結婚しても問題ない彼氏の年収はどのくらい?年収300万円から600万円以上で生活の質は大きく変わる

恋愛最終更新日:2019年6月14日
結婚する場合の年収を語る男性

結婚した後に彼の年収を知って思うような生活ができなかったと嘆く女性は意外に多くいます。

やはり年収によって送れる生活の質は変化していきます。

結婚してお金がない。こんなはずじゃなかった嘆かないように、結婚前から彼の収入を把握する事は大切です。

彼の収入がどれくらいあるのかによって、どれくらい贅沢できるのかや日々の生活レベルが変わってきます。

そこで今回は生活の質の希望ごとにどのくらいの年収が必要なのかをご紹介します。

たくさん贅沢をしたいと思ったら年収600万円以上は必要

世の中の女性は簡単に「結婚するなら年収600万円以上の人がいい」と言います。

しかし年収600万円以上稼いでいる人は社会人全体の1、2割しかいません。

この年収の層に当てはまる人たちは、今日の日本ではかなりのエリートであると言えるでしょう。

現在の社会人の方の大半は年収300~400万円あたりです。

結婚後に旦那の給料で沢山のお洋服を買って化粧品だって手にいれて、旅行もコンスタントに行きたいし外食だって沢山したい。

そういった質の高いエンジョイ生活を望んでいるのであれば年収600万円以上は必須条件になってきます。

もしあなたが専業主婦もしくはパート勤務を希望であれば、普通のサラリーマンでは到底お望みの生活はできません。

沢山我慢をして常日頃から節約もしなくてはいけなくなってしまいます。

そんな我慢の生活を続ける事は、贅沢思考のあなたは絶対嫌ですよね?

その場合は年収600万円以上の男性に認められるように、自分の女度を磨いていきましょう。

社会全体の1、2割しかいない稼げるエリート男性に選ばれるには、女性側もやはり自分磨きの努力が必要です。

いくら外見がかわいくても、世の中の動きも分からない、世間の常識がないような女性は相手にもされません。

稼ぎの良い男性なら尚更、自分に見合った女性を選ぶものです。

ですから、贅沢な暮しを望むなら、それだけ女度アップを目指して頑張りましょう。

自分磨きの努力の結果、見事年収600万円以上の男性に認められたなら、旅行やオシャレなどかなり自由な贅沢生活を味わうことができます。

たまにプチ贅沢を味わいたいのなら年収500万円~600万円位は必要

自分の物欲への欲求があまり高くなく我慢もきちんとでき、旅行は年に数回、ご飯は基本おうちご飯でたまには外食できればいいなと考えているのであれば年収500万円~600万円位でいいでしょう。

このくらいの年収は普通のサラリーマンの中でも少し年収が高いくらいなので、高望みというほどでもありません。

そういった男性との出会いもそこまで難しくはないでしょう。

ただ年収500万円~600万円位までの男性は、女性を見る目もそれなりに鍛えています。

この層の男性に選ばれるためには、贅沢もできるけど我慢するべきところは我慢できる、そういった面が感じられる堅実な女性になることが必要です。

年収500万円~600万円位の生活としては、光熱費や家賃もしくは住宅ローン(あまり高くなくほどほどの金額)といった毎月必ず引かれる支出を引いても手元に少しはお金が残る余裕があります。

ですからこの残ったお金でプチな贅沢を味わっていきましょう。

ただ自分に投資できる金額はさほどないので、自分なりの節約術を身につけてオシャレをめいっぱい楽しんで生活していくことになります。

身の丈を超えているような贅沢品を望んだりしなければ、バランスの良い生活を楽しむことができるはずです。

ただしうっかり羽目を外してしまい、旅行やオシャレに高額をつぎ込むのは禁物です。

贅沢生活が癖になってしまうと次から次へとあれが欲しいこれが欲しいと我慢ができなくなって、生活が破綻してしまいます。

年収500万円位ならばたまの外食や旅行といったそれなりのプチ贅沢は続けていけるので、高望みしすぎないことが大切です。

外食や小旅行などのプチ贅沢はたまにでいいなら年収400~500万円位でOK

外食は頻繁でなくてもたまにはしたい、旅行も安価な近場に行くくらいで満足というのであれば年収400~500万円位あればOKです。

社会全体からみると、年収400~500万円というのは少ない金額のように見えて実はやや多めの年収となっています。

ですので多くの人たちがこの年収で生活していることになり、今では贅沢をしすぎなければ普通に暮らしていける年収だということができます。

外食はたとえ回数が少なくても、毎回違うお店に行くことでリフレッシュ気分を高めることができます。

また旅行は海外旅行から国内旅行までたくさんあり、海外でも旅行会社のキャンペーンなどで割安で行けることも多いです。

遠くの国内へ行くよりも、キャンペーン時の海外旅行の方が安くつくという場合も多いです。

更には国内旅行であっても、遠くまで行かないのであれば交通費を節約できて安価に旅を楽しめます。

宿泊日数を短めにすることでも旅行費用は安くなります。

洋服やアクセサリーなどのオシャレに関しても、身に着ける組み合わせを変えれば新鮮な気分になれます。

新しいものを次から次へと買わなくても、魅力的な自分を表現するテクニックを身につけましょう。

年収400~500万円位だと自分の好きに贅沢生活をエンジョイできるわけではありませんが、情報収集するなどの工夫次第で楽しい生活を送ることができるでしょう。

節約の計画を立てたり工夫すること自体を楽しむ心構えを持つことが大切です。

生活するのに支障がないくらいでいいのなら年収300~400万円位で大丈夫

おもいっきり贅沢もプチ贅沢もしなくていい。

無難に暮らせるだけの年収があればそれでいいや。

そう思っているあなたなら、年収300~400万円位で大丈夫でしょう。

現在の社会全体からみて、この年収300~400万円クラスが一番多いと言われていますが、この金額だとやはり生活するだけで精いっぱいです。

もし病気になったり車検の年でまとまったお金が必要になった時、あせりが出てしまっては大変です。

普段からコツコツと貯金をして、いざという時のために備えておくことも必須になります。

家が賃貸なら、急な引っ越しでの家賃のアップにも備えておかないといけません。

基本的にこのくらいの年収だと慎ましく暮らす事が基本なので、節約術や無駄を省く生活をする知恵が必要になります。

この年収の人たちが日本では一番多いので、節約生活の技やコツを本やネットで公開している人たちがたくさんいます。

そういったノウハウを身に着けながら生活していくと、いざという時に慌てなくてすみます。

収入が低めだからといって、心の安定までないがしろにしないように気をつけましょう。

節約生活も続けていくことで段々と慣れていき、自然にこなせるようになっていきます。

節約が楽しい、と思えるようになれば勝ったも同然です。

自分でこのくらいの年収に納得し暮らしていく決意をしたのであれば、色々と生活する上で工夫ができるように頑張ることが大切です。

低コストで自分を磨く方法もたくさんあります。

努力を忘れずに、魅力的な自分を作り上げていきましょう。

彼の年収で結婚後の生活の質は大きく変わる

このように彼の年収がどれくらいあるのかによって、日々の生活の余裕や楽しみ方が変わってきます。

お金の使い方は人生をどれくらい楽しめるかという点でとても大切な要素です。

今の日本では年収をあげようと思ってもなかなかすぐには成果が出ません。

彼の年収をしっかり把握して、自分たちに合った生活をエンジョイできるように工夫していきましょう。

 

    「結婚しても問題ない彼氏の年収はどのくらい?年収300万円から600万円以上で生活の質は大きく変わる」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。