ヴィトンが嫌いだという人の理由。ヴィトンは皆が持っているブランドというイメージ

人の特徴最終更新日:2018年4月28日

ルイヴィトンと聞くと、それだけで「好きじゃない」とか「持ちたくない」と、否定的な言葉を言う人がいます。

とてもオシャレで素敵なブランドですが、中にはヴィトンをダサいという人もいるのです。

そういうことを言う人は、いったいどういう心理が影響しているのでしょうか。

「皆が持っているブランド」と思って気持ちが遠のいている

ヴィトンをダサいという人は、ヴィトンそのものよりも、このブランドの持つイメージを敬遠している場合があります。

ヴィトンを持っている人が非常に多く「皆が持っている」と思って気持ちが遠のいてしまい、何だかダサいと思ってしまいます。

ルイヴィトンというブランドは、日本どころか世界中で人気があって、名前が知られたブランドです。

繁華街などを歩いていると、ヴィトンのバッグなどを持った人とすれ違うこともよくあるでしょう。

それほど人気があるブランドですが、中には「そういうところがイヤ」と思ってしまう人もいます。

皆とおそろいなんてイヤ、もっと自分のオリジナリティーを大切にしたいそういう気持ちがあるので、大勢の人に好まれているヴィトンを敬遠してしまいます。

例え周りの人が持っていても、自分のアレンジ次第でいくらでも個性的に装うことはできるはずです。

ただ、どうしても「ヴィトンは皆が持っている」というイメージを持ってしまうと、それにとらわれてしまって「何だかダサいブランド」と思い込んでしまうのでしょう。

何となく「ヴィトンのデザイン」自体が好きではない

ヴィトンがダサいという人の心理にあるのは「ヴィトンのデザイン自体が好きではない」という気持ちです。

とても人気があるブランドですが、どうしても自分の好みではないそういう気持ちを持っているのです。

ヴィトンはオシャレでスタイリッシュで、女性なら憧れる人も多いブランドです。

ただ、中には「ヴィトンは造りがしっかりしすぎていてかっこ悪い」とか「もうちょっとやわらかい感じのブランドメーカーの方がいい」と思っている人もいます。

周囲の人が「ヴィトンっていいよね」と口々に言っていると、どうしても周りに流されてしまいがちですが、実は心の中では「そんなに素敵なデザインかしら?」と、疑問を持っているのでしょう。

ルイヴィトンというメーカーは、様々なタイプのバッグや財布、洋服などを販売しています。

ヴィトンと一口に言っても、そのデザイン性はバラエティーに富んでいます。

ただ、どうしても「高級品」とか「スタイリッシュ」だという雰囲気があるので、そこが苦手な人は「ヴィトンって、意外とダサいかも」と思ってしまいます。

もともと「ブランド品」を持つことを好まないタイプである

ヴィトンはダサいという人の中には、ブランド品が好きではないという人もいます。

もともと「ブランド品」を持つことは好まないので、ヴィトンのことも「ダサい」と思ってしまいます。

様々なブランドのメーカーがありますが、ブランドと言えば「ルイヴィトン」を思い浮かべる人も多いことでしょう。

それだけヴィトンは有名で、ブランド品の代名詞のようなメーカーです。

ブランド品全体に対して良い印象を持っていない人は、ブランド品やそれらを持つ人のことを「ブランド品なんて持っちゃって」と、心の中でどこか軽んじています。

そういう気持ちがあるので、ブランド品の代表格であるヴィトンのことも、ダサいと感じてしまい、白けた視線を向けてしまうのでしょう。

ブランド品の良さは、使ってみて分かるものも多いです。

単なるイメージだけで「ヴィトンなんてとは思わずに、ぜひ一度使用してみると良いでしょう。

しかし、ブランド品を持つことを好まない人は、心理的にヴィトンのことを馬鹿にしていて「ダサい」と思っているのです。

何だか「ミーハー」な気分で選んでいる気がしてしまう

ヴィトンをダサいという人の心理で、何だか「ミーハー」な気がしてしまうそういう心理が働いていることがあります。

ヴィトンの本当の良さを理解しないで、ただ皆「ヴィトンだから」というだけで喜んで言うように見えるからです。

ルイヴィトンはとても素敵なブランドですが、実は本当にその良さを分かっている人というのは、少ないかもしれません。

ただ「高級だから」とか「有名だから」というだけで、このブランドをチョイスしている人も沢山いることでしょう。

ヴィトンは、一つ一つのバッグや財布、そして小物が、まるで宝石みたいに輝いています。

ただ、その良さを分かっていないのに、身に着けても決して素敵には見えないでしょう。

周囲のヴィトン人気につられて、ただヴィトンを選んでいても、結局はミーハーな気持ちに負けてしまっているだけ自分ではそのことに気が付いているのです。

だから、本当にヴィトンの良さを知らないのに、そのブランドだけ持っていても「ダサい」と心が感じてしまうのでしょう。

ヴィトンが嫌いだという人の心理を知ろう

ヴィトンは、とても素敵な「作品」を、世界中に送り続けています、沢山のヴィトンの品々は、多くの人を魅了して、誰もが欲しくなるかもしれません。

ただ、中にはそのヴィトンのことを「ダサい」と感じている人もいるのです。

そしてその心の中には、色々複雑な思いがあって、それを考えてみることは、ヴィトンのことをもっと知るためにも必要なのかもしれませんね。

 

    「ヴィトンが嫌いだという人の理由。ヴィトンは皆が持っているブランドというイメージ」への感想コメント一覧

  1. 1. うさぎマン2018/05/05(土) 09:27

    ヴィトン確かにあまりほしくないかもしれないですね。でも世界の一流ブランドだと思います。映画なんかでお金持ちがヴィトンの大きな旅行鞄などで移動しているのが印象的でした。持つ人のキャラクターによるのかもしれませんね。

この記事への感想を書く