向上心がない人の特徴

最終更新日:2016年8月11日

世の中には向上心がない人がいます。

努力をして自分を磨くといったことをせずに、毎日を過ごすというタイプです。

こうした向上心がない人は、なぜ向上心がないのでしょうか。

今回はそうした向上心がない人の特徴についてご紹介します。

1.やる気がない

仕事仲間や、クラスのみんなが何かに向かって一致団結して頑張ろうとやる気になっている時に、必ず反対したり、後ろ向きな意見を言い始める人が一人か二人はいます。

ハッキリと自分は違う意見を持っていることを全員の中で、自分の意見を言って全員で良い結果になれるように話し合い納得出来れば良いのですが、後から陰口を叩いてやる気になっている人々の気持ちさえも削いでしまい、周囲にも悪い影響を与えてしまうのがこのタイプの特徴です。

このタイプには、断固としてこうすると、既に賛成多数で決まったことだから、決定事項になったのだからと、あの場で意見が言えなければもう覆すことは出来ないと突き通すことです。

だからと言って仲間ハズレにするのではなく、あなたも一緒に頑張ろうと、仲間として仕事を分担しその方に、仲間の一員であると教えてあげることが大切です。

その方のやる気を引き出してあげることを考えてみましょう。


2.自分の考えに閉じこもる

人が何を言おうと自分の意見を決して曲げず、人々とあわせることが大の苦手な方がいます。

どうせ自分は何をやっても駄目な人間だと思い込んでいたり、自分が出来るのはここまでだと線引きして、それ以上は断固拒否で決めつけてしまいます。

生きてきて上手くいったことが何もないからとか、何をしても上手くいかないし、それなら何もせずに自分の殻の中でジッとこもっていた方が良いのだと思い込んでしまうのがこのタイプです。

根気よく愛を与え、その方に、駄目な人間ではなく、失敗してもやり通す気持ちが大切なことなのだと教えてあげることが大切です。

もっとやれる出来るはずだと導いてあげましょう。

しかしあなたに、この方を導きたいという強い気持ちが無ければ相手の意見に感化されてしまい、あなたまで相手と同調した気持ちになってしまうこともあります。

また相手が、自分の殻から出てくるまで待てずに、途中で投げ出しこのタイプを批判して余計に相手を殻の中へ追い込んでしまう方もいます。

覚悟が無ければ難しいタイプです。


3.現状に満足

現在の状態に、何も不満がなくこのままで自分は満足で、幸せだと納得しているのなら、向上したい気持ちが芽生えることは決してありません。

このままでいいや、面倒くさいことは嫌い、楽しく遊んでいたい。

無理して何の得があるそう自分に言い聞かせていたりするのが、このタイプです。

このタイプは、自分が、切羽詰まった状態に怠りどうにかして現状を打開しなくてはと気がついたならその時に、自分から行動を起こして、向上していくことができます。

それまでは、人の忠告は、右から左に素通りします。

時々あなたの考えを話して、温かく見守ってあげれば大丈夫です。


4.人と比べて落ち込む

人と自分を比べてばかりいる方がいます。

常に、他人の境遇と、自分の境遇を比べて落ち込んでばかりいるのがこのタイプです。

だからと言ってその羨ましいと思っている相手に自分が近づいた生活が出来るように努力するわけでもなく、自分が何を頑張ってしても、あの人のようにはなれるはずがないのだからと決めつけ、ただただ羨ましがるだけです。

なんで?どうして?と、自分の生活環境に不満や、文句ばかり言って嘆いているのです。

親がお金持ちだったら、夫の稼ぎがもっと良ければと、無いものねだりに切りがないのです。

不平不満ばかり並べてその話題ばかり口にしていては、聞いている方も良い気分はせず、だんだんこの方の為に親身に話しを聞いてくれる方や、考えてくれる方が離れて行ってしまいます。

愚痴をこぼすなとは言いませんが、愚痴しか言わない人間では印象が良くありません。

この逆に、何時も何かを頑張っている人は、見ていても応援したくなったり、話しを聞いているとその方から良いパワーをもらえます。

向上心が無い人の特徴を知ろう

向上心が無いと一言で言っても、色々なタイプがあることがわかります。

あなたの周りにいるのはどのタイプでしょうか?それとも、あなた自身にも当てはまりますか?向上心は、こうしたい、こうなりたい、その様に人々が思い考える心の動きです。

例えこの向上心はあったとしても、思っているだけでは結果として現れません。

こうなりたい、こうしたいと考える思いのまま素直に行動することが大切です。

そうすれば努力している自分や、結果を掴んだ自分と出会えることが出来ます。