酒癖の悪さを治す方法。ウコンを飲み悪酔いを防ごう

最終更新日:2016年1月28日

酒癖が悪いと、翌日「やっちゃった」と後悔する羽目になってしまいます。

お酒の失敗で信用を失ってしまったり、好きな人に嫌われてしまったりとならないように、酒癖の悪さを治す4つの方法をご紹介します。

1.お酒と一緒に水をたくさん飲む

酒癖の悪さを治すためには、なによりもまず悪酔いしないということが大切です。

程よく酔っぱらうのは気持ちがいいものですが、あまりにも飲みすぎて記憶をなくしたり、吐いてしまったりすると、自己嫌悪に陥ってしまいますし、周りの人にも呆れられてしまいます。

そして、悪酔いしないための方法としてオススメなのが、お酒と一緒に水をたくさん飲むということです。

お酒を飲みながら、できれば同じくらいの水を飲むようにしてください。

水をたくさん飲むことで、血液中のアルコール濃度を下げることができます。

そうすれば、飲みすぎて悪酔いするということがなくなり、酒癖の悪さが出ることはないでしょう。

また、水をたくさん飲むことで、利尿作用が高まります。

体の中から水と一緒にアルコールの成分も出してしまうことができます。

そうすれば、お酒に飲まれるということもなく、酒癖の悪さで人に迷惑をかけることもなくなります。

酒癖の悪さを治すには、お酒を飲み始めた最初から、たくさんの水を飲むようにしましょう。

そうすることで、酔っ払いすぎてしまうことはなくなり、酒癖の悪さを治すことができるでしょう。


2.飲む前にウコンを飲む

酒癖の悪さを治すには、酔っ払ってしまわないように気を付けることが大切です。

そのために有効な方法が、アルコールを飲むまえに「ウコン」を飲むということです。

ウコンのドリンクは、薬局やコンビニでも販売しているので、簡単に買うことができます。

「今日は飲み会」というときは、アルコールを飲む前にウコンのドリンクを買って飲んでおきましょう。

ウコンはクルクミンという成分を含んでいますが、そのクルクミンが肝臓を守り、悪酔いを防いでくれます。

酒癖の悪さを治すために、ぜひ一本飲んでおきましょう。

また、すきっ腹でアルコールを飲むのも、酔っぱらいやすくなります。

飲み会などでは酔っ払い防止のために、最初にしっかりと食べておくということも大切です。

人によって体質が異なったり、ウコンのドリンクの種類でも効き方が違ってきます。

やはり、あまりにも安いものは効き目もそれなりになってしまうでしょう。

しかし、飲まないよりは飲んだほうが悪酔いしないですみます。

肝臓の負担も軽くしてくれるので、ぜひ飲み会などの前には、ウコンのドリンクを買って飲むようにすることを心掛けたいですね。

3.お酒はちゃんぽんしない

酒癖の悪さを治すためには、お酒をちゃんぽんで飲まないようにするべきです。

あれこれ種類を変えて飲んでいると、どのくらいの量を飲んだか自分でもわからなくなってしまいます。

そしてついつい飲酒量が増えてしまい、悪い酔いして酒癖の悪さが出てしまうのです。

ちゃんぽんしてお酒を飲むと、自分の体質に合わないお酒もぐいぐい飲んでしまいます。

ワインやビールは大丈夫でも日本酒を飲むと酔っぱらいすぎてしまう・・・そんな人は、体質的に日本酒は控えたほうが良いでしょう。

また、アルコール度数の高いお酒は、当然酔っぱらいやすいです。

そういうお酒は、酒癖の悪さをださないためにも、あまり飲まないようにしましょう。

アルコール度数が4~5%程度のビールを飲み続けるようにすれば、そうそう酔っぱらいすぎて記憶をなくしたり、酒癖の悪さが出てしまう・・・なんてことはなくなるはずです。

飲み会が楽しくて、ついあれこれ飲みたくなりますが、ビールだったらビールで統一して飲むようにしましょう。

そうすれば、きっと酔っ払いすぎることはなく、酒癖の悪さが出ることもないでしょう。


4.酒量を減らすようにする

酒癖の悪さを治すためには、ある程度酒量を減らすということも重要なポイントです。

アルコールは、どうしたって飲めば飲むほど酔っ払います。

酒癖を治そうと思ったら、飲むお酒の量を減らすようにします。

飲み会の途中、小休止を兼ねて飲み物をノンアルコールにしてみるのもいいですね。

ウーロン茶など、利尿作用が高い飲み物は、体の外にアルコールの成分を出す手伝いをしてくれます。

または、アルコールの量を減らして薄めのウーロン杯を作ってもらったりするのもいいですね。

焼酎のお湯割りなども、しょうちゅの量を減らしてもらえば、体も温まりますし悪酔いするのも防げます。

薄くてもアルコールを飲んでいるので、周りの人にも「飲んでいる」と思ってもらえるでしょう。

楽しく場を盛り上げながら、酔っぱらいすぎを防止することができます。

お酒の量を抑えることで、酒癖の悪さを治すことができます。

肝臓にも負担をかけないので、体にとってもベストといえる方法です。

酒癖の悪さを治したいと思ったら、お酒のお量をコントロールすることも大切なことです。

酒癖の悪さを治そう

酒癖の悪さを治すための方法をご紹介しました。

酒癖が悪いということは、どんなに素敵な女性でもイメージダウンしてしまいます。

お酒は楽しくほどほどに飲むようにして、酒癖の悪さが出ないように心がけましょう。

それが楽しいお酒を飲むための、大人のマナーともいえるでしょう。