彼氏がつく嘘を見破る方法4つ。男性の嘘は分かりやすい

恋愛最終更新日:2014年11月18日

男性の嘘というものは、女性のそれに比べればずっとわかりやすいものです。

大事な彼のことだから疑いたくはないけど、なんだか最近怪しいな…と思ったときに、彼の嘘を簡単に見破る方法についてまとめてみました。

1.目を合わせなくなる

嘘をつくときの仕草として一番代表的なものですね。
嘘をついている男性は、見抜かれるのを恐れて目を逸らすようになります。

対して女性は、話に真実味をもたせるために相手の目を覗き込むとも言われています。

また、嘘をつくときには「現実でないこと」を想像するため、想像力を司る右脳が働きます。
そのため、視線は左側に向かうようになります。
彼が話の中で視線を左にそらしたときには、その内容に嘘や想像が混じっていないかよく考えてみた方がよいでしょう。

2.高めのトーンでまくしたてる

嘘をつくときには、「バレないようにしなくては!」と必死になるため、話し方が感情的になってしまい、どうしても声のトーンが上がります。
彼が普段落ち着いた低めの声で話す人なら、これだけで丸わかりですね。

さらに、彼の嘘が「バレたらマズイ嘘だ…」という自覚があるときには、返答も短く、同じ言葉を繰り返すようになったり、ひどいときには逆ギレのようにまくしたてるようになったりします。
男性は感情表現のコントロールが女性に比べて不得手の傾向が強いので、あえてこちらから疑ってかかり、相手の焦りを引き出すことで嘘を見抜くことができそうです。

3.そわそわした足の動き

足は意外にも多くの感情を伝えてくれます。
普段はテーブルの下などに隠れてしまってあまり意識にのぼることもないかもしれませんが、反面、彼の意識的なコントロール下にないことが多いので、嘘を見抜くときにはもってこいといえそうです。

イライラしているときには足もイライラした動きをしています。
彼が貧乏ゆすりをしたり、足先だけパタパタと動かしたり、頻繁に足を組み替えるようであれば、彼の話は嘘である可能性が高くなります。

また、そうしたときには椅子への座り方も浅くなっているもの。
上半身は落ち着いた様子でも、下半身がそわそわ動いていないかは要チェックポイントです。

4.顔に手を持っていく

普段、顔に触れる習慣が女性に比べて多くない男性。
そんな男性が顔、特に口元に手をやったときには、そのときの話が嘘である可能性が高くなります。

表情を隠そうとしたり、余計なことを言わないようにしたり、無意識に不安から逃れようとしたりといった、いろんな心理が働いて、嘘をついている人は顔に触れることが多くなるのです。
男性は顔に手を持っていくことが比較的多くないので、嘘が見抜きやすい仕草といえるでしょう。

男性の場合嘘をついた時の行動はストレートに表現される

嘘をつくとどうしても出てくる焦りや、それを隠そうとする行動が、男性の場合はストレートに仕草に出てしまうことが多いです。
かといってこれらの仕草全てを疑ってもキリがないので、普段から嘘をつく必要のない良好な関係を保てるといいですね。

 

    「彼氏がつく嘘を見破る方法4つ。男性の嘘は分かりやすい」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く