控えめな性格の人の特徴とは

最終更新日:2017年4月20日

ガツガツと積極的な性格の人もいれば、存在感がないようにも見える控えめな性格の人もいます。

「控えめな性格だな」と思われる人とはどんな特徴を持っている人のことなのでしょうか。

単に大人しいという特徴だけではなく、他にも様々な特徴が見られます。

1.攻撃、反撃をしない

控えめな性格の人は、基本的に争い事は嫌いです。

自分から攻撃しないのは当たり前ですが、相手から言われたことに対して反撃しないというのも、控えめな性格の人の特徴でしょう。

例えば仕事を一生懸命やっていて、周りの人の分までひたすら頑張っていたとしましょう。

ちょっと出来た時間に一息ついていると「○○さんは、仕事きちんとやってるの?」と仕事をさぼっている同僚から言われた。

こうした状況になれば、多くの人が反感を持ち「あなたの分までやっている」「あなたに言われたくない」と言い返すかもしれません。

しかし、控えめな性格の人は、このように思ったとしても決して口に出すことはなく、ただ耐えるか笑って流す程度です。

反撃することでそこから争いが始まってしまうかもしれない、もしかしたら仕事をさぼっていると感じられる面があったのかもしれないと、反省すらしてしまうこともあります。

控えめな人は、理不尽なことに耐え、自分の意見を言わないため、損してしまうことが多いでしょう。

2.人に流されやすい

控えめな性格だけに、自分の意見を押し通すという行動はあまりしません。

人から「こうだ」と言われれば、その指示に従い、受身状態であることが分かります。

この性格の人に見られる特徴の一つに、人に流されやすいという面があります。

「Aのプランにしよう」と思っている人が多数いる場合、自分が「Bのプランが良い」と思っていたとしても主張せず「私もAが良いと思います」と真逆の意見を言ってしまいます。

人に流されてしまいやすい控えめな性格の人は、こうしたちょっとした不満が積み重なり「私は何をしているんだろう」と価値を見出せなくなってしまうほど悩んでしまうこともあります。

ただ「あなたが必要」「あなたのおかげ」という言葉によって、立ち直ることも多く、人に流されやすい上に単純なことが多いのが特徴の一つです。

3.褒められることに慣れていない

自分を認めて欲しいと思っている人、ちゃんと評価してもらいたいと思っている人は「私は○○をしました」と頑張りをアピールするものです。

その反面控えめな性格の人は、努力したこと、達成したことなど、周りの人に自分から言いふらすということをせず、陰ながら支えているタイプが多いのが特徴です。

そのため、人から褒められるという状況に不慣れであり、褒められることによって謙虚になったり、その場から逃げようとしたりと「え?どうして?」と疑問に感じる場面があります。

褒めてもらいたい人にとっては「こんな嬉しい状況いいじゃん」と思ったり「せっかく褒められているのに素直になればいいのに」と思うでしょうが、控えめな人にとっては、褒められるという行為によって、周りから注目を浴びることが嫌いです。

「すごいじゃん」と褒められること自体には嬉しいと思っているものの、視線が一気に自分に集まります。

控えめな性格で普段隠れて生活しているような人が、褒められることによって皆から注目を浴びるというのは、とても恥ずかしい状況です。

控えめな性格の人を褒める時は、二人きりの時に、あるいはLINEやメールといった方法で褒めると良いですね。

4.実はなんでもできる人が多い

控えめな性格の人に限って、多才であったり、器用な人が多いのも事実です。

これは、皆の輪の中に入れない時、一人でいる時、遠目で見ている時といった状況が多いことで、陰で努力していることが多いからです。

大人しい性格に見えるため「何もできなそう」「不器用そう」「得意なことあるのかな」と思うことが多いでしょう。

しかし実際には普通の人以上になんでもできることが多く、例えば料理が得意だったり、知識が豊富だったり、運動が得意だったりと、表に出さないだけで多才な一面を持っていることが多いのです。

いつもスポットが当たっているような人は、人から注目を浴びたいがために努力をしているかもしれませんが、控えめな性格の人は、注目を浴びることには無関心。

自分の興味の為だけに努力していることが多いために、究めていたり、人一倍努力していたりすることが多いのです。

実際に「これお願いできる?」「これ分かる?」とその人に聞いてみると、なんなりとこなしてくれます。

どれをとってもその人の長所に繋がり「もっと自信を持てばいいのに」と思える特技や趣味を持っていることでしょう。

控えめな性格の人について知ろう

控えめな性格の人は、場面によってはとても損をしてしまう性格です。

自分が頑張って成果を出したことなのに、控えめな性格のために見えなかったり、他の人に評価を横取りされたりします。

でも一緒にいることが長い人、その人のことをよく見ている人からは、絶大な信頼と安心を持たれていることが多く、存在感がなくても欠かせない存在にはなっているものです。

自身が控えめな性格だと思っている人は、こうした周りの思いがあることを自信に変え、少しずつ自分を出せる場を設けていくともっと良いかもしれませんね。