休日になるとずっと眠い状態な時の原因とは

最終更新日:2016年6月14日

休日になると、一日中眠くなってしまうことってありませんか。

せっかくのお休みの日に、寝ているだけなんてもったいないと思いますが、どうしても眠気が勝ってしまいます。

どうして休日はずっと眠くなってしまうのかご紹介します。

1.日頃の疲れが溜まっているから

休日にはずっと眠くなる時の原因に、実は日頃の疲れが溜まっているというものがあります。

本人は気が付いていなくても、日々の疲れが体に蓄積されていて、休日になるとその疲れを癒そうとして、眠くなってしまいます。

平気なようでも、実は体は悲鳴を上げています。

なかなか疲れを解消できずにいて、負担を感じているのです。

そのためせっかくのお休みなのに、眠くて仕方がないのです。

少しでも眠ることで、本能的に疲れをとろうとしています。

そうでもしないと次の一週間を乗り切ることができないからです。

どうして休日になるとずっと眠くなってしまうんだろうと思ったら、近頃の生活を振り返ってみましょう。

もしかしたら自分で思っている以上に、身体は疲れ切っているのかもしれないのです。


2.普段は気が張り詰めているから

休日になるとずっと眠くなってしまう時に、もしかしたら精神的なものが影響しているかもしれません。

毎日の生活で気を張り詰めすぎていて、それが原因でお休みの日には一日中眠くなってしまいます。

例えば職場を変わったり、新年度を迎えたような時、誰でも人知れず緊張しています。

必死に新しい生活に慣れようとしていますが、それでも精神的な負担は大きいのです。

自分でも、もしかしたら「何となく疲れているかも」と感じているかもしれません。

しかし、疲れているくらいでは休むことが出来ないので、週末までは頑張って会社にいくしかありませんそうすると、休日になると緊張の糸が切れてしまって、ぐったりとしてしまいます。

体も疲れていますが、それよりなによりメンタル的に疲れているので、朝からこんこんと眠ってしまいます。

眠ることは、ストレス発散のための手段の一つです。

ただ身体と精神を休めるだけでなく、心に溜まったストレス解消をしています。

普段は気が張り詰めていると、知らず知らずに精神的にも疲れてしまいます。

そういう時、休日は朝からずっと眠くなってしまい、眠り続けてしまいます。

これも人間の本能といえるでしょう。


3.前日に遊びすぎてしまったから

休日には朝からずっと眠くなってしまう時の原因に、前日に遊び過ぎてしまったということがあります。

「明日は休日」と、つい羽目を外してしまっていませんか。

休日の前の日は、明日はお休みという気持ちで盛り上がってしまい、思わず出かけたり飲みに行ってしまいたくなります。

思いっきり遅くなっても、次の日はいざとなったら一日中寝ていられるのです。

それでつい遊びほうけてしまったり、飲みすぎてしまったりします。

ぐでんぐでんに酔っ払ったりして、いったい家に何時に帰ったのか、覚えてなかったりすることもあります。

それだけ前の日に遊んでしまったら、次の日は一日中眠くても仕方がありません。

日頃の疲れと夕べ遊び過ぎたツケが回ってきて、ともかくぐったりとしてしまいます。

内心「あ~、やっちゃった」と思いますが、眠気には勝てず、一日中寝て過ごしてしまったりします。

休日はずっと眠くなる原因に、前の日の過ごし方が影響していたりします。

せっかくの休日を有意義に使いたいなら、前日に遊び過ぎるのはほどほどにしましょう。


4.普段の生活サイクルが乱れてしまったから

休日はずっと眠くなる時の原因のひとつに、普段の生活サイクルが乱れてしまったというものがあります。

人間は、一度ペースを乱してしまうと、なかなか元に戻らなくなってしまいます。

何時もは朝5時や6時に起きて会社に行っている人が、今日はお休みだからと、朝9時や10まで寝ていたりすると、その後に起きようと思ってもなんだか体が完全に目覚めません。

いつものペースが乱れてしまって、いつまでたっても眠気が消えないのです。

「もうちょっとだけ寝よう」なんてことを繰り返しているうちに、いつの間にか夜になっていて、すっかり休日を無駄にしてしまったという虚しさが残ります。

普段早起きな人は、休日だからといって普段の生活サイクルは変えずに、ちゃんと朝は起きるようにしてみましょう。

休日に普段の生活サイクルを乱してしまうと、翌週からペースを作るのが大変になっていまいます。

そうするとまた疲れてしまいます。

ある程度規則正しく生活をすることが、休日にずっと眠くならないための方法だと言えるでしょう。

休日はずっと眠くなってしまう原因を改善していこう

休日はずっと眠くなる時の原因には、身体や心の疲れ、そして遊び過ぎてしまったといういくつもの原因が潜んでいます。

休日にぐっすりと眠ることも大切です。

しかし、その眠くなる原因を早めに探って、より健康的な休日を迎えたいですね。

そうすれば、朝から寝てしまうということもなくなることでしょう。