LINEでグループの招待を拒否する・拒否されたらどうなるのか

最終更新日:2017年5月26日

新生活が始まったり、付き合いが多くなってくると「グループでLINEしない?」とお誘いを受けることがあるでしょう。

その時もしその招待を拒否したり、または相手から拒否された場合はどうなるか知っておくと便利。

LINEでグループの招待を拒否する・拒否されるとどうなるのか、一度把握しておくと良いです。

1.招待されると通知がある

まず、あるLINEのグループから招待を受けると「○○があなたを△△に招待しました」という通知がくるようになっています。

そのため自分のLINE画面を開くと、招待されているグループが表示され、その招待を受けるか受けないかで、参加できるかが決まってきます。

選択できるのは「参加」か「拒否」かの二つだけであり、参加したくない場合は「拒否」を選択します。

招待している側のグループのLINEには、招待中のメンバーとしての表示はされるため、長い間保留にしておくと「どうして入らないのだろう」と疑問を持たれることもあります。

招待を受け取ったら、参加するのか拒否するのかをできるだけ早めに判断し、選択するようにしましょう。

2.拒否した場合でも通知はいかない

「このグループのLINEには参加したくないな、でも拒否したらバレるのかな」と思って不安になり、結局参加してしまうという人も少なくありません。

ただ、招待を拒否したからといって「拒否しました」といった通知は一切されないため、招待中メンバーを確認していない、把握していないメンバーによっては気付かないという人もいるかもしれませんね。

拒否した瞬間に、招待されていたグループは自分のLINEに表示されなくなります。

入ってしまうと煩わしい、入ることに抵抗があるという場合は、拒否という選択も悪くありません。

参加してから後々退会するよりはスムーズに断ることができます。

そのため招待された時点でそのグループとの関係性や気持ちをよく考えてから選択すると良いでしょう。

3.拒否された側も分からない

「拒否してしまったら、招待してくれた人に嫌な思いをさせそう」と思うことがありますよね。

確かに、拒否を選択すればそのLINEのグループには参加しない為、トークに何かを書き込んだり閲覧したりはできません。

ですが、その表示に「拒否されました」と出ることもないため、招待者にも知られることはありません。

招待した際に、グループの招待中メンバーに表示がされ、参加するとそこの表示から名前が消え、メンバーとなります。

しかし拒否した場合であっても、この招待中メンバーに表示がされたままなので、メンバーが「あの人拒否したんだね」と気付くことはないでしょう。

ただ、招待したことを皆が知っているのに、いつまでたっても参加してこないという場合は、当然メンバーは不思議に思い始めます。

拒否した事実がハッキリと伝わることはなくても、このように間接的な形で知られてしまうことはあるため、完全にバレないとは言い切れないのが実情です。

4.やり直しはきかない

「間違って拒否しちゃった」という場合でも、一度拒否の選択をしてしまった場合には、もう一度招待してもらう必要があります。

「参加したいけど、いつまでも参加しなければきっと誰かがまた気付いてくれるはず」と思って待っていても、誰も拒否したことに気付かず放置されてしまうこともあります。

そのため、そのLINEのグループに入りたい場合は、もう一度相手に招待してもらう必要があり、同じ方法でもう一度やり直すしかありません。

招待してくれた相手に「間違って拒否を選択しちゃったから、もう一度招待してほしい」と、その人に直接言うか、またはそのグループ内にいるメンバーに頼んでも良いでしょう。

拒否を選択してしまえば、後から「やっぱり入ろう」と思っても、招待が再度ない限り入れません。

入るか迷っている時は、保留にしておくと良いかもしれませんね。

5.グループでのLINEは入る前の決断が大事

招待されて入ってしまってから「やめたい」「やっぱり嫌だな」と思っても、退会することで嫌なイメージを与えてしまうことは避けられません。

そのため、あまり親しくない人達とグループでLINEをする場合や、当たり障りない程度に付き合いたい人達とのLINEの場合は、グループに入る前の、招待された時点で決断が必要になります。

中途半端に参加してしまうとかえってややこしくなり、また退会の際にはメンバーに知られてしまう為、知られることがない「拒否」を選択することで回避できます。

どのような関係なのか、どうなっていきたいのかを見極めてから参加や拒否を選択すると良いでしょう。

LINEグループの拒否について知ろう

会社の付き合い、ママ友、親戚。

あまり関わりたくないと思っているグループから招待されてしまうと、断りづらくて無理に参加してしまう人も多いでしょう。

ただ、参加する前に「拒否」という選択肢があることは覚えておいた方が良く、参加してから退会するよりも、変な誤解を与えずに済みます。

拒否するとどうなるのか、拒否されるとどうなるのかを把握しておくと、安心して拒否することもできるようになるでしょう。