彼氏にヤキモチをやかせる方法3つ。彼氏に構わないことで軽く嫉妬をさせよう

最終更新日:2014年11月18日

彼氏のことは嫌いでなくても、自分にあまり関心がないように見えたり、付き合いがマンネリ化してきたりすると、ちょっと彼氏にヤキモチをやかせたくもなるものです。

ですから、そんな時は度を過ぎない程度にうまくヤキモチをやかせる方法を考えてみてもいいでしょう。

そこで今回は彼氏にヤキモチをやかせる方法についてご紹介します。

1.憧れの男性アイドルの話をする

アイドルというのは手の届かない存在ですから、どんなに彼女がアイドルのことを好きでも浮気に発展することはありません。

しかし、自分以外の男の話を楽しげに話されると彼氏もいい気はしません。

特に好きな男性アイドルの魅力的な点をいくつか楽しげに話すと、ヤキモチをやいてしまいます。はやり自分の彼女が自分以外の男性に興味がいくと、悔しさや嫉妬、ヤキモチが出てくるものです。また、彼氏とデートする日にアイドルのイベントやコンサートを優先させれば、それだけでかなりのヤキモチをやかせることができます。

2.プライベートを忙しくする

趣味や仕事、友人関係で毎日が忙しいととても充実していますが、彼氏は自分の存在がないがしろにされていると感じたり、自分なんかいなくても彼女は平気なんだとヤキモチをやいてしまいます。

特に会おうと提案した日に彼女がすでに予定を入れていたり、空いている日がなかなかないような時は、彼氏は、自分に会わなくても彼女の方は寂しくないのかと思ってしまいます。あまりに忙しいと彼氏も嫌気がさしてしまいますが、程よくヤキモチをやかせるには、一時的にプライベートを忙しくさせるのもいいでしょう。

また、忙しいからという理由で、電話やメールが減るというのもヤキモチをやかせるには十分です。

3.同窓会に出かける

友達や仕事関係の人との飲み会にヤキモチをやく男性は少ないですが、同窓会などの昔の友達がたくさん集まる飲み会にはヤキモチをやく人が多いです。

同窓会にはただの友達だけではなく、昔の彼氏なども来ることがあるので、彼女の学生時代を知らない彼氏にしてみたら心配ですし、彼女の学生時代を知っている彼氏にしても、彼女が久しぶりにたくさんの男友達に会うのは心配でしょう。ちょっとヤキモチをやかせたい時は、旧友やたくさんの知人男性が集まる同窓会に参加し、うまく利用するのもいいです。

4.悩み事を彼氏に言わない

男性はたいてい、好きな女性に頼られることが好きなものです。

ですから、悩みを打ち明けてくれれば頼られていると感じることができますし、話しにくいようなことも自分にだけ話してくれれば嬉しいものです。

もし自分の彼女が自分に何も話してくれないと、自分は頼りにされていないのかと感じてしまいます。彼氏に不満があり、ヤキモチをやかせたい時は、悩みがあるような感じを醸し出して、相談できないような様子を見せてみましょう。何も話してくれない彼女に、彼氏はどうして相談してくれないのかとヤキモチをやかせることができます。