「○○が無駄」が口癖な人の性格とは。なぜ無駄とばかり言うのか

最終更新日:2017年11月6日

口を開けば、二言目にはすぐに「○○は無駄」と言って、相手の気分を害する人が少なくありません。

決して彼らは悪気があってそのようなことを言うわけではありませんが、その結果、角が立ってしまうことは事実であります。

そこで「○○は無駄」が口癖な人の心理や性格についてまとめました。

1.徹底した合理主義者でせっかち

「○○は無駄」が口癖な人は、徹底した合理主義者です。

回り道をすることを極端に嫌うため、常に「どのように動いたら無駄をなくすことができるか」ということばかり考えています。

そのため、他の人が回り道をしようとすると、条件反射的に「○○は無駄」と口に出してしまい、何とかして無駄なことを避けようとします。

彼らは、非常にせっかちであるということも大きな特徴です。

できるだけ何でも早く終わらせたいという思いが強いため、無駄なことをして余計な時間を割かなければならなくなるという状況に我慢ができません。

それゆえ、徹底して無駄を省こうとして「○○は無駄」とすぐに行ってしまいます。

2.常に自分のペースで動きたいという思いが強い

「○○は無駄」が口癖な人は、かなりのマイペースであることが特徴です。

「常に自分のペースで動きたい」という思いが強く、人に合わせることが嫌いです。

そのため、他人が無駄なことばかりしているのを見ると「そのうち、そのしわ寄せが自分に来るのでは」と考え、イライラしてしまいます。

そして「相手の、無駄が多い作業や考え方のペースに絶対に巻き込まれないようにしよう」という強い思いが湧き、先手を打って「○○は無駄」と言ってしまいます。

それによって、自分が相手のペースに巻き込まれることを、事前に回避しています。

言い換えれば「自分は誰のペースにも巻き込まれたくない」という強い意思表示であるとも言えるでしょう。

3.「自分の考えは絶対的に正しい」と思い込んでいる

「○○は無駄」が口癖な人は、自分に自信があり「自分の考えは絶対的に正しい」と思い込んでいる傾向があります。

彼らは、何でも無駄なくテキパキと物事をこなす自分を「優秀な人物」と心の中で評しています。

そして、自分と同じように無駄なく物事をこなすことができない人を「自分よりも劣った存在」と見下してしまうことがよくあります。

そのため、無駄が多い人を見ると「○○は無駄」と上から目線で言ってしまいます。

もっとも、彼らは「無駄が多くて損をしている人たちを改善してあげたい」という気持ちで「○○は無駄」と言っているので、そのことを悪いこと失礼なことであるとは思っていません。

しかし、言われた側が気分を悪くし、思わぬトラブルに発展してしまうという場合も少なくありません。

4.徹底した現実主義者

「○○は無駄」が口癖な人は、徹底した現実主義者です。

彼らは、現実の厳しさを誰よりも知っているため「大人である以上、現実の厳しさに対して、地に足をつけてしっかりと対応していかなければならない」と考えています。

そのため、どこか夢見がちで無駄な回り道をしている人を見ると「考え方が甘い」と感じてしまいます。

そして、そのような人たちに対して「○○は無駄」と言ってしまいます。

少し冷たそうに思われてしまいますが、彼らは、生きることの厳しさを誰よりもわかっている人です。

そして、生きることに対して「厳しい社会の中で、負けることなく、地道にしっかりと生きていきたい」という強い決意を持っているとも言えます。

5.何事も計画を立てて行動しなければ気が済まない性格

「○○は無駄」が口癖な人は、何事も、緻密な計画を立ててから行動しなければ気が済まないという性格です。

無計画な行動や生き方は、思わぬトラブルが起きた時に足元をすくわれる原因となってしまい、そこからどんどんネガティブな方向へと進んでしまう原因となります。

彼らはそのことをわかっているため、あらゆるトラブルを想定して緻密に計画を立て、いつでも対処できるようにしておかなければ気が済まない性格です。

そうすることによって、何が起きても動じることなく、スムーズに対処できると考えているからです。

しかし、人生には想定外の出来事が付き物です。

そのため、そのような出来事が起きてしまった場合、彼らは「完璧に計画したのに、こんなはずではなかった」と思考停止に陥ってしまうこともあります。

「○○が無駄」が口癖な人の理由を知ろう

「○○が無駄」が口癖な人は、一見すると「回り道というものを容赦なく排除する、情と余裕のない冷たい人」であると思われがちです。

確かに彼らは、合理性を重んじすぎるあまり、多少クールになり過ぎてしまう傾向があります。

しかし、彼らは、人生や社会の厳しさを誰よりも知っている人です。

それゆえ「無駄なことばかりしていると、どんどん人生の質が落ちてしまう」ということもしっかり理解しています。

だからこそ「○○は無駄」という厳しい一言をすぐに口に出してしまうとも言えるでしょう。