Mな人の特徴とは。Mかどうかを見極めよう

最終更新日:2016年2月21日

実は恋人がMだったとなるとあなたは嬉しいですか?それともちょっと困ってしまいますか?

自分はSだから相手はMがいいと言う人はここで恋人のM気質を判断しましょう。

相手がMかどうかを推し量るときの目安にしてみてください。

1.叩かれると喜ぶ

物理的な行動で判断しやすい特徴はこれです。

普通は相手に叩かれても喜ぶことはありません。

恋人同士なら軽いスキンシップ程度の叩き方なら喜ぶかもしれませんが「痛い」というくらいに叩かれるとイラっとして怒ったり「酷い」と拗ねたりするのが普通です。

しかしM気質な人は違います。

叩かれることに快感を感じており、叩かれると喜びます。

叩かれたときになんだかデレッとした顔をする場合はMである可能性が高いですね。

叩かれると喜ぶなんて少し変態気質が入っているのでしょう。


2.暴言を吐かれたのに嬉しそう

暴力以上に酷いショックを受けるのが暴言です。

暴言を吐かれて相手から詰られると普通は怒りますよね?真っ赤になって悔しそうに怒ったり、能面のような表情で静かに怒ったり、怒り方は様々なかも知れませんが普通はカッとして怒りの感情が湧きます。

この様子が全くなく、逆に嬉しそうにニヤッとしてしまったりする人はM気質と言えるでしょう。

暴言を言われたり、詰られていることが嬉しくなるのがどMです。

このようにどSな暴言を吐いても怒らず嬉しそうに笑っているのはどうみてもM気質の人です。

3.ちょっと変わり者

M気質の人は変わり者に多いです。

人と趣向や趣味が変わっているのが特徴です。

叩かれて喜んだり、暴言を言われて喜ぶというのは普通ではありえません。

それを喜ぶと言うのは普通の感覚をしている人とは大分異なるタイプです。

そのため「この人変わっているな」と思う人にM気質な人は多いです。

普通ではありえないような趣向や趣味などをしているのであれば、もしかしたら相手はMな人なのかもしれません。


4.人に尽くしすぎるところあり

M気質な人は人に尽くしすぎる特徴があります。

好きな人や恋人のためなら何でもかんでも一生懸命になって少しでも相手に尽くそうとします。

自分が辛い目に合うのなんて構いません。

むしろ恋人のために辛い目に合うことすら「快感」だと感じてしまいます。

自分のことよりも相手のことを思って行動する気遣いやさんなのですね。

そのために自分が犠牲のなろうとも構わないという精神の持ち主です。

ただこれが尽くしすぎてしまって相手に逆に重く思われることもあります。

そこがマイナスポイント。

ちなみに尽くし上手なために夜のテクニックなども上手な人が多いですよ。

5.妄想が得意

妄想はMな人物は大得意です。

だってM気質な人は「酷い言葉で罵ってほしい」「叩いて苛めてほしい」なんて内心思っているのです。

程度こそありますが、このように相手に苛められたい願望を抱いているのです。

だけど現実にそれほどSな言動をする人はそうそういません。

このために願いはなかなか叶えられず仕方なしに自分の願望を妄想で補い始めるのです。

ですから普段からそういう妄想が得意。

時々一人でニヤニヤしている妄想大好きさんはM気質なのかもしれませんね。


6.打たれ強く精神的に強い

M気質の人の良さは打たれ強く精神的に強いところでしょう。

Sな態度を好むM気質な人は酷いことをされても言われてもそれを嬉しく思ってしまうところがあります。

それゆえに人に言われたことはあまり気にせず、心が強いのです。

打たれ強くたくましい性格の人がM気質な人には多いです。

キツイ言葉も受け入れ傷つきにくのがMの特徴です。

Mな気質な人は一見弱そうですが、精神的には誰よりも強かったりします。

7.主導権を相手に握ってもらいたがる

M気質な人は自分が主導権を握ろうとはしません。

「自分が自分が」と言うタイプの人はM気質の人には少ないのです。

どちらかというと主導権を相手譲って自分はコントロールされる側に回ろうとします。

主導権を握って自分が前に立つのは苦手であり、主導権は相手に握っていてほしいと願っているのです。

これがM気質な人の特徴です。

このようにして主導権を相手に握らせることで、何もかも支配してほしいと思っています。

M気質な人は支配する側ではなく、支配される側になろうとします。

ですから自分の強い意志はなく、流されやすいタイプの人にM気質な人が多いのです。

Mかどうかを見極めよう

M気質な人はこのような特徴を持っています。

「絶対」とは言い切れませんが、この特徴を持っている人はMな人間である可能性が高いと言えます。

相手のあなたに対する態度や言動でMかどうかを見極めましょう。