付き合う前の男性と電話の頻度や時間・内容はどうするのがベストなのか

最終更新日:2017年6月11日

付き合う前の段階で、男性との適度な距離感を保つのは難しいですよね。

どの位の頻度でどの位の時間電話すると良いのか悩んでしまうことも多いかと思います。

そこで今回は、電話の時間・頻度話題についてご紹介します。

1.男性の立場に立って電話の時間を考える

電話の頻度や時間に悩むということは、気になる男性と「電話番号の交換」ができた状態かと思います。

ということは、男性にとって、あなたは嫌な相手でもなければ苦手なタイプの女性でもなく今後、仲良くなる可能性は十分にあります。

男性にとっての好みの女性は人それぞれですが、共通して言えることがあります。

それは、自分のことを理解してくれる、味方になってくれる女性を男性は好むということです。

長続きしているカップルや夫婦を見ても分かるように、女性は男性を支えて良き理解者になっているケースが多いです。

つまり、電話に関して言えば、普段の会話からさりげなく男性の生活パターンを把握し(帰宅時間や就寝時間は何時頃かなど)相手の負担にならないよう考慮して電話の時間を考えましょう。

電話の時間帯は、相手の男性が就寝する30分前のリラックスタイムの時間で、尚且つ10分程度に抑えることが重要です。

電話番号の交換に成功したからといって、付き合う前の段階から30分も長電話をするのは男性にも負担がかかります。

ここは徐々にゆっくりと距離を縮めていくことを意識すると、男性もあなたのことをもっとよく知ると同時に、気になる対象=恋愛対象となる可能性があります。

2.相手がリラックスしている時間帯に電話する

男性は束縛されることを嫌う性質があります。

付き合う前の段階において電話する頻度が少なすぎると男性へのあなたの印象が薄くなってしまいます。

逆に多すぎても「しつこい」と思われてしまい交際に発展せず失敗するリスクがあります。

そこで、オススメなのが「相手がリラックスしている時間に電話をかける」ことです。

人はリラックスしていると心に余裕が生まれ、相手との距離を縮めやすくなるからです。

具体的には決まった曜日、決まった時間帯に電話をかけるのが効果的です。

例えば、あなたが気になる男性の仕事がお休みの日や休日前の夜に週に1回程度電話をかけるというものです。

これを習慣化します。

1ヶ月程度続けてみて、今度は意図的に、あなたが電話をかけるのを控えてみてください。

そうすると、相手の男性は「普段なら、この時間帯にいつも電話が掛かってくるのに何故今日は電話が来ないのだろう」と気になり出します。

これも駆け引きの1つです。

押すだけではなく時には引いてみることも大事です。

男性には逃げるものは追いかけたくなり、追いかけられると逃げたくなる性質があります。

この性質を把握して、是非、週に1回程度の頻度で電話をかけることを習慣化してみましょう。

1ヶ月間続けてみて、次は電話をかけずに相手の様子を見るような感じで電話を掛けるのを控えてみてください。

3.電話する際には共通の話題を選ぶ

オススメなのは、お互いの共通の話題を選ぶことです。

人は共通点が多ければ多いほど、その人に対して親近感を持つ傾向があります。

また、共通の話題ならばすぐに会話が途切れることも少ないと言えます。

可能ならば、電話以外の日常生活の会話で、相手の趣味や仕事などを聞いておき、その中から自分との共通点がないか探ってみるのも1つの方法です。

仮に1つも相手の男性と共通点が見出せなくても「知ろうとする」姿勢が大事です。

自分に対して興味を持ってくれるのは誰しも嬉しいものです。

是非、あなたも気になる男性についての共通点を探り、それについて電話で会話の花を咲かせましょう。

もう1つ、効果的なのは気になる男性は現在、悩んでいることはないか把握することです。

電話で、男性の悩み事を聞くことによって、仮に具体的なアドバイスができなかったとしても、距離を縮めることができます。

人は悩みを聞いてもらうだけで心が楽になるものです。

特に男性は仕事でのストレスが多いので、ここで電話というツールを利用して、少しでも相手の男性がホッとできるような時間を提供するのも素敵な方法です。

また、留意点として、電話では聞き上手を目指しましょう。

相手の男性からの質問に対する自分の答えをポイントを絞って話す程度なら良いですが、自分の話題だけを一方的に電話で話されるのは付き合う前の段階では男性にとって負担になります。

「会話はキャッチボール」という認識のもとで電話でのやりとりを楽しみましょう。

電話で上手く気になる男性との距離を縮めよう

電話は、例えていうなら、声という環境での2人きりの状況です。

この特徴を上手に活かして、電話の時間や掛ける時間帯、頻度、話題を考慮し、徐々に男性と仲良くなるようにしていきましょう。