黒目を大きく見せる方法まとめ。小さい黒目のコンプレックスを解消しよう

最終更新日:2016年2月23日

黒目がちの女性って可愛いですよね。

ぱちくりした印象で、瞳が印象に残りやすいです。

日本人は瞳が小さい傾向にあるので、黒目を大きく見せたいと頑張っている女性も多いのではないでしょうか。

今回は黒目を大きく見せる方法をご紹介します。

1.カラコンを使用する

これは鉄板中の鉄板です。

黒目を大きく見せる手段としてはとても手っ取り早く、簡単な方法です。

フチがある通常のコンタクトでも十分に大きく見せることが可能ですが、カラコンを使用すれば更に大きく見せることができます。

黒いカラコンを使用すれば自然に黒目を演出することが可能です。

自然な色合いに近い茶色などもオススメです。

「カラコンはわざとらしくてちょっと…」という人は、自分の瞳の色素にあったカラーを使用すれば違和感なく、瞳を大きくすることができますよ。

ワンデーから2ウィークタイプ、半年タイプ、1年タイプなど種類も多いので、自分に合うものを探してみましょう。


2.アイラインを工夫する

メイクをする時に、アイラインの中央部分を少し盛り上げて書くようにします。

まず、アイラインをいつも通りに引いたら、瞳部分(中央部)のまぶたのアイラインを少しだけ太くします。

あくまでも自然に見えるように、さりげない太さがキモです。

もちろん、まつ毛の隙間を埋めるように粘膜にまでラインを引くことも大切です。

また、目の下のラインも中央の瞳部分だけまつ毛の隙間を埋めるようにして書くと黒目が協調されて大きく見えます。

ラインを引くのが苦手な人は茶色のアイシャドウを綿棒にとって瞳部分のまぶたにポンポンと色を重ねていくと自然な形で目の中央部分を盛ることができます。


3.紺色、ブルー系のマスカラを使う

紺色やブルー系のマスカラは白目をキレイに見せてくれる効果があります。

白目がキレイに見えると黒目が強調されて見えるので、自然に黒目を大きく見せることができます。

紺系のアイシャドウをまぶたの中央部分にさりげなく重ねるのも効果があります。

ただし、ブラウン系のアイシャドウや違う色味のアイシャドウを使っている場合はチグハグにならないようにうまくぼかすことが大切です。


4.部分用つけまつげを使用する

部分用のつけまつげを適度な長さにカットします。

つけまつげは目頭、中央、目じりの3か所分用意します。

目頭と目じりは少し短めにつけまつげをカットし、瞳の中央部分に付けるつけまつげは少し長めにカットします。

あとはそれぞれつけまつげを付けていくだけでOKです。

中央部分のつけまつげが少し長いことで黒目に視線が集中しやすくなります。

瞳が強調されるので黒目がちに見えますし、アイメイクにメリハリが出て、全体的に目が縦長に見えます。

つけまつげが苦手な人は、まつげエクステをオススメします。

エクステはデザインが選べるので、瞳の中央部分が盛り上がって見えるような、縦目のデザインを選ぶとよいでしょう。

つけまつげと違って全体的に自然にボリュームが増やせるのでより一層瞳を大きく見せることが可能です。


5.ラメを使う

瞳中央部部の上のまぶたと下のまぶたにラメを乗せます。

あまり大きいラメではなく、馴染みやすいものを選びましょう。

ラメがなければパールタイプのアイシャドウを使います。

涙袋のところに多めに乗せてぼかすようにすると瞳が大きく見えます。

ラメやパールを目の中心に置くことで自然と黒目に目がいくので、ゴテゴテに塗りすぎないようにしましょう。

指や綿棒でポンポンと乗せた後、しっかりぼかすことが重要です。

あまり乗せすぎると腫れぼったく見えるので注意が必要です。


6.アイケアをしっかりと行う

夜眠る前や、パソコン、スマホを使用しすぎたと感じたらしっかりとアイケアを行いましょう。

日中に瞳に疲れを感じたら目薬を差して一旦目を休める、こめかみのあたりから首の琳派にかけてマッサージを行い、滞っている老廃物を流すようにすると瞳に輝きが出ます。

遠くを見るようにしたり、目をぎゅっと閉じてパッと開く、上下左右に瞳を運動させるように眼球と筋肉をほぐすのも効果的です。

夜はメイクを落としたら瞳の洗浄液で目を洗浄したり、ホットマスクや蒸しタオルでじんわりと目元を温めるようにしましょう。

血行がよくなり、瞳だけでなく、目の周りの筋肉の緊張やこわばりもほぐしてくれます。

目元をじんわりと温めたら、鼻筋から額、こめかみ、目の下のくぼみなどを指で指圧していくのも効果的です。

痛気持ちいいくらいがベストです。

黒目を大きく見せよう

カラコンやメイク、アイケアなど、黒目を大きくする方法は意外とたくさんあります。

メイクやカラコンを使用するとき、黒目を大きく見せることだけを意識していると全体のバランスが崩れてしまう可能性もあるので、程よい加減をみながら調整していく方がいいでしょう。

自分にあった方法で、黒目を大きく見せられるように色々試してみてくださいね。