グループLINEが自分の発言で止まってしまう時の理由と改善法【LINE】いつも自分のメッセージが最後になるのは原因があった

LINE最終更新日:2020年4月27日

LINEグループでせっかく発言したのに急に会話が止まる事ってありますよね?

たまにならまだしも、いつも自分で止まると嫌な気持ちになります。

そのLINEグループで嫌われているのか、不適切な発言をしてしまったのかなど不安になります。

「なぜ会話が止まるのか…」と不安がるあなたにLINEグループ内で会話が止まる原因と対処法をご紹介します。

理由を知り改善することで、LINEグループでもっと発言を気軽にできるようになるはずです。

空気の読めない発言をしているとLINEグループが自分で止まりやすい

自分が発言したばかりにLINE内の会話がぴたっと止まるのは、あなたが大変空気が読めない発言をしてしまったからかもしれません。

そしてその発言があまりに空気が読めてなさすぎて、周りの人をシラケさせてしまったのかもしれません。

ツッコミすら起きない状況です。

たまにそんなつもりはないのに天然で空気を読まない発言をする人がいます。

そう言う人はLINEグループ内でも場をシラケさせてそれまで楽しそうだった会話を止めてしまうことがあります。

あなたは普段から空気が読めないと言われていませんか。

あなたがその場に見合わない発言をしたせいで、LINEグループ内で返答に困り、会話が詰まってしまったのかもしれませんよ。

もしLINEグループの会話が他の人に見せられる内容であれば、一度友人に見てもらいましょう。

あなたの発言が空気を読んでいないものだったのか、客観的に教えてくれるはずです。

絡みづらい・関わりたくない発言をした

LINEグループ内で絡みづらい発言をした時も、自分で止まることが多くなります。

いきなり突拍子もないことを言ってその場を凍りつかせる人っていますよね。

そんな人にあなたがなっている可能性があります。

その絡みづらい発言にLINEグループの子たちがドン引きして会話が途切れてしまっているのです。

例えばあなたが送ったメッセージがセクハラだったり、関わりたくないものではありませんか。

この発言にどん引きしてしまったせいで、LINEグループ内で会話が止まってしまったのでしょう。

悲しいですがあなたはこのLIENグループで「絡みづらい」と認定されてしまったのです。

あなたは少々グループ内で浮いた存在ではありませんか?

「絡みづらい」「関わりたくない」と判定されていると普通の人は近寄って来ないのです。

もしかしたらあなたはグループで少々浮いた存在で「なるべく関わりたくない」と思われているのかもしれませんね。

グループ内でいじめられていると自分で発言が止まりやすい

そして一番可能性が高い会話が止まる原因はあなたがグループ内の人から「いじめられている」場合です。

今までワイワイしていたLINEグループが自分の発言を境にぴたりと止まったのなら、グループの人から嫌われている可能性が高いです。

会話が止まるのは無視というイジメと似たようなもので、LINE内での小さなイジメに合っているのです。

グループ内で何か問題はありませんでしたか?

自分が発言した途端にシラーっとして会話が止まったと言うのならイジメである可能性が高いです。

あなたはグループ内で現在、ハブられているのかもしれません。

もし明らかにそういった状況であれば、そのLINEグループから外れることも検討してみましょう。

そこはあなたの居場所ではない可能性が高いからです。

空気が読めていなかったと謝罪をすると改善することがある

発言に問題が合ったと思うのなら「ごめんなさい」と謝りましょう。

「空気読めてなかった。ごめん」と一言謝ると誰かが反応してくれるはずです。

空気を読めない発言をしたときは気づいたら即謝るのが一番です。

そうするとグループ内の誰かがフォローを入れてくれて、チャットが再び動き出すはずです。

もしそれでも無視をされる場合には、そのグループはあなたの居場所ではありません。

退出することも検討しましょう。

LINEグループでは周りの流れを壊さないメッセージを送る事を心がける

絡みづらい発言をしていることに気づいたなら、絡みやすいメッセージを送るようにしましょう。

別に特別なメッセージにする必要はありません。

グループLINEだと特に面白いことを言わなくても勝手に会話は盛り上がるのです。

だから周りの流れを壊さないような共感度の高いメッセージを送るようにしましょう。

今のあなたに大事なのは面白さよりも周りの流れを壊さない気の利いた発言です。

いわゆる無難なメッセージこそ、実は求められているのです。

ツッコミを入れやすいボケメッセージを送るとLINEは続きやすい

LINE会話を止めたくないときは会話の流れで「ボケ」を言うのがコツです。

誰もがツッコミを入れやすいようなボケを言いましょう。

ツッコミを入れやすいボケを連発していると、周りの誰かがツッコミを入れてくれて、LINEのグループ会話がよりスムーズに動くようになります。

ですからツッコミ待ちのボケなメッセージを送ると会話が弾んで楽しいのです。

注意としては、一部の人しか知らない様なボケをしないことです。

明らかに皆が知っている様なことを書かないと、また自分で止まってしまいます。

諦めてLINEグループから抜ける事も検討すべき

会話が何度もあなたで止まるのなら、もう諦めた方が良い事もあります。

あなたはそのグループ内の人たちの価値観が合わないのです。

それならいっそグループを抜けた方がお互いに楽になります。

もしグループ内の人に嫌われているようならグループを抜けるという選択も必要です。

自分には合っていないグループだと見切りを付けて、グループから抜ける手段を取ってください。

あなたは今属しているグループの子たちとは合っていないのかもしれません。

他のグループに所属していた方が心地よい可能性があります。

そのためグループを抜けることが良い選択であることもあります。

自分が発言するとLINEグループの会話が止まる理由をつかんで対処しよう

自分が発言するとLINEでの会話が止まる理由を知り、改善していきましょう。

LINEグループで会話が止まるのは、多くの場合あなたに原因があります。

その原因を見つけ出して、対処するようにしましょう。

そうすればきっとグループLINEの会話が弾んでいくはずです。

もしどうしても改善しないのであれば、あなたはそのコミュニティとは相性が悪いと考えられます。

もしその様な場合には退出することも、お互いの未来をよくするための選択肢の1つです。

 

    「グループLINEが自分の発言で止まってしまう時の理由と改善法【LINE】いつも自分のメッセージが最後になるのは原因があった」への感想コメント一覧

  1. 1. 夏菜子2018/05/02(水) 14:52

    LINEは便利ですが、こうやってグループになると色んなことが起こって怖い部分もあります。自分もKY発言しないように気をつけてLINEを使おうと改めて感じました。

この記事への感想を書く