声が小さい男性は何を考えてる?性格や特徴の傾向とは

最終更新日:2017年1月7日

声が小さい男性は、いったいどのような性格や特徴があるのでしょうか。

声の大きさによって、人に与える印象は異なってきますし、性格にも違いが出てきます。

それらを知ることによって、その人をもっと良く知るためのきっかけをつかむことができるでしょう。

1.声の小さい男性は内気で恥ずかしがり屋である

声が小さい男性の性格特徴にあるのが、内気で恥ずかしがり屋であるというものです。

シャイで控えめなところがあるので、つい声が小さくなってしまいます。

自己顕示欲が強い男性の場合は、つい人の注目を集めたくて声が大きくなりがちです。

「聞いてほしい」という気持ちが、声の大きさまで影響を及ぼしています。

しかし、恥ずかしがり屋な男性は、自分に注目が集まるのを嫌がります。

できるだけ人の後ろに控えていたいタイプなので、声も小さくなりますし、トーンも低めに抑えられがちです。

あまり目立ちたくないそういう気持ちが、声を小さくしています。

声が小さい男性は、実は恥ずかしがり屋で人の注目を集めたくない性格です。

2.声が小さいのは自分に自信を持つことができないから

声が小さい男性の性格特徴の中に、自分に自信が持てないというものがあります。

自分に確固たる自信がないので、誰かに話すときにも、声が小さくなってしまうのでしょう。

自分に自信がないと、意見を言う時にも堂々とした態度をとることができません。

どことなく自信なさげで、声も小さくぼそぼそと話します。

相手が「え、なに?」とか「聞こえない」などと言おうものなら、ますますおどおどしてしまうことでしょう。

自分に対する自信のなさが、大きな声で話すのをストップさせてしまいます。

自分に自信を持つことができれば、もっと大きな声ではつらつと話すことができるはずです。

声が小さい男性は、周りの人より誰よりも、自分の実力を信じることができないでいるのです。

3.声が小さい男性は育ちが良くて上品である

声が小さい男性の性格特徴にあるのが、育ちが良いということ、そして上品であるということです。

子供のころから穏やかな家庭環境で育ったリすると、のんびりとして穏やかな性格になり、大きな声を出したりすることがない人となります。

兄弟が多いと、どうしてもトラブルが生じますし、大きな声で自己主張しないと、兄弟間の生存競争に負けてしまいます。

だから親や兄弟に対して「ねえ、ちょっと聞いてよ」などと、大声で話しかけたりすることも多くなります。

しかし、一人っ子や兄弟が少なかったり年が離れていたりすると、そういう自己主張をすることが家庭内において必要なくなります。

いつものんびりと構えていられるので、大きな声を出すことが少なくなるでしょう。

また、上品な家庭で育つと、大声を上げることがあまりありません。

そういう兄弟間の関係や生まれ育った環境が影響して、声が小さいままでいるのです。

小さな声でも十分通用するような環境にいた男性は、大人になってもそのまま小さい声で話します。

社会人になって周囲の人に指摘されて、初めて「あれ、自分って声が小さいのか?と気が付くこともあります。

4.声が小さい人は実は女性が苦手である

声が小さい男性の性格特徴の中で、女性が苦手という場合があります。

同性同士で話している時は、それなりに声が大きいのに、女性の前に出るとやけに声が小さくなってしまうのは、女性に慣れておらず、ドギマギしてしまうからです。

女性が苦手な男性は、声が小さいだけでなく、相手の女性とは目を合わせようとしなかったり、そっぽを向いたまま話そうとしたりします。

声が小さくよく聞こえないので、こちらが近付こうとすると、相手の男性は慌てて距離を取ろうとするでしょう。

女性の前でどう振る舞ったらいいのか、また何を話したらいいのか分からなくて、ついしどろもどろになってしまいます。

声が小さな男性は、女性の前ではもしかして緊張しているのかもしれません。

女性のことをよく知らず、苦手意識があるので、だから声が小さくなってしまうのでしょう。

5.声が小さくなってしまうのは相手のことを考えていない

声が小さい男性の性格特徴の中には、相手に対して配慮がないというものがあります。

相手のことを考えていないので、相手にとって聞こえにくいような小さな声で話してしまいます。

人と話す時には、それなりに聞きやすい声の音量というものがあります。

ある程度声を大きく発することで、相手は話している内容を理解したりしやすくなります。

声が小さい男性の中には、そういう配慮を怠っている人もいます。

自分のペースで勝手に話しているので、だから声のボリュームが小さくなりすぎてしまい、相手が聞きずらくなってしまいます。

話している相手が、その男性にとって重要な人でない場合、時々声の大きさやトーンが会話をするのに適してないことがあります。

そういう時、男性は相手のことを考えずに、適当に話していたりします。

声が小さい男性の傾向を知ろう

声が小さい男性の性格や特徴には、色々なものがあります。

男性の方が何となく声が大きいイメージがありますが、周りを見てみると、小声で話す人は意外と多いかもしれません。

その人がどういう性格や特徴を持っているのか、それを見極めることによって、ますます良い人間関係を作り上げることができるでしょう。

声の大きさというのは、それだけ本人の色々な性格や特徴を表しています。