可愛い友達を持っても嫉妬しないようになる方法4つ

最終更新日:2017年2月4日

趣味や好きなものが合う友達で、一緒にいることが楽しいと思える大切な存在。

しかし、そんな友達がもの可愛くて、同じ女からみても嫉妬してしまう時はあるものです。

友達が可愛くて嫉妬してしまう時、自分はどう対処して友達と付き合っていけば良いのでしょうか。

1.自分に自信の持てる所を確認する

その友達の顔が可愛いという場合で、自分が友達よりも劣っていると感じる時は、顔で張り合うことをやめるべきです。

自分が自分で「ここがすごい」「ここなら勝てる」という点を確認することで、張り合っている気持ちを少なくすることはできるでしょう。

例えば「人一倍優しい」「仕事ができる」「友達思い」など、内面で自信の持てる部分を探してみたり、体のチャームポイントを確認しても良いでしょう。

友達は可愛いけど、私はこんなところがすごいと思える自信が持てるようになると、知らぬうちに嫉妬心は減っていきます。

友達に嫉妬してしまうのは、自分が「負けている」と思っていることからかもしれません。

勝る点、誇れる点を自分で確認して、対等な意識を持てるようにすると、友達と良い関係を築き続けられるかもしれません。

2.嫉妬していることが醜いことだと思う

友達に対して「可愛い」と思うことは、友達にとっても嬉しいことであり、羨むほどの気持ちを持てるということは素敵なことでもあります。

その友達と趣味が合う、考え方が合うといった共通点を持っていながらも、もしその羨む気持ちが嫉妬になってしまったら、まずは自分の嫉妬心が醜いものであることに気付きましょう。

大抵の場合、純粋に可愛いと思えていたことが徐々に嫉妬心に変わっていきますが、これは相手を心底可愛いと思って「ずるい」と感じるようになったからです。

「ずるい」と思ってしまうほど一緒にいる時間が長くなっていたり、関係が深まっていることが背景にあります。

そこで自分が嫉妬してしまうということは、友達に対して「ずるい」を越した感情が芽生えていることになり、そんな感情を持ってしまっている自分の性格に問題があると見つめ直すべき。

今ここで自分の醜さに気付けなければ、ひどくなるにつれて「一緒にいたくない」「友達やめたい」とまで思ってしまうかもしれません。

せっかく関係を深めることができた相手に、自分の醜い感情で嫉妬してしまったら、友達でいられなくなってしまうほど嫌いになってしまうこともあります。

自分の嫉妬してしまう醜い所と向き合い、元々「友達になりたい」「友達で嬉しい」と思えていた頃の純粋さを取り戻すべきでしょう。

3.友達をライバルだと思う

友達が可愛くて嫉妬してしまう場合は、あえて友達をライバル視することも良い方法です。

その友達の外見が可愛いと思うのであれば、自分はメイクを研究してみたりファッションを女の子らしくしてみたりと、工夫をしながら自分も成長します。

可愛いと嫉妬してしまうのは、自分の中で「いいな」「そんな風になりたいな」という憧れに近い気持ちがあるからかもしれないのです。

憧れや目標といった上の立場とみなして見てしまうと、嫉妬心を持ち続けてしまう。

だったらこの嫉妬心を上手く利用して、自分も一緒に成長することにしましょう。

「こういう所が可愛いんだよね」と思ったらそれを見習って自分にも取りいれてみる。

そして取りいれた以上に自分が応用できることがあれば、どんどん吸収していくことで、可愛いと思っている友達以上に、自分が可愛くなれるかもしれません。

4.少し距離を置いてみる

恋人と上手くいかなくなった時の対処と同じように、友達とも距離を置くべき時があります。

親しくなってくると、遠慮や気遣いがなくなってきて、少し強引になったりわがままになったりしてしまいます。

友達に対して可愛くて嫉妬してしまうということは、それだけ親しい仲になったということ。

そして、良い面を見すぎて自分に足りないものがあると気付けた証拠だと捉え、一度距離をとって自分と向き合ってみるべきです。

自分より優れている人、自分よりも可愛いと思える人と一緒にいすぎると、次第に良い所が悪く見えてしまうことがあります。

そこに自分の遠慮や気遣いがなくなった証で、自分自身に問題があるケースが多いのです。

少し距離を置いて、しばらく会わないでみるなどの方法をとってみると、その友達の良さを純粋に思える時がきます。

一緒にいすぎたこと、見すぎてしまったことが原因で可愛いことに嫉妬しているなら、離れて見てみることも必要になるでしょう。

可愛い友達を持っても嫉妬しないようになろう

可愛い友達を持った時、自分にとっても誇りに思えるものです。

ただそこに余計な「嫉妬」を持ってしまえば、関係が悪くなったり、自分の成長が止まってしまったりします。

今後も付き合いを続けていきたいと思える性格をしている友達なら、自分の気持ちの持ち方や有り方を、今一度見つめ直すきっかけがあると良いでしょう。