片思い中なのに合コンへ行く人の心理とは。なぜ好きな人がいるのに合コンへ行くのか

恋愛最終更新日:2018年4月28日

片思いをしていながらも、他の人と出会う合コンへ足を運ぶという人がいますよね。

片思いしていることを知っている身近な人からしたら「え?好きな人いるよね?」と思ってしまう不思議なことかもしれません。

なぜ片思い中でありながら合コンへいくのか、その人の心理に迫ってみることにしましょう。

1.片思いが成就しないと思っている

片思いしている人に、それなりに思いを伝えたりアピールしているのに、相手から良い反応が得られないと「これは脈なしかな」と感じることがありますよね。

自分の中で片思いの人に対して色々と試してみてはいるものの、成就する気配がない、良い反応が返ってこないという場合、成就しないだろうという予測がつくでしょう。

このまま片思いの人に粘り続けているのも時間の無駄とすら思えてきた場合は、新たな出会いを求めて合コンへ足を運びます。

もしそこで新たに自分の好みの人、良い出会いがあれば、成就する可能性が低い今の片思いを吹っ切ることができるかもしれないからです。

様々なアピールをした結果、成就する気配がないという場合は、その恋を諦めて次のステップに進むのです。

長い期間片思いをしてきた人は、自分の中で相手からの答えを予測し、このように次の段階に進むことも考えるでしょう。

2.片思いに疲れて発散したい

片思いをしているけど、なかなか実らない、あるいはどんなに頑張っても成果が出ないとなると、片思いしていることに疲れてきてしまいますよね。

「こんなに思ってるのに」「全然相手にしてくれない」と片思いの相手に不満を持つようになり、自分の中でストレスが溜まるようになってくることもあります。

成就しないことにイライラしているということも考えられますが、中には相手の優柔不断さに疲れる人、思わせぶりな態度を見せてくるのに先に進まないことにストレスを感じている場合もあるでしょう。

このように片思いしていることに疲れてしまった人は、合コンという場所にいき、発散するということもあります。

それまで他の異性と話すことや接点を持つことを控えていたものの、片思いに疲れてしまって、どうでもよくなっている場合や、たまには息抜きしたいと思っている場合もあります。

努力が報われない疲れ、曖昧な相手の態度に対する疲れなど、片思いに疲れて発散したくなり、合コンにいくという人もいるのです。

3.周りの人にバレないために

片思いしていることを、もし誰にも言っていないという状態なら、いきたくはなくてもいくこともあるでしょう。

例えば友達から「今度合コンあるけど一緒に行こうよ」と誘われた時に「片思いしている人がいるから」と言えず、友達にバレないように「いいよ」と行ってしまいます。

片思いしている相手が、親しい仲のグループの中の一人だとしたら、自分が「あの人のこと好きなんだ」と言ってしまうことで、グループ内がギクシャクしてしまうかもしれませんよね。

周りにバレたくないという思いで片思いしていることを隠しているとしたら、合コンに参加しないという理由を言えず、仕方なく参加することもあるでしょう。

片思いをしていることを周りの人に知られたくないと思っている人は、合コンを拒否する理由に限界が出てきて、仕方なく参加することもあります。

4.もっと良い人がいるかもしれない

片思いしているとはいっても、まだ相手と付き合っている訳でもなく、ここで合コンに行ったからといって「浮気」にはなりませんよね。

相手から告白されている状態、付き合っている状態で合コンにいくことには批判的な意見が飛び交うかもしれませんが、まだ片思いの相手に思いを伝えていないとしたら、合コンにいく行為は誰にも迷惑をかけている問題ではありません。

その人の中で「もっと良い人に出会えるかも」という思いが少しでもあれば、新たな出会いを求めることは悪いことではありません。

むしろ片思いの人に夢中になって冷静でいられなくなり、すべての基準が片思いの人になってしまっては、自分を見失ってしまうことだってあるものです。

他にもっと良い人がいるかもしれないと思うことはごく自然なことで、片思い中であっても何も問題はないでしょう。

5.自分の気持ちを確かめたい

片思いの人を本当に好きか分からないという場合、その気持ちを確かめるためにあえて合コンにいくという人もいます。

要は他の異性を見ることで、今片思いしている人への思いを確信的にするというものです。

他の人を見て「やっぱり○○さんの方がいいな」と思ったりすれば、自分の片思いが「本気」であることが分かります。

自分の中でも「これは恋なのか、それとも気の迷いなのか」と迷いがある場合には、他の異性と比較して、思いを確かめたいというケースもあるでしょう。

このような場合は、好きだと気付いた時点で次から合コンへ行かないようになる人も多く、自分の気持ちを確かめる目的のみで参加しているケースが多いです。

片思い中に合コンへ行く心理を知ろう

片思いをしているとはいっても、まだ相手と交際している訳ではないですから、合コンに参加しても問題にはならないでしょう。

ただ周りの人が、片思いをしていると分かっている状態だと、不思議に思われてしまうのもおかしくはありません。

片思いの人へ強い気持ちがあれば合コンにいくという考えもないかもしれませんが、迷いがあったり疲れがあると、合コンに行ってみたい気持ちになることもあります。

合コンにいくことで新たな気持ちを得られたり、今の片思いの人を超える人が現れる可能性もあるため、行っても損自体はしないでしょう。

,  

    「片思い中なのに合コンへ行く人の心理とは。なぜ好きな人がいるのに合コンへ行くのか」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/10(木) 18:21

    私も経験がありますが、1.片思いが成就しないと思っている、2.片思いに疲れて発散したい の理由で行きました。結局、片思い中の人がやっぱり好きだということを感じただけになりましたが、それでも行って損はなかったと思います。