風邪をひいた男性に送ると嬉しがられるメール内容

最終更新日:2015年6月2日

いつも気丈に振る舞っている男性であっても、風邪をひいて寝込んでしまった時は、心細くなってしまうものです。
ましてやその男性が1人暮らしであった場合は、その心細さは余計に大きなものになります。

そこで、風邪をひいてしまった男性に送ると喜ばれるメールとはどのようなものなのかをご紹介します。

1.「ゆっくり休んでね」というひと言

風邪をひいている時は気分が悪い時なので、「できればそっとしておいてほしい」「何も考えずにゆっくり休みたい」というのがその男性の本音です。

風邪をひくと、つらさが先に立って、その他のことを考えている余裕がなくなってしまうのです。

その心理を理解した上で、メールを送ることが大切です。

このような時に、相手から喜ばれるメールは、「ゆっくり休んでね」というひと言です。
他のメッセージはあまり送らず、ひと言だけ「ゆっくり休んでね」と送りましょう。

そのひと言だけで、「この女性は、負担をかけないように配慮しながら、自分を気に掛けてくれている」と感じて、嬉しくなってしまうのです。

「ゆっくり休んでね」と手短にメールすることで男性側は、「このメールに返信しなきゃ」と焦ることなく、安心して休息できるようになるのです。


2.その男性と親密な関係であれば、「何か助けになれることがあれば言ってね」

相手の男性の彼女であったり、相手の男性と非常に親しい関係であったりする場合、「何か助けになれることがあれば言ってね」というメールも、男性は嬉しく感じられるものです。

しかし「何か助けになれることがあれば言ってね」というメールは、送る時に少し注意が必要です。

まず、押しつけがましくしつこいメールにはしないことです。
本当に助けが必要であれあば、相手の男性の方から言ってくるはずなので、「私が何とかしなきゃ」と前のめりになり過ぎると、かえって嫌われます。

相手の男性と大して親しくない場合は、まだこのメールを送る段階ではありません。

男性は女性よりも、自分の「個人のテリトリー」を大切にします。

ましてや風邪をひいて余裕がなくなっている時には、「個人の領域に誰も踏み込んでほしくない。放っておいてほしい」と考えます。
なので、まだ親しくない女性からこのひと言をメールされると、プレッシャーに感じてしまうのです。


3.「お大事に」というひと言

社交辞令のように感じるかもしれませんが、風邪を引いた時嬉しく感じるメールはやはり、「お大事に」というひと言です。

「お大事に」というひと言をくれただけで、「この女性は自分のことを心配してくれている」という気持ちが十分伝わります。
それが社交辞令的なセリフであるということをわかっていても、やはり受け取る側は嬉しいものです。

あまりくどくどと長いメールを送らず、手短に「お大事に」と伝えるだけで、男性は十分喜びます。

ただ、もし「お大事に」という言い回しが事務的に聞こえて気になる場合は、「お大事にね」と少し女性っぽい言い方で送ってみてください。

語尾が変わるだけで、印象は全然違います。


4.返信は期待せず「大丈夫?」とひと言だけメールしてみる

風邪をひいて心細くなっている時、女性から「大丈夫?」と声をかけてもらえるだけで、男性は幸せな気分になります。

なので、自分の好きな男性が風邪をひいたと聞いたら、「大丈夫?」とひと言だけメールしてみましょう。
相手の男性は、「自分のことを心配してくれた」と思い、嬉しくなるはずです。

但し、「大丈夫?」と聞いたら、返信は期待せず、そのまま放っておきましょう。

ここで返信を期待してしつこくメールしたりすると、相手はあなたのことを負担に感じるようになります。

風邪をひいている時は、ただでさえ具合が悪くて精神的に余裕がないのです。
それを理解してあげましょう。


5.「いつも頑張ってたもんね、きっと疲れが出たのかもね」と相手の男性をねぎらう

風邪をひいた男性に「いつも頑張ってたもんね、きっと疲れが出たのかもね」というメールを送ることも、とても喜ばれます。

「いつも頑張ってたもんね」というひと言で、「今までの自分の頑張りぶりを見ていてくれた」と、男性は非常に嬉しくなります。

男性は女性に比べて、「仕事などで自分がしてきた努力を、他の人から認められたい」という願望が強いため、自分が努力する姿を見ていてくれた女性がいるということは、非常に励みになります。

このひと言で相手の男性は、「早く良くなって、また認められたい」と力が湧いてくるようになります。

手短に心配のメールを送ろう

風邪をひいた男性にメールを送る場合は、「今、相手は体調が悪い」ということを十分に考慮し、相手の負担にならず、手短に心配やねぎらいの気持ちを伝えると喜ばれます。

そして1番大切なのは、「しつこく送らないこと」と「返信を期待しないこと」です。

メールを送るとどうしても相手の反応が気になってしまいますが、返信がなくとも、気持ちは十分相手に伝わっています。