片思い中の女性がやってはいけないこととは

最終更新日:2017年8月7日

片思いをしている時に好きな男性に対してやってしまうと、逆効果となってしまうことはたくさんあります。

自分の気持ちとは裏腹に、なかなか彼と付き合えないことに戸惑ってしまいますが、片思い中には焦りは禁物です。

そこで片思い中にやってはいけないことについてご紹介します。

1.相手を束縛しようとする

片思い中にやってはいけないことのひとつに、相手のことがいくら好きでも束縛しようとしてはいけません。

相手が自分の気持ちとは関係なしに、他の女性と一緒にいるのは自由です。

好きな人には他の女性と一緒にいて欲しくないと思う気持ちは分かりますが、決して束縛しようとしないようにしましょう。

付き合っていないので束縛する権利もありませんし、彼が誰と遊ぼうと何も言うことはできません。

もしも束縛したいと思っているなら、正式に付き合ってから自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

付き合ってもいない女性に束縛されるような行動や発言をされると、男性は嬉しく思う反面なんで言われなければいけないのかと反論してしまいます。

片思い中の愛しい彼に対して、悪い印象を与えてしまうので、片思い中はどんなに好きでも束縛しようとしないようにしましょう。

2.他の女性と一緒にいると不機嫌になる

女性の気持ちは気まぐれですが、片思い中の彼が他の女性と一緒にいるのを目撃してしまうと、一気に不機嫌になってしまうでしょう。

強い嫉妬心から来るものですが、彼がどんな人と一緒にいても何も言う権利はありません。

ただ片思い中の彼が他の女性と一緒にいるのを見てしまうと、自分の気持ちを抑えることができずに、不機嫌になってしまうでしょう。

そんな状態で片思い中の彼と話をすれば、彼に対して悪い印象を与えることになります。

男性は嫉妬されると自分のことが好きなのかと思って嬉しく感じますが、嫉妬心が強い女性とは関わりたくないと思うこともあります。

他の女性と話をしただけで毎回嫉妬されたり不機嫌になると、めんどくさいという印象があるからです。

嫉妬心を全面的に出してしまうと、例え付き合っていなくても付き合いたくない女性だと思われる可能性もあるので、不機嫌になることは避けるように心を整えてから接触しましょう。

3.自分がモテるアピールをする

片思い中の彼を自分に振り向かせるために、自分がモテるアピールをするのは止めましょう。

モテるアピールをしてしまうと競争率が高いと思ってしまい、自分は遠慮したいと思ってしまう男性もいるからです。

そんなにモテるなら自分は相手にされないと思ってしまかもしれないので、結局は逆効果となってしまう可能性もあります。

モテる女性は充実しているので、モテる男性しか興味がないと思われがちです。

片思い中の彼にとってはモテアピールをする女性は高根の花だと思われると、彼のほうから諦めてしまうので恋愛対象と見てくれなくなってしまいます。

片思い中は自分がモテるアピールをするよりも、健気に想っていることを伝えた方がいいので、モテるアピールは止めましょう。

4.必要以上に連絡をする

片思いの彼に連絡をしたいと思ってしまいますが、あまりにも頻繁に連絡をしてしまうと、逆にめんどくさい女性だと思われてしまうのでほどほどにしましょう。

片思い中は好きな彼の声が聞きたかったり、繋がっていたいという思いから連絡をたくさんしたいと思ってしまいます。

普通の友達よりもあきらかに頻繁に連絡をすれば、男性も好意があるのかと思ってくれるでしょう。

しかし同時に付き合ってもいないのに頻繁に連絡されると迷惑だと感じることもあるので、マイナスな印象を与えてしまいかねません。

彼もいろいろな人と連絡をするので独り占めをしないように、適度に連絡して彼の面倒だと思われない程度にすること大事です。

必要以上に片思い中の彼に連絡をして、悪い印象を与えないようにしましょう。

5.諦めていないのに他の人と付き合う

片思い中の人がいるのにやってはいけないことは、片思いの彼を忘れるために他の人と付き合うことは止めましょう。

好きでもない彼と付き合うことは相手にも失礼ですし、結局は片思いの彼のことを忘れることはできないからです。

どうせ片思いの彼と付き合えないと諦めてしまい、とりあえず他の人と付き合ってもいいかなと投げやりになってしまえば、必ず後で後悔することになります。

もし片思い中の彼を振り向かせようとするなら逆効果で、他の男と付き合った女性を自分の物にしたいと思うのは、よほど好きな女性でなければありえません。

好意があるくらいだと幸せになって欲しいと思って諦めてしまうので、気を引こうとして付き合うことも止めましょう。

片思い中にやってはいけないNG行為がある

片思い中の彼がいるのにやってはいけないことはいろいろありますが、恋愛ではいつどうなるか分からないこと多いです。

昨日まで何とも思っていなかった人を好きになったり、片思い中の彼と明日付き合えるかもしれません。

すべてはタイミングが重要なので、片思い中は自ら墓穴を掘らないでチャンスを待ってアタックしましょう。