そんなこと出来るの?」などという驚きを持って彼氏に見てもらえれば、お互いが気持ちを新たにして過ごすことができるようになります。

彼氏のために頑張ってできるようになったことがさりげなく伝われば、彼氏だって悪い気はしませんよね。

ただし、あくまでさりげなくです。

どんなことでも誰が相手でも、恩着せがましいのは逆効果になってしまいます。

2.何か新しい事を彼氏と一緒に始めてみる

彼氏と共通の話題があるということはとても大切なことです。

あなたと彼氏の間には何か共通の話題がありますか?

長く一緒にいるうちにそれぞれの時間を過ごすことが多くなり、共通の話題もどんどん少なくなり、せっかく一緒にいるのに会話をすることが無いなんてことになってしまってはいませんか?

長く一緒に居ればいるほど、どうしても自分の意見を押し付けてしまいがちになります。

二人で一緒に楽しむことができるものがあれば、共通の話題もできるので会話も自然と弾みます。

そのためにも、お休みの日のデートに一緒に楽しめるような新たなチャレンジを彼氏と一緒に始めてみるというのはいかがでしょう。

話題作りだけでなく、新しいチャレンジがデートに加われば、いつものデートのマンネリからも脱却することもできますよね。

二人で始めることで会話も増えますし、そうなれば少し離れてしまっていた距離も自然と縮まって来るのではないでしょうか。

せっかくなら、いつまでも二人で続けることができるようなものが見つけられると良いのですが、少しチャレンジしてみて合わなかったからといって焦る必要はありません。

二人で色々な事を試していくうちにも絆は深まっていきますよね。

3.彼氏に大事にされず悲しい気持ちを伝えてみる

もしかすると彼氏は、あなたが彼氏に冷たい態度をとられていると感じているなんて思ってもいないのかもしれません。

一緒にいることに慣れてしまい、なにも考えることなくあなたに寂しい思いをさせてしまっていると考えられます。

あなた自身も自分の気持ちをきちんと伝えることなく、いつものことだからと諦めてしまっていることはありませんか?

そのような場合は、一度「寂しい」ときちんと気持ちを言葉にして伝えてみましょう。

あなたの気持ちがわかれば、彼氏もその気持ちを放っておくことはできませんよね。

そしてもし、自分が彼女に寂しい思いをさせていることを自覚していないのならば、自覚してもらわなければ状況の改善を望むことは出来ません。

きちんとお互いの想いを伝えて話し合うことも時には必要です。

4.少し距離を置いて様子をみる

あなたが気持ちを伝えても彼氏の態度が変わらない場合は、少し荒療治が必要かもしれません。

少し寂しいかもしれませんが、しばらくの間彼氏との距離をとってみましょう。

彼氏は、あなたが自分から離れていくことはないとタカをくくっているのかも知れません。

良好なお付き合いを続けていくためには、ある程度お互いが対等である必要があります。

あなたのことを下に見ているのであれば、きちんと分かってもらわなければいけません。

万が一それで別れを切り出すような彼氏なら、彼に用はありません。

愛する彼女に距離をおかれれば寂しい、辛いと考えて当然です。

少し距離を置くだけですぐに別れ話を切り出すような彼氏であれば、彼はあなたを都合のいい女と考えています。

そんな彼氏ならば、すっぱりと切り捨て新たな恋に生きた方がいいですよね。

そんな男はとっとと忘れて、新しい彼氏にはしっかり大切にしてもらえるよう自分磨きを頑張りましょう。

5.共通の友達を通じて大事にされておらず寂しい気持ちを伝える

長く一緒に居ればいるほど、感情をぶつけ合えることができるようになり良い面もありますが、場合によってはケンカになってしまうこともあるかも知れません。

そんな時には共通の友達を頼るのもオススメです。

仲の良い友達からさりげなく、彼氏をたしなめてもらうのです。

あなたからの言葉には意地を張り、頑なになってしまっていたとしても、友達からの言葉なら彼氏も素直に受け入れることができるかも知れません。

もし、彼氏との関係があまり上手くいっていない場合は、友達も含めてみんなで一緒にどこかへ行くプランなどを立て、友達から誘ってもらうというのも良いですね。

共通の友達ならさりげなく二人の仲をアシストして、取り持ってくれることは間違いないですよね。

6.自分がモテることをアピールする

一緒にいることがあたりまえになると家族のようになってしまい、彼氏があまり自分のことを女性として見ていないのではないかと感じることもあります。

そのような場合には、わざと異性の話を切りだして彼氏にヤキモチを妬いてもらうというのも一つの手です。

男性は自分のものを他人に盗られるのを嫌います。

言い方は悪いですが、自分の女性が他の男に盗られるなどということは到底プライドが許さないのです。

もし、彼女は自分のものだと安心しきっているところに、彼女がモテて他の男に盗られるなどという可能性が出てくれば放っておくことはできません。

そうなれば、彼氏はあなたを他の男に盗られまいとあなたのことを大切にしてくれるはずです。

ただしこの手を乱用してしまうと、彼氏から誰にでも愛想を振りまいてしっぽを振っている尻軽な女性と思われてしまいます。

結果として愛想を尽かされてしまうかもしれませんので十分に気をつけてください。

行動をして、彼氏が冷たい状況を改善しよう

彼氏が最近冷たい時にはこのような対処法をとってみましょう。

もちろん、彼氏があなたの悩みに気付き寄り添ってくれるに越したことはありませんが、場合によっては大切にしてくれない彼氏にいつまでも時間を割くより、大切にしてくれる新たな彼を探す方が良いこともあります。

大切にしてくれない彼氏にこだわることなくあなたの幸せを一番に考えキレイになってください。

 

    「彼氏に大事にされない女性が大事にされる方法6つ。冷たくされている状況を改善しよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く