窓の目隠しをする方法。防犯やプライバシーを守ろう

最終更新日:2015年12月8日

一人暮らしの女性や、一軒家などでも道路に面していたり、お隣との距離が近い住宅地などでは外からの視線が心配だなってことも少なくないですよね。

お家の外観や居住機能を損なわず、防犯面はもちろんプライバシーを守る目的としての窓の目隠しについてご紹介します。

1.窓を開けたい時はカーテンやすだれが重宝

春や秋の過ごしやすい季節、窓を閉め切った部屋で過ごすなんてもったいない。

外の風を感じながらも視線を遮ってくれるアイテムが、ミラーレースカーテンや遮像レースカーテンです。

ミラーレースカーテンとは、光沢感のある繊維で織られたレースカーテンで、外からの光を反射させることで室内を見えにくくするというものです。

外部の光を利用して効果が得られるものなので、日中の利用がオススメです。

遮像レースカーテンの方はその名の通り、姿を遮るタイプのもので、特殊繊維で織り込まれているため夜間でも機能を発揮するカーテンになります。

どちらもそれぞれ豊富な種類があり、インテリアショップやカーテン専門店などで好みのデザインや透け感を選ぶことが出来ます。

価格も窓サイズや遮象レベルにより異なるようですが、1,000円代からと手軽な商品もあるようです。

また、夏場の遮光や遮熱のために利用されるイメージのすだれ・サンシェードです。

近年はデザイン性のあるものが増え、おしゃれな戸建て住宅でもサンシェードを取り付けているのをよく見かけます。

日中の遮光や視線カットに有効な上に通気性もありますから、窓を開けている日中の在宅時には重宝されているようです。

防虫効果やUVカット効果のあるものなど様々な商品がありますので、サイズや設置方法などニーズに合わせたものを選んでみてください。


2.賃貸でも大丈夫。プライバシーフィルム

プライバシーフィルムと呼ばれるアイテムがあります。

窓に直接貼ることで室内を見えにくくする特殊なフィルムです。

一般的に、乳白色のすりガラスタイプのものが多いようですが、デザイン性のあるものなど好みやお部屋の用途に合わせて選べます。

直接外の光を取り込むことができるので、日中の室内を明るく保つことができます。

賃貸住宅に住んでいる方も、ホームセンターなどで販売されている、貼って剥がせるタイプのものであれば使用することができます。

しかし業務用のものは剥がした後処理が素人には困難な場合があるので、必ず剥がせるタイプのものを使用してください。

その他のメリットとしては、万が一、窓ガラスが割れた場合の飛散防止の効果もあり、商品によってはUVカットなどの機能がプラスされたものもあります。

シートを貼る際には、ほこりや空気が窓とシートの間に入ることを防がなければいけません。

窓の見た目のクオリティを考えた場合、専門業者に施工してもらうとキレイな仕上がりになります。

施工料金フィルムの種類や業者によって様々ですので、比較相談されるとよいでしょう。


3.戸建てなら植栽を利用

戸建て住宅の場合、庭に面した大きな掃き出し窓などは、採光や空気の入れ替えに最適です。

しかし、大きな窓ですから外からは室内が丸見えになってしまう心配が…仰々しいフェンスや塀で覆ってしまえば、せっかくの庭や住宅の外観を損なってしまう恐れもあります。

そこで役に立つのが植栽用植物です。

植栽用の植物と言っても、花や実がつくものやつかないもの、季節によって葉の色が変化するものしないもの、葉の密度の多い少ないなど種類は豊富です。

窓のサイズや好み、ニーズに合わせ好きな植物を選択できる、自然あふれる生垣のカーテンも素敵でオススメです。

あまりしっかりと住宅周りを植栽で覆ってしまうと、反って防犯レベルを損なう場合がありますので注意が必要です。

植栽の購入や施工は造園エクステリア専門店で相談されるとよいでしょう。

お手入れや育成方法は、日照状況などによって異なってしまうため、見積もり時や相談窓口に問い合わせをしてみましょう。


4.機能色々可動式ルーバー

プライバシーを守る目隠しとしてはもちろん、防犯機能も備えるのが可動式ルーバーです。

ブラインドのようにルーバーが可動することが出来るようになっていますから、防犯や目隠し、通風など目的ごとにルーバーの角度によって用途を変えることが出来ます。

戸建て住宅では新築時の取り付けはもちろん、リフォームの際や現行の窓への取り付け、面格子からの交換も可能です。

カラーバリエーションも豊富で、外壁の色やデザインと合わせることが出来ます。

窓のタイプによっては対応していない場合もあるので、販売店などで確認してみましょう。

近年では防犯設備の整った賃貸住宅が増えてきたことで、浴室などに可動式ルーバーが設置されているものがありますので、賃貸住宅を選ぶ際のプラス要素にもなるはずです。

しかし、可動式ルーバーとは基本的な目的は目隠しとしてのアイテムになります。

防犯と言っても抑止効果のようなものですから、ルーバーを完全に閉じているからと言って施錠を怠ることのないよう注意しましょう。

窓の目隠しを効果的にしよう

窓の目隠しをご紹介しました。

窓という、室内と室外をつなぐ存在は、本来の窓としての役割以外にも、居住者のライフクオリティを損なわず快適に暮らすために必要とされる機能が多くあります。

採光や通風はもとより、紫外線カットやプライバシー保護から防犯に至るまで様々です。

機能面のみならずデザイン性も兼ね備えてそれらのニーズに答えるアイテムを探すとなると一苦労です。

個々の居住スタイルに合わせて最適な窓の目隠し方法を選択し、住みよい環境を整えていきたいですね。