口癖を真似してくる人の理由とは

最終更新日:2017年3月24日

自分の何気ない口癖を、周りの人に真似されてしまうと、嫌な気分になる人もいるでしょう。

自分の口癖に気がついても、周りの人にはそっとしてほしいですよね。

そんな口癖を真似してくる人の心理を見ていきましょう。

1.相手の口癖が気に入らない

口癖を真似してくる人は、相手の口癖が気に入らない、という心理を持っていて、真似してくることがあります。

これは言わば、嫌味のようなもので、相手の口癖をわざわざ真似することで、自分が気に入らないことをあなたに伝えようとしています。

とくに何度も繰り返してしまう口癖は誰にでも真似しやすく、すぐ真似されてしまうでしょう。

真似してくる人があなたの口癖にイライラしていることは明らかなので、できる限り口癖を言わないように気を遣ってみると良いかもしれません。

ただ口癖なので無意識に言ってしまい、言わないようにするのは本当に難しいですよね。

2.からかいたい

口癖を真似してくる人の中には、からかいたい、という心理がある人もいます。

あなたに好意を持っていて、関心があるからこそからかいたい、と思っているのです。

そして口癖以外はからかえる場所がない、と考えると良いでしょう。

とくに好きな人や尊敬している人に自分の口癖を真似されてしまったら、ショックだったり、恥ずかしかったりするかもしれません。

けれど好意があるからからかっているのだ、と思い、あまり気にしないようにしましょう。

真似されたことにイライラして不機嫌になるのではなく「真似しないでよ」と笑いながら言うようにし、その場の雰囲気を和らげると良いかもしれません。

3.馬鹿にしている

口癖を真似してくる人の中には、馬鹿にしたい、気持ちがあり真似してくる人もいます。

この場合、口癖を真似してくる人は意地悪で、冷たい人の可能性があります。

とくに、あなたが口癖を口にした後すぐに、揚げ足を取るように真似してきたら、あなたを馬鹿にしていると思ってよいでしょう。

あなたが口癖を真似されて不機嫌になってしまうのなら「真似しないでほしい」と真剣に言いましょう。

馬鹿にされ続けるとあなたの立場がどんどん悪くなり、他の人も真似してくるようになってくることもあるからです。

馬鹿にされて嫌な気持ちははっきりさせましょう。

4.親しみを表したい

口癖を真似してしまうのは、否定的な心理がある場合限りません。

ときには、否定的な心理を持っていなくても口癖を真似してしまうものです。

口癖を真似してくる人の中には、あなたに対しての好意を表し、親しみがあることを表現したい、という心理を持っていることもあります。

あなたの口癖をそっくりそのまま真似することで、あなたと何か共通したものを所有できた感覚になれるから真似してしまいます。

それぐらいあなたに親しみを感じていて、もっと仲良くなりたい、と思っているのです。

とくに異性が口癖を真似してくる場合にこの心理を持っていることが良くあります。

刺々しく真似されることを嫌がるのではなく、相手の心理を理解し、温かく見守ってあげるとよいかもしれませんね。

5.口癖を治した方が良いと思っている

口癖を真似してくる人の中には、あなたの口癖を治した方が良いと思っていることもあります。

そのため、まずはあなたに自分の口癖を自覚させるために真似をしてくるのです。

確かに、他人に口癖を真似されるまで自分の口癖にはまったく気がつかなかったという人もいることでしょう。

口癖は無意識なものなので、それは仕方のないことです。

けれどあなたの口癖が周りの人を不快な気分にさせているのかもしれません。

口癖を真似してくる人がいるということは、それだけあなたの口癖が耳に残るという証拠です。

あなたの口癖を治した方がいい、と思っている人がいることを認め、口癖を治す良いチャンスかもしれません。

もちろん治すのは大変ですが、努力だけはしてみましょう。

6.口癖を可愛いと感じている

口癖尾を真似してくる人は、あなたの口癖を可愛いと感じていることもあります。

そのため真似することで、あなたの可愛さを自分も手に入れたい、と思っている人もいます。

とくに同性の人が口癖を真似してくる場合にはその心理を持っていることがよくあります。

また異性が口癖を真似してくる場合には、あなたの口癖を可愛いと感じ、その愛らしさをあなたに分からせるために真似していることもあります。

その場合、口癖を無理に言わないように努力したり、口癖を恥ずかしく思ったりする必要はありません。

あなたの口癖に魅力を感じる人もいるのだ、ということを認識しましょう。

口癖を真似してくる人の心理を知ろう

口癖を真似してくる人は、あなたの口癖に対して、まるっきり否定的に感じているわけではないですが、中には口癖が気に入らなかったり、治した方が良いと思っていたりする人もいます。

真似されても気にしないのが一番ですが、真似してくる人の心理を理解し、いつでも楽しく会話ができるようにしたいですね。